横浜国立大の50代男性教授が懲戒解雇!名前や顔特定!合否判定の改ざん!公務員の人間関係がヤバイ?

横浜国立大学
この記事の著者:ひろきん
プロフィール:5年間の公務員時代に副業に取り組み、本業を大きく超える収入を得て退職。
現在は、メディア事業や情報発信をメインに活動。外部パートナーと連携した仕組み化で、労働時間がゼロに近い状態にも関わらず月収100万円を切ったことがない。経営コンサルタントとして、収益が出るサイト制作、SNS活用のコンサルティングやセミナー講師としても活躍しており、YouTuber&ブロガーでもある。また、不動産投資も行なっており、資産は1億3300万円。毎月の家賃収入だけでも200万円以上を得ている。公務員からの脱出劇と自由な生活を手に入れる秘訣を綴った「LIFE BREAK」を出版(メルマガ登録で無料購読可能)。情報発信で稼ぐ方法やこれまでのノウハウをオンラインメール講座にて配信。受講者から多数の成功者を輩出する。
無料のマンガ版「LIFE BREAK」を読む。

横浜国立大大学、同大国際戦略推進機構の50代男性教授が、学生の成績や入試の合否判定を改ざんするなどして

懲戒解雇処分されました。

男性教授は不正行為を認め、「非常に忙しかった」と話しているということですが、

これは許されるものではありません。

50代男性教授の名前や顔を調べました!

事件の概要

横浜国立大学

学生の成績の恣意(しい)的な評価や入試の合否判定を改ざんするなど不適切な行為を繰り返したとして、横浜国立大は19日、国際戦略推進機構に所属する50代男性教授を懲戒解雇処分とした。  

大学によると、同教授は英語による留学生プログラム(定員12人)で2019年度~20年度にかけ、複数の学生の成績を恣意的に評価し、つじつまを合わせるために別の学生が提出した課題を捏ねつ造ぞう。

20年度入試の合否判定では、他の教員の評価点を改ざんして本来と異なる結果とした。

また、単位取得の条件として授業外の外部イベントなどへの参加を強要したという。  

成績の評価などについて複数の学生から苦情が寄せられ、大学が調査。

成績を適正な評価に是正するとともに、合否を再判定し4人を追加合格とした。同教授は「多忙なあまり不適切な行為をしてしまった」などと説明しているという。  

長谷部勇一学長は「言語道断の行為」として謝罪した上で、「二度とこのような不祥

引用:https://news.yahoo.co.jp/

横浜国立大学の男性教授が、学生の成績や入試の合否判定を改ざんしていました。

そして辻褄を合わせるために、

・別の学生が提出した課題を捏造

・他の教員の評価点を改ざん

・単位取得の条件として授業外の外部イベントへの参加を強要

こんなことを繰り返していたようですが、これはひどいですね。

男性教授は「多忙なあまり不適切な行為をしてしまった」と話しているようですが、

こんな手のこんだことをするなんて、暇じゃないですか??

学生から苦情がなければこのまま続けていたかもしれませんね。

 

しかし、真面目にやってきた大学生からすれば、

教授が行った行為は納得いくものではないですよね。

大学生がやるべきことは2つだけ。僕が実際にしてきたこととその結果 (hirokin001.com)

 男性教授の名前を特定

50代男性教授の名前を調べてみました。

しかし、現時点で公開されていないようです。

ネットでは「氏名や学部を公開すべき!」という声が多くありました。

SNSを通して名前が判明されるのも、時間の問題だと思います。

情報が入り次第、追記いたします。

男性教授の顔画像

こちらの方で顔写真や写真に関して、独自に調査の方をさせていただきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じておらず、

発見することができませんでした。

発見次第更新させていただきます!

 

でもこの男性教授の人間性を疑いますよね~。

公務員の人間関係ってどうなんでしょう。

【公務員はパワハラが多い!!】外も内もどちらからも責められます (hirokin001.com)

改ざんの動機は金銭目的?

今回の事件で疑問に思うのが、「何のために?」「メリットは?」というところです。

教授としての立場を利用し、こんなリスクを犯してまですることといえば・・・

もしや『金銭の授受があったのでは?』と思われても仕方がないかもしれません。

バレれば懲戒解雇になることは、男性教授も分かっていたはずです。

動機についても情報が入りましたが掲載致します。

 

こんな大人にはなりたくないですね。

20代でやりたいことがない人へ!やりたくないことを一番優先しよう (hirokin001.com)

世間の反応

この件は、あまりにもひどいと思います。本来の職域に関連することですから、懲戒免職は当然ですが、氏名公表はするべきだと思います。小中高校の教員もそうですが、また、どこかの大学や教育機関に勤務できないようにするためにも、氏名は断固公表すべきです。

 

>授業外活動への参加を強制
これなんかはそもそもシラバスに参加義務を掲載しておけば逃げられるのに、なにやってんだろと思った。

ただまあほかの案件も含めると、懲戒解雇も仕方がないのかなと思う。

 

大学の教授ってこう言うのがボツボツいる。単なる教員と研究者と分けて、それぞれに応じた評価とその公表、そして処遇をして欲しい。

 

こういう教授結構いるよ。

哲学 考古学 西洋史学とかの教授って、

課題レポートに卒論ばりの要求をしてくる馬鹿居るしね。えてして出世できない、助手の採点とかに多い。

 

言い訳と、やった内容が合ってない。
まあ、懲戒解雇になるような教授なら、
こんなもんか。

 

なぜ氏名が掲載されていないのかな?

 

学者が学問を裏切る行為は、予算の不適切使用なんかよりもよっぽど罪が重いと思う。
学者は、その名前一つで仕事してきたわけで、実名公表してもいいと思うけどな。

こういうところで毅然とした態度を示さないと、横国大は不正に甘いとか、学問の世界を軽視してると思われるよ。

 

これを実際にやろうと思えばできるってやばすぎ
他の大学でも、しかも一般入試でもあるかもしれない
各大学本当に公平性保つために点数開示だけではなく明確な採点基準や面接内容、答案返却など徹底的にできるようにしてくれ

特に問題の多いのが医学部!!
医学部受験には違う都道府県出身の人間、年齢などで著しく面接点を低くされる場合など例が山程ある。
数年の努力を無駄にし、後の人生にも影響するのに絶対にあってはならない!!

 

この教授の所属していた組織は留学生を相手にすることも影響しているのではないか。それとも基礎研究をやったことがない人例えばマスコミから教授になる場合はほとんど生徒に教えることができないみたいだからそれが影響しているのかな

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA