学歴コンプレックスが辛い!?僕が実際に解消して克服した方法を教えます

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:マーケティングコンサルタント(年収9桁超えの超有名ブロガーのコンサル経験あり)、You tuber&ブロガー(1ヶ月100動画&100記事投稿)、外注化スペシャリスト(今まで1000人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年目で合計売り上げが総理大臣の給料並になったので社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。2019年の年収は5000万。2020年は3億目指して邁進中。年間1000冊読書しています。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間1000冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

まいどひろきんです。

就職した後などに、学歴コンプレックスに悩まされるということは無いでしょうか。

周りの人が自分よりも高学歴で、それ故に自分より収入が多かったり、自分よりモテたりしていると考えてしまうこともあると思います。そんな時に唐突に学歴コンプレックスを感じることも多いようです。

そしてまた、どうにかしてそれを払拭したいと思っているのに、どうした良いのかわからないという場合も少なくないでしょう。

そんな時にどうすればいいのでしょうか。

学歴コンプレックスを解消するには色々方法があります。その中でも、僕が実際に学歴コンプレックスを解消した、たった一つの方法をご紹介します。

 

学歴コンプレックスを解消するたった一つの方法は

学歴コンプレックスを解消するたった一つの方法は
  • 学歴コンプレックスを解消するには、高い収入を得ることが効果的
  • 起業するのがよりおススメ

学歴コンプレックスがある人は、自分の出身校を紹介したり、収入の差が埋まらない時にそれを感じるということが多いのではと思います。

それは学校の名前というブランドやお金という、目に見えるもので差が付いてしまうからではないでしょうか。

誰かに相談して「気にする必要ない」と言われたこともあるかもしれません。しかし、「気にしない」ができれば最初から悩まないですよね。

そこで僕が考える「学歴コンプレックスを解消する有効な方法」は、

高学歴な人よりも多くの収入を得ることです。

なぜかというと、目に見える形で、「自分より高学歴の人よりも、自分はこの部分では勝っている」と思えることが大事だと思うからです。

学歴コンプレックスを抱えていても何もしなければ何も変わらないです。しかし、劣等感や悔しい思いはパワーになるので、動き出せば大きな力になります。ある意味ラッキーと思いましょう。

 

学歴コンプレックスを解消する方法:Fランとか関係ない。多くの収入を得られるようになることが一番

学歴コンプレックスを解消する方法:結局は仕組み化して多くの収入を得られるようになることが一番

学歴コンプレックスを解消する方法で一番のおすすめは、学歴なんて関係なかった、というくらい、収入を得ることです。

これは、収入という目に見えるもので優位に立つことができるからです。

そして収入というのは、次に展開させていくことができます。

得た収入で新しいことを学んだり、やりたいのにやれていなかったことに挑戦してもいいですし、人に何かをお願いする時のお給料として使うこともできます。そうやって膨らませていくことができるんです。

収入を得る方法はいろいろとあり、学歴という過去の自分に関係なく、これからの自分次第で上のフィールドに行くことができます。

高校生で起業して母校を買収したり、ウォルトディズニー氏、マークザッカーバーグ氏、ビルゲイツ氏、スティーブジョブズ氏らのようにすごく有名で世界的に成功しているのに実は高校中退だった、という方もいるくらいです。様々な理由や事情はありますが、もはやどこの学校の出身というのは関係ないということがわかると思います。

学歴コンプレックスを解消する具体的な目標は年収でプラスどのくらい?

とある統計によると、卒業大学の中で一番高収入を得られているのは東大なんだそうです。

その統計によると30歳時の年収が東大卒で年収800万円台で、一橋大学や慶応義塾大学で700万円台ということです。

あなたの今の年収と比べてどうでしょうか。

僕はFラン大卒で、元々公務員でした。その時は学歴コンプレックスのかたまりでした。学歴も無い、収入も高学歴の人より低い状態だったからです。しかし、そこからネットビジネスで起業し、もともと不動産投資などもやっているので今の年収は5000万ほどあります。

高学歴ではありませんが、高学歴の人よりも収入を得られる自信が付いたことで、それはそのまま持っていた学歴コンプレックスを消すことに繋がりました。

大学というのは後から入り直したりしない限り20代前半くらいで決まってしまいますが、収入面で言えば30代以降でも全然巻き返せます。

具体的に何をして収入を増やせばいいのかというと、おすすめはネットビジネスをすることです。

僕自身がそれで実績を出せていることもありますし、リスクをできるだけ低くするという面でもネットビジネスは向いています。

さらには、今やっていることと両立しやすかったり、時代にも合っているのはネットの世界だと思っています。

また、ネットビジネスでは人が悩む多くの原因でもある人間関係からも解放されやすいです。

ネットビジネスはより高い収入を手に入れて学歴コンプレックスを解消させてくれるだけでなく、人間関係に悩むことが減ったというのがかなり僕の気持ちを楽にしてくれました。

もちろんネットビジネス以外にも副業は色々あります。副業をやってみたいと思っても、会社が副業禁止の場合でも、大丈夫なやり方もありますよ。現に僕がネットビジネスをやり始めたのは公務員時代で、公務員というのは原則副業禁止です。それでも大丈夫だったわけです。

詳しくは「【起業も可能】公務員しながらできる副業30選!!禁止でもバレない方法」で書いています。

身体と時間ではなく、どれだけ頭を使えるかが大事

そして重要なのは、がむしゃらにやって収入を上げればイイというものでもないということです。

身体や時間をすり減らすようなやり方もありますし、コンプレックスを解消しようとするとなぜかそういう方向に行ってしまう人もいます。でも、収入が増えてもいつも疲れていて、心に余裕がなくなってはそれこそむなしいですよね。

そこで、もっと頭を使って収入を増やすやり方を見つけるのがおすすめです。

そういうやり方は、より収入を高くするためにも必要です。

僕は外注化というを得意としています。外注化というと難しく聞こえるかもしれませんが、要するに人にお願いしたり上手に頼ることです。自分の時間や能力は限られていますし、それで何倍もの力や時間を手に入れられるのに、気が付いていない人がたくさんいます。

また、海外の方と働いたことがある方はなんとなくわかるかもしれませんが、技術の有無ではなく考え方や習慣の問題で、日本人はこれがまだ苦手な人が多いです。だからこそ僕は「自分にできること」としてもものすごく重要視しています。外注化が気になるという方は「サイトアフィリエイト記事「外注化」まとめ〜経営素人が人雇う〜」も参考にしてみてくださいね。

さらに上を目指すなら起業がおすすめ

さらに上を目指すなら起業がおすすめ

起業するマインドというのは、チェスで言えば指し手になることです。

自分の行く先を自分で決める思考が大事なんです。

起業はリスクが無いわけではありませんが、収入と直結しています。 お金と時間はそれなりにかかりますが、 後にそれが何百倍にもなって帰ってきます。

それに、誰もが通る道ではないというのもわかると思います。自分からあえて挑戦しなければ、その舞台には立てません。もし思うように収入が増えなかったとしても、その挑戦をしたという経験は力になり、自信になるでしょう。視野もものすごく広がります。

チャレンジする価値はものすごくあります。

この世で、何をするにも動きやすいのは、 やはり利益を生み出し、自分の収入などを含めて「コントロールしたり、プロデュースできる」人、その視点で物事を考えられる人です。

 

学歴コンプレックスをこじらせているんなら、 まず色々と挑戦すべきです!

大丈夫です。

あなたならできますから。

まずは一歩踏み出したいという人は、ぜひ僕のメルマガにも登録してみてください。

あなたに有益になり得る情報を無料で配信しているメルマガになっています。

特典もありますよ。

メルマガ 特典

 

学歴コンプレックスを解消するのに「もう一度高学歴を目指す。」というのはどうか?

学歴コンプレックスを解消するのに「もう一度高学歴を目指す。」というのはどうか?

本命の大学に受かれなかった場合、とりあえず希望通りではない大学に通いながら、 もう一度受験するという方法があります。

この方法は、仮面浪人とも言われますね。 僕もやりました(笑) これは学生なら十分に使える方法だと思いますが、 難易度が高いです!

もちろん大学に行きながら、サークル活動して、 アルバイトして、 勉強もしなあかん。 僕はしっかり失敗しました(笑)

在学中ではなく、卒業して仕事を始めてから、また大学に入り直すという方法もあります。

学生中とは違い、仕事という責任のあることをやりながら受験勉強をするわけですから、大学に行きながらよりも大変だということは明らかですね。

海外ではこの方法はめちゃくちゃ有効です。 主婦でも大学入って学んで、良い仕事につく人もいます。

しかし日本ではなかなかこっちも大変です。

30歳で東大に入ったとして、ストレートで卒業できて、 34歳ですよね。 もし資格が普通免許のみなら…。 日本では誰がそんな学歴以外に無い人を雇ってくれるのか? そんな親切な会社ある? となってしまいます。

公務員も年齢引っかかって無理です。 まして一流企業は、経験がないなら門前払いでしょう。 高学歴であっても扱いづらく嫌煙されがちです。

30歳過ぎて求められるのは経験や知識を実践の場で蓄えた即戦力だからです。

もちろん、そこからうまく行く人もいると思います。しかし、あまりにもリスキーすぎではないでしょうか。勉強時間プラス大学生活4年間。 この間も生活しないといけないわけでお金も必要です。

挑戦することは素晴らしいですし、うまくいけば自身にもなるでしょう。

しかし、学歴だけのために難関大学に再チャレンジしようと思っているのであれば、よく考えてください。その人生、時間やお金の使い方は本当にあなたがやりたいことなのでしょうか。

 

学歴コンプレックスを解消するのに「難関資格をゲットする」というのはどうか?

学歴コンプレックスを解消するのに「難関資格をゲットする」というのはどうか?

目に見える形として資格というものもあります。

難関資格を取得できれば、自信になると思いチャレンジする人も少なくないでしょう。

もちろんその資格を取るために頑張ったことや、難しい資格を取得できる能力は素晴らしいと思います。

司法試験に受かったり、 TOEICで満点取ったとしましょう。 

きっと、想像を絶するほど、 ビビるほど寝る間も惜しんで、 勝ち取った資格でしょう! あんたすごいよ! 東大、京大、慶應、早稲田出たやつでも、 司法試験試験受かったり、 TOEIC満点は四苦八苦するんだぜ! すごい!

とは言ってもらえるかもしれません。自分でもそう思うかもしれません。

しかしそれで、学歴コンプレックスは、解消しますか?

今の仕事やこれからやりたいことにその資格を持っていることが有利なのであれば、時間やお金をかけることに十分価値はあると思います。

しかし、「難関資格を持っていること自体」になぜか魅力を感じて時間やお金を費やしていないでしょうか?本当にそれでいいですか?年収は変わるでしょうか?宝の持ち腐れになってしまわないでしょうか。よく考えた方が良いと思います。

僕は、資格取得ではなく起業のためにパワーと時間とお金を費やしました。 それで一年で年収1000万超えたんです。 もちろん、めちゃくちゃ頑張りました。僕にとってはその方が有益でした。

人それぞれなので全員に当てはまるわけではないですし、難関資格の取得が自信になってその後の人生が変わるという場合も無いとは言えません。でも難関資格を取ればすごい(と言ってもらえる)ということだけでそこにかけるのはもったいないかもしれないということも、一度考えてみてはどうでしょうか。

 

まとめ。まずは行動。

何もやらないで「わたしなんて…」と言っている場合ではありません。

まずは行動です。そして、どうせ行動するのであれば、目に見える形や次につながることに取り組みましょう。

夢中で頑張ったら、学歴コンプレックスなんていつの間にかどっか行きます。

コンプレックスなんて、 全部なくなるから。 僕が、そうだったように。 保証するよ。

 

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————