僕の幸福論。相対的な幸せより、絶対的な幸せの方が幸せの本質

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:ブログマーケティング、ブログ集客、記事外注化 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年で本業の収入を超えたため社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間300冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

まいど、ひろきんです。

幸せの感じ方は人それぞれですが、僕はこんな風に考えております。
何処かの誰かの参考になればと。

相対的な幸せでなく 絶対的な幸せを 幸せの基準にした方が幸福度は上がるし安定する。

といった話でございまする。
それでは、極論から説明してみましょう。
そういきなり極論。

もし、キャピキャピの今時の美人が
無人島にワープして
一生暮らさなければならなくなったとしましょう。

美人の名前は、
久美子とします。
僕が単に女優の麻生久美子さんが
好きだから名前をお借りします。

どんな設定やねんという
ツッコミが聞こえてきそうですが無視。

その久美子がこれからどう生きていくかではなく、
どうやったら幸せを感じるかにポイントをおいて考えてみます。

もう、こっちには戻れないんですよ。
久美子。一生無人島。残念ながら。

その時に持っていた100万のヴィトンのバッグ。
付けていた500万のシャネルの時計。
合計1000万のネックレスにピアスに指輪にブレスレット。
数千円のピーチ・ジョンの下着

こっちの世界では超意味あるものが、
無人島では何の意味もなくなりましたね。
にしてもすげえ金持ち。

じゃあ久美子はこの無人島でどうやって幸せを
感じて生きていくことができるでしょうか?

それは、もう日々の生活の中で自分で見つけていくもんですよね。
ご飯を食べられる喜びや、
自然の中でマイナスイオンを感じられる生活。
まあ、無人島でそんな悠長なこといってられませんね。

例えに無人島を使ってしまって失敗だったとこの辺で気づいてきましたが、
ここまで書いたので、最後に無理やり結論に繋いでいきます。

つまり、久美子が身につけていたものって、
人に羨ましいと思ってもらいたい、

自己承認欲求や、優越感の塊ですよね。
装飾品は本来生きていく上で絶対必要なものでもないし、

時計なんて一万出せばSEIKOの一生壊れそうにないガッツリ時計買えますよね。

要は他人にどう思われているかが幸せの基準。

それに対して、
ご飯美味しいとかマイナスイオンとかは、
他人関係ないですよね。

自分がどう感じるかだけの問題ですから。
他人に左右される幸せは自分の環境が変わったら急に幸せを感じなくなります。

年収1000万で周りの友達よりもらってるとウキウキハッピーの人が、
年収1億の人限定のパーティーに行ったら超絶不幸な気分になると思います。

人と比べると環境一つで幸せ吹っ飛びます。

それって、本当の幸せかい?
それに対しての絶対的な幸せって環境に左右されにくい。

自分が幸せと思えたら幸せなんですから、環境も、
他人もクソくらえですよ。

どうでしょう。
結果うまく繋げられましたかね?

相対的な幸せより絶対的な幸せを増やした方がいいって話です。

これって、いろんなとこで応用できます。
自分の好きなバイクがあるとします。
これをSR400とします。

僕が昔乗ってた超絶カッコイイバイクです。
これ、めちゃくちゃ人気あります。

僕はこれを買う時に人気だからとか言う理由で買いませんでした。
バイクの知識が全くない時にGooBikeとかの雑誌読んで、

一目惚れして購入を決意しました。
このバイクが不動の人気バイクと知ったのは購入後のことです。

それでも友達からは、
人気のバイク買うなんてミーハーやなと言われました。
当時はぶん殴ってやりたい気持ちでいっぱいになりました。

他人からみたら、
ミーハーと思われるかもしれませんが、
僕は人気だから買ったんではなく、
自分がカッコイイと思ったから買ったんです。

物を選ぶときは、人気だからとかいう理由で買わない方が良い。
人気なんていつなくなるかわからんし、
そんなもんに愛着なんて湧きません。

人気がなくなったらポイするんでしょう?
音楽も同じです。

後輩に、ある特定のあまり売れていないバンドが好きな娘がいました。
その子になぜそのバンドが好きなのか聞いてみたら、
「誰も聞いてないから。ミスチルとかみんなきいてるから嫌だ」って言ってました。

アホの極みここにあり。ですね。

日本から出たことないやつが日本が一番いい国と言ってるくらい滑稽ですね。
誰も聞いてないのが好きな理由?

貴様! ミスチルの抱きしめたいを聞いてみろよ!
高校のときの淡い失恋を思い出してなんか酸っぱい気持ちになるやろ!

プールの監視員してて、いつもかかってたあの曲や!
これは私情がガチンコで入ってしまいましたが、

誰が聞いてようが人気があろうがなかろうが、
自分が良いって思えれば良いのですよ。

その後輩にも一つ質問。
「そのバンドがめちゃくちゃ有名で、ミスチルがマイナーな地域でしか活動しないようなバンドならどう?」
「んーミスチル好きになってるかも」

なんじゃそら!

これも、好きの基準が他人なんですよね。

スポーツも一緒です。
僕の子供がストライダーというべダルなし自転車の競技やってるんですが、
まあ速い子めちゃくちゃいましてなかなか1番になれないんです。

そんなときに1番になれっていうのは目標としてどうかなと思うんです。
だって、それならもし自分がちょっとでも成長してても1番取れなかったら、

成長してても成長できてるかわからないじゃないですか。
速い子も同様に練習してるし更に速くなってるんやから。

じゃあ何と比較すんの?って、過去のタイムと比較するんです。

レース会場は毎回変わるけど、スピードメーターつけてるんで、
MAX何キロ出たか、平均時速や、メートル換算してタイムは上がったかを見る。

過去の自分と比較するんです。
そしたら成長感じれますよね。

ちょっとでもタイム上がってたら嬉しいし、やる気もでる。
タイムで競うスポーツはこれがやりやすいですよね。

トラック競技やってた後輩がいたんですが、走るだけで何がおもろいの?
って、走るのが激糞嫌いな僕が、トラック競技者にぶち殺されてもおかしくない質問をしたら、
「練習した分だけタイムに出るから、成長がわかるし、達成感を感じれるからおもしろい」といってました。

超納得したのを覚えてます。 僕はそれでもやりませんけど。
チーム競技の場合はこれが難しいですよね。

タイムで勝敗決まらないスポーツ。

野球とかサッカーとかバレー。

まあ、この場合は点数とかで比較できますけどコレは、
他人と比較になりますね。

でも点数以外に他に客観的に成長を確認できる手段はいくらでもあると思います。
何球中何球成功したかとか。

他人とではなく、過去の自分と比較する
これがスポーツにおいては大事だと思います。

偉大なるイチローも、同様の名言残してますやん。

これは相対的でなく絶対的な価値観で物事を判断しなさいってことだと思います。

よくおかんがいう、あれです。

よそはよそ、うちはうち。

関西だけかもしれませんがよう言われました子供の頃。

なんか旅行とかよく行く友達が羨ましいから自分も旅行行きたい言うたら、
ここで伝家の宝刀
「よそはよそ、うちはうち」
が発動するパターンですね。

絶対的な幸せにお金って必要やと思うか?

話ちょっと飛躍しますが、
お金なんかなくても幸せだという人はウソツキです。

お金がなくても幸せはウソだと思います。

100億円もらえるなら誰でももらうでしょう。
人より収入良いからって優越感に浸って幸せを感じるのではなく、
自分自身がこのくらいの収入がまああれば満足だと思う絶対的な幸せの収入額を目指す。

それは人それぞれ額が違いますが、それでも、少なければ良いとは、僕は思いません。

何故なら絶対的な幸せには最低限のお金よりも充分なお金が必要だと思うからです。

自分に嘘つかずに、 絶対的な幸せと、
それを掴むために 絶対的な収入を 手に入れることに挑戦してください。

まだ、達成してない人は。
絶対的な幸せ。
僕は、これ手に入れるために生きてます。

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————