信頼していたのに裏切られた時の対処法 (でっかいの3回経験あり)

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:採用スペシャリスト(今まで500人以上一人で雇った経験あり)、ブログマーケティング、ブログ集客、記事外注化 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年で本業の収入を超えたため社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間300冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

まいどひろきんです。

今日はこんな話です。

動画でも見れます↓

今日もクソ社畜の皆さんに向けてですね、謙虚に、低姿勢に、ののしらせていただきながら有意義な情報をクソおもしろくお伝えしていきたいと思います!

今日はですね、信頼していたのに裏切られた時の対処法(でっかいの3回経験あり)という事で、この僕の3回の経験を元にお話ししていきます。まあちょっと肩の力を抜いて、お尻の穴の力も抜いてゆっくり聞いてもらえたらいいかなと思います!

クソ結論:裏切られてもいちいち気にすんな

まずクソ結論からお伝えしていますね。
それは、自分が筋を通していたらまぁ気にすんな!という事です。

裏切られるという事は不可抗力なんです。
僕たちは「人と関わる社会的な動物」じゃないですか。そのなかで裏切られないという事はまずあり得ません。どんな時に裏切られるかはわかりませんが、人は絶対に裏切られるという経験をしますね。

自分が信じていた人に裏切られるという事は普通にあります!あり得ます!!
だからこそ、裏切られたという事をいちいち気にする必要は全くないのです!

裏切られた時に気にしなくてよくなる2つの方法

じゃぁ、どうやったら裏切られ事を気にしなくてよくなるかという方法を解説します。

全部自分のせいにする

まず一つ目は全部自分のせいだと受け止める事です。

「裏切った相手が悪い」なんていつまでも言っていたら自分は成長しないので、「裏切った相手じゃなくて自分が悪いんだ」と「裏切られた自分が悪いんだ」というように思えるその心の強さを持っていただきたいですね。

笑い話にする

二つ目は笑い話にしていくという事も大事ですね。

僕は今こうやって実際に笑い話にできますし、何なら今からもう動画にして笑い話にしてやろうと思っているんで(笑)そうやって笑い話にすることによって、それをただのコンテンツ化して終了という感じにしたらいいんじゃないかと思っています。

つまり僕は、今フツフツと込み上げる「悔しい気持ち」とか「哀しい気持ち」とか「せつない気持ち」等の様々なネガティブな気持ちがあるんですけども、それを笑い話として動画を撮り消化する事によって、コンテンツにして一生残してやるぜコノヤロウという感じでやってます(笑)

裏切られることは不可抗力

裏切られるという事は不可抗力なんですよね。全部自分のせいなんです。裏切られた事に対して最初は凄く負の感情とか出てくると思うんですけど、最終的には「しょうがない」って気持ちで、「ありがとう」って思える事が大事かなと思います。

更に成長するチャンスだと思えたら、かなり心の中でぐっと負担が減っていくんですよね。ゲームで言ったらイベントみたいな感じですかね。

谷がなければ山もないって話で、人生がまっすぐ平坦で普通に歩いて行くのだったら何も起きないんです。ここに谷があったら山があるっていうこの理論なんですよね。

なんかの本で、山と谷を作らないと人生は面白くないという事が書いてありました。「じゃぁこの山と谷をどうやって作るのっ?」ていったら、スコップで土を掘って前にポンって投げたらそこに山ができるじゃないですか、そんな感じで自分でやった行動に対して谷ができれば山もできるみたいなね。

山あり谷あり…人生はそんなもんだよって本でした。

悲しい裏切りを笑い話にする

笑い話にするってこれも大事ですよね。
嫌な事や悔しい事どれも共通してるんですけど、信頼していたら裏切られたよって話を人に話して、わっはっはーって共感してもらう。

そして「それは大変だったねー!」って言われるだけで心のモヤモヤが無くなるという感じですね。僕は妻や兄ちゃんや仲間にそんな感じで話して盛り上がっています。

笑い話にするには時間がかかるかもしれないけど、自分の中で消化していくという事が大事かなと思います。

ひろきんの思い出に残っている裏切り

こういった結論になるまでに結構僕は裏切られてきました。

ブログ記事外注化で、外注さん雇ったらコピペサイト作られていた。

僕は今までに、でっかい裏切りを3回経験しているんですよね。そこで、思い出に残っている裏切りという事でここで3つ紹介していきます。

感謝マン

感謝マンは今まで出会ってきた人の中で一番僕に感謝してくれたんじゃないかっていうくらい、常に感謝をしてくるんです。

感謝マンとの出会いのきっかけは、僕がサイト運営を教えているところへある日突然「教えてくださいっ」て感謝マンがやってきたんですよね。感謝マンは、常に毎回感謝でメールでも低姿勢で凄く信頼できる方に感じたんです。

そんな中、僕がサイト運営を有料で教えている部分を感謝マンに教える事になったんです。感謝マンは職業が教師だったんですけど、この講習料を用意する為に「今お金が無いんでアコム行って借りてきます」って言ったんですよね。

そこで僕は「アコムに行ってお金借りる必要ないですよ。後払いでいいんで、その分一緒に頑張ってサイト運営で売上上げてサイト運営の売り上げから講習料を支払ってくれればいいですよ。」って言ったんですよ。

そしたら感謝マンは僕に対する感謝が溢れすぎて、ナイアガラの滝みたいな意味わからんくらいの感謝をしてきたんです。

そんなこんなで僕も感謝マンも一緒に頑張ろうと盛り上がったんですよね。二人でどんなサイトがいいか、商品は何にするか、ライバルはどれになるか等本当に綿密に打合せをしていきました。

そしたら急に1週間連絡が途絶えたんですよ。この時はもう既に僕がむちゃくちゃ時間をかけて作った有料教材を感謝マンに渡していたんです。この教材を手に入れたことによって感謝マンはサイト運営のやり方の情報を全部手に入れた状態になっていたんですよね。

音信不通になってから1週間後、もしかしたら飛ばれたのかと不安に思っていたところ、感謝マンから謝罪の連絡が来たんです。このところ仕事が忙しくて連絡ができなかったようなのです。

そして感謝マンは「やっぱりサイト運営みたいなお金の儲け方じゃなくて、教師として正しいお金の儲け方をしたいです。」って言ってきたんです。

いやいや…(笑)
サイト運営も教師もどちらも尊い仕事ですよって話です。だけど感謝マンはなぜかサイト運営という仕事を見下していたんですね。簡単に楽してお金を稼ぐのはよくないと思うらしいです。

それを聞いて僕は、ふざけんなってムカつきました。どちらも人の為になる尊い仕事だと思うんです。仕事を差別するような気持ちを持って生徒を教育するなんてそれこそよくないでしょ。

だけどその気持ちを押し殺して「教師頑張ってください」って感謝マンに伝えたんです。

公務員のできる副業30選!!禁止でも絶対バレない方法で起業したよ

しかしここで問題が発生!僕が既に渡している後払いにしたサービスの代金は、まだ感謝マンからは貰っていないんですよ。でも色々考えて、僕は全部サービスを感謝マンに渡してしまっているけれど、支払はもういらないかなって思ったんです。

そんな僕の思いも知らない感謝マンは

「支払どうしたらいいでしょうか?本当にすみません。教材全部もらったんですが絶対に他言は致しません。僕はこの教材を全部削除しますから見ていないのと一緒です。本当にすみませんでした。」とひたすら謝ってきました。

僕からしたら感謝マンの都合は関係ないし、この人自分勝手だなーと感じましたね。

すると感謝マンが「先にサービスをもらっているのにお金を払っていない自分に凄く罪悪感があります。申し訳ありませんでした。」って言ってきたんですよね。

それに対して僕は「もういいですけど、そんなに罪悪感があってこれから胸に引っかかるようなものになるんだとすれば、少しずつでも支払ってもらっても大丈夫ですよ。」って言ったら

お金取るんですか?あなたがそんな人だとは思っていませんでした!あなたは小さい人間ですね。」って感謝マンがいきなり豹変したんです!

そこで私も「そうです。私は小さい人間です。そこは間違っていません。」って(笑)

僕は支払はどっちでもいいって言っているのに、なぜか感謝マンは僕が払えと言ったように聞こえたみたいで、「本当にもう最悪な人間ですね!」と捨て台詞を吐いて音信不通になったんですよね。

1回目の裏切りで学んだこと
人として筋を通すならば支払うべきです。あの時は僕も甘かったんで仕方ないですが、これでスーパー音信不通になって1回目の裏切りを手に入れたんですね。

この時僕は、人間って窮地に追い込まれると相手にキレるんだという事を勉強しました(笑)そして、後払いを受けるのはやめようと誓いました。サービスを提供したらその時にお金をもらわないと相手は絶対逃げると(笑)

この動画で詳しく話してます。

裏切りその2 洗濯機ガール

洗濯機ガールはかなりの裏切りでした。悲しかったですね。最初の3日間くらいは絶望で、心を持ち直すのに1週間ぐらいかかりましたね。

詳しくお話しさせていただきますと、僕はよく外注化をしています。100~200人の方を雇っていまして、その方達に記事を書いていただき、その記事をサイトに投稿しサイト運営をしてるんです。

その外注さんの中から上手になった人は添削者になってもらっているんですね。添削者の数も多くなりそれをまとめる管理人(添削者リーダー)を募ったら、ある方が手を挙げてくれたのでお願いしたんです。

僕はその方にすべてお任せしていたし本当に頑張ってくださる方だったんで、感謝の気持ちもあり「何か欲しいものはありませんか?」と尋ねました。

そしたら「ドラム式の乾燥機が付いた洗濯機が欲しい」と言われたんですね。

我が家でも1日3回乾燥機まわすので乾燥機が無いと死亡するくらいのレベルでしたので、僕はドラム式乾燥機は必要不可欠だと思っていました。だから、すぐに買ってくださいと洗濯機ガールの口座に20万円を振り込んだんです。

洗濯機ガールは凄く喜んでくれて購入後も本当に頑張ってくれました。その頃は僕は法人化していなかったんですが、ゆくゆく法人化したら月収100万位で雇わしてくださいというような話もしていたんです。

そんな感じで、お互い感謝しあいwin&winの関係を築いていたのですが、ある時急に「辞めます。ありがとうございました。」と言って全てを遮断されました。本当に全てです。びっくりしました。

チャットワークも退会されていて、唯一メールアドレスは残っていたんですが、連絡しても返信はないだろうなという感じで、僕の方から連絡できる手段が絶たれてしまったのです。

原因が何かという事を考えた時にひとつわかったことが、全てを任せすぎたという事でした。
色んな仕事全部を任せすぎて洗濯機ガールのキャパを超えてしまったんですね。

彼女がキャパオーバーの中で僕も仕事をお願いしていたし、責任感の強い方だったんで辞めるに辞めれない状況で、こういう方法じゃないと辞めれなかったんでしょうね。

辞める前に相談でもしてくれたらよかったんですけど、急に止められたので、洗濯機ガールに任せていた僕でもわからないシステムが引継もなく残り解明に時間がかかり大変困りました。

高校生がバイトが嫌になったから辞めるというのと同じ状態で辞められて、音信不通になりとても悲しかったですね。

だけど、これも結局自分のせいなんですよね。僕が全部悪かったんです。そういった僕に相談できない環境を作った自分が悪かったんだって思ったんですよ。だから全部自分のせいなんですよ。

その結果、勉強させてもらい成長するチャンスだって思ったんで、これに関しては申し訳ないという気持ちです。

「裏切られたのは全部自分のせいだししょうがない。今までありがとうございました。成長するチャンスをいただきました。」ということで、裏切られるような自分が悪いんでこれからもっと環境を整えて行こうと思ったんですよね。

こうやってコンテンツ化することによって自分の中で消化していき笑い話にして共感してもらう。この時はたくさんの人にも面白おかしく話して「大変なんですよ!笑笑笑」って笑い話にして自分の心の負担を無くしました。

2回目の裏切りで学んだこと
このように、洗濯機ガールからも大ダメージを受けました。「裏切り学び」だと思っています。

そこから何かを学び取らない限りは、裏切られたことは何の意味もなくなります。裏切られるような嫌な事をされたら、そこから何かを学べるチャンス、成長するチャンスだと思います。

自分の何が悪かったのか次はこうしたらいいという事をを学んでください。そして感謝の気持ちです。「裏切っていただいてありがとうございました」ぐらいになると聖人君子ですけど(笑)

自分の力が足りなかったゆえの成長するチャンスと捉えるのがいいかなと思います。

 

1年越し悲しき裏切り屋さん(現在進行形)

最後の話ですけど、1年越しの悲しき裏切り屋さんです。これね、現在進行形なんです(笑)

この方は大学生なんですね。去年の5月にどうしてもサイト運営で成果を出したいという事で、僕のところに相談に来るまでに教材を買いまくって作った借金が50~60万くらいあったんです。いろんな人から買いまくりすぎて毎月10万くらいの支払いが半年続くと言ってました。

エグイ話ですよね。しかも本末転倒で「借金返済のためのバイトのしすぎで、購入した教材の勉強何もできてないんですよ」って(笑)

「でも借金返済終わったらバイトしつつ頑張っていきたいと思っているんですけど、教材を買っただけじゃどうしてもできないと思ったんでひろきんさんにコンサルをお願いしたいんです」という相談だったんです。

僕はそんなに忙しくて大丈夫かと心配したんですが、悲しき裏切り屋さん曰く「僕は本気です。マジで大丈夫です。頑張ります。」って言ってきてくれたんで引き受ける事にしたんです。

その時に、悲しき裏切り屋さんはお金が全然ないと言っていたので「わかりました。でもこのすべての借金を終えてからで僕への支払はOKですよ。」と言ったんですよ。

…これ、一番最初の感謝マンの時に後払いはよくないと学んだことをまたやっちゃったんですよね(笑)また失敗しちゃうのに、馬鹿だなって思いながらも…。

なんか困っている人を見たらほっとけない症候群という病気が発症しまして、大学生でこんなに頑張っている人みたら、そら応援したくなるだろっていう話で、これ別に裏切られてもいいなってこの時思ったんですよね。タダで教えてあげようっていうくらいの気持ちでしたし。

とりあえずこの人には去年の5月から初めて12月までには成果を出せるように頑張りましょうということで、また案の定、僕は教材を全部渡して自分がやってきた事すべてを彼に教えたんですね。

この人は結構頑張ってくれて、夏には「1日○記事あげました!」とか現状報告とか来ていたんですけど、10月になったら急に失速して「すいません。アルバイトが忙しすぎてもう吐きそうです。」という連絡とか来て(笑)そりゃそうでしょうって言って。

とりあえずゆっくりのペースでいいから借金返せるまで頑張って全部真っ白になった状態でやっていきましょうかとなったんです。しかし12月までやったんですけどまだ全然借金を返し終われていないという事で、結局1年待つことになり、僕は今年の5月まで支払を待ったのです。

ダブルワークでバイトの掛け持ちする位なら サイト作った方が絶対稼げる

今年に入ってちょいちょい連絡は取っていたんですが何もできていない状態で、しょうがないけどそれだったら僕もコンサルしている意味ないなとも思っていたんです。

今年の5月になったら借金もほとんど終わって楽になりアルバイトも減らせて作業時間も作れると言っていたんで、僕はそれまで待ちました。

向こうから、5/9くらいからお支払開始できますと聞いていたので「今から本腰入れて頑張っていきましょうね」と意気込んで…

…そして今、音信不通です!ハイ(笑)

この動画を聞いてくださって連絡くれたら嬉しいんですけどね。でも多分まぁ来ないでしょうね。
チャットとか見返していたら半年間はむっちゃ僕教えていたんですよね。スカイプも結構たくさんしましたし…。

ここから学びとれる事は、ひろきんよ!2回も同じことするなよこのアホ!というところなんですけど、いかんせん、こんなに頑張っている人を応援したくなるでしょって話なんですよね(笑)

しかも僕はこの悲しき裏切り屋さんに感謝マンの動画を見てもらって「僕は過去に後払いにして逃げられたことあるんですよ。あなたはどうですか?」って聞いたことがあるんです。

そしたら「僕は絶対にそんなことしません。何があっても連絡しますしお支払させていただきます。そんなクソみたいな人と同じことするわけないじゃないですか!」って言っていたんですよね。でもしてるんですよねー(笑)

実は、僕は契約書とかを交わさないんですよね。お互いを信頼しあう為には契約とかそういった次元を超えた心の繋がりがないといけないと思っているんで、そういった意味で後払いも必ずこの人なら守ってくれるだろうと信じたんですよね

そしてこの時に思ったのが「裏切られてもいい」と。

じゃぁ、裏切られました(笑)っていう話なんですけど。

3回目の裏切りで学んだこと

半年間必死こいて教えてきたのに成果を出すことなく音信不通になってね。

悲しい気持ちももあるんですけど、しょうがないなっていうのもありました。最初から自分がこういう結末になる事を受け入れていたのでそこまで悲しくはなかったですね。

1年ぶりに悲しき裏切りをされたっていう話でした。

まとめ

こんな感じで僕は、結構悲しい裏切りを経験しています。
これから先も何回も裏切られる事はあるでしょう。多分、今年も裏切られるんじゃないかな?来年も裏切られるし、ずっとずっと裏切られ続けるでしょう(笑)

でもそれでもその時に思ってほしいのが、自分が筋を通していたら裏切られてもいいんじゃなかなと思います。

裏切られるような事をしていて「そら裏切られるわ」っていうのはダメですけど、自分が信念を貫き通して筋を通したうえで裏切られるのは、それはもう不可抗力ですからしょうがないんですよ。

その時に裏切られた事をくみ取って次の成長につなげる事ができたらその裏切りは成功へのただの過程ですよね。そういう風に考えたらいいんじゃないかなと思います。

裏切られたことで学びとれた事はたくさん実りもあったんで、それはそれでいい事だというように感じる事ができたら無駄な物にはならないですよね。

世の中に失敗など存在しない。 失敗でなく部分的成功。

最後にまとめると、裏切られても筋を通していたら気にしなくていいし、裏切られる事は不可抗力です。全部自分のせいなんでしょうがない、成長するチャンスだと思ってそれを笑い話にしたりして共感してもらいながらコンテンツ化する事によって形に残して、自分が裏切られた事を後世に伝えていくという事が大事なんじゃないかなと思います。

…ということで、なんか感傷的になってしまって、社畜を罵る事を忘れてしまっていたひろきんでした!

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

2 件のコメント

  • はじめまして。
    記事にコメント書いたら、Skypeコンサルしていただけるとメルマガに書いてあったので、ぜひお願いしたいです。

    私は、ひろきんさんのこの「3回も裏切られた」という記事を読んで、もう、感動しました。
    ネットビジネスをしている人で、これほどまでに良心的な人がいるなんて!

    私の病んでる友達が収入がないので、何か一緒に収入を得られないかと思って、軽い気持ちでネットビジネスに手を出したのが運のつき。
    マインドがきちんと整っていなかった自分も悪いんですけど、多額ローンを抱える身となってしまい、友達と仕事をするどころではなくなってしまいました。毎月の借金返済の電話におびえ、どのようにして、支払ったらいいのかと辛い日々です。

    そんな中、何とかやっぱりネットに頼るしかないと思い直し、ふと、ひろきんさんのこの記事に目が留まりました。
    ご自分の失敗をこのように赤裸々に、しかも面白く書いておられたので心惹かれ、ひろきんさんの他の記事も読ませていただいて、本当に信頼できる人だと思いました。

    今まで、ネットビジネスは騙す人が多い、どれが本当に信用できるのかと思っていました。
    どれもこれも長いメールを読ませ、動画を見させ、ラインに登録させ、挙げ句の果てに、高価な教材を売りつける。中には、信頼できそうなものもありましたが、今は、本当にすっからかんの身なので、一円もお金が出ない状況。むしろ、どこから今月の支払いを借りてきたらいいのかと、月末になると絶望的な気持ちになっていました。

    そんな折も折、ひろきんさんのサイトを見て、Skypeコンサルも無料でしていただけるとあり、非常に良心的なのに感激しました。ひろきんさんご自身がコンサルを受けて一か月で7桁行ったと、書いてあったのを見て、とてもとても希望が持てました。

    今の私の希望は、とにかく、借金を返済して、一息つきたいです。
    病んでる友達との仕事の事もありますが、自分が落ち着いてからでないと、考えられない状況です。

    今は、ひろきんさんだけが頼りです。
    どうか宜しくお願い致します。

    • ありがとうございます!

      かなりリアルに裏切られてことが、他の人の元気に変わるのなら、裏切られたことは無駄じゃなかったのかもしれませんw
      いやだけどw

      はい、メルマガとる臆していただいて、メルマガに返信いただければ大丈夫ですよ!

      お待ちしてます( ^ω^ )

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA