給料では決して金持ちになれない 仕組み解説

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:採用スペシャリスト(今まで500人以上一人で雇った経験あり)、ブログマーケティング、ブログ集客、記事外注化 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年で本業の収入を超えたため社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間300冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

毎度ひろきんです。

本日も社畜の皆さんに向けてですね、謙虚に低姿勢に、有意義な情報をお伝えしていきたいと思います。

今回のテーマは「給料では決して金持ちになれない仕組み解説」ということで

社畜の方には耳の痛い話になるんじゃないかなと思います。

動画でもみれます↓

 

給料では決して金持ちになれない仕組み解説

まずはじめに、このまま給料をもらい続けていっても定年まで行っても決して自分が思い描くような理想の未来は待っていないですね。間違いないです。

自分が思い描いている未来よりも終わっている未来が待っていると思います。

というのも、いつどこでリストラされるかわかりませんし、給料が最後まで確定しているかどうかもわかりません。

最近トヨタのお偉いさんが「終身雇用はできなくなってきました」と発言がありましたよね。

あのトヨタですらも終身雇用が無理と発言しているんですから もう無理なんですよ。終身雇用自体がもうおかしいんです。

終身雇用の本当にダメな所は、勉強しなくても給料がもらえるという所で、それが悪の根源ですよね。終わってます。

勉強しなくてもお金がもらえるから勉強しない人がいっぱい増えているんですよ。

終身雇用がなくなったら人々は勉強するしかない。勉強しないと人生なんて豊かに楽しく生きていけるわけない。今まで甘えていた人はこれを機に勉強してほしいと思います(笑)

金持ちになりたかったら給料で働いたら負け

さて、給料では決して金持ちになれない仕組みなんですが、自分の時間を切り売りしてたら負けなんですよね。

どうしたらいいのってなると 自分以外のものに働いてもらうっていう仕組みを持たないとダメなんですよね。つまり自分の分身に働いてもらう。

自分の分身とは、自分のお金に働いてもらう(一般的に言われている預金とかは、クソみたいな金利なので増えないですが・・・)

それ以外には、一番オススメしている誰にもできる一年二年あれば成果が出るのがネットビジネスですね。

ネットビジネスでサイトを持つなりSNSでアカウントを育てていってそこで商品を売るという「稼げるアカウントを作っていく」ことが大事です。

あるいは、不動産収入や株式配当もありますよね。

つまり、自分が働いていないのにお金が自分に入ってくる仕組みを作らないといけないわけですよ。そうしないとお金持ちには絶対になれません。

お金持ちの定義をしっかりと決めていかないと、社畜の方を対象に言っているんで、世間一般のお金持ちである数億円単位とかを目指す人はまた別です。

決して社畜の人は金持ちになりたいわけではないと思います。

社畜の理想としては「お金に困らずゆっくり生活している人」「静かに笑顔で暮らしている人」これが社畜の理想ではないかと思っているんですよね。

そうでいない方、例えばお金をバンバン稼いで絵に描いたような高級車に乗りたいとか、そういう欲まみれの方もいらっしゃるかと思うんですけど、

そういったことよりも、毎日精神をすり減らして満員電車に乗って、上司に頭を下げて、毎日毎日同じことの繰り返しっていう人生から逃れたいだけであれば、多くのお金はいらないですから。

自分がどこを目指すのかというのをしっかり明確にしてもらう必要があるんですけど、

世間一般で数億円稼ぐ社長とかは無理ゲーなので、社畜としての理想を掲げて、社畜を脱出した時の理想の人生の定義をしっかり定めることが大事になってきます。

言葉の定義をしていくと 自分の中で理想が明確化していきますので、ここを曖昧にしたらダメですね。

じゃあここでもう少し詳しく説明していくと、給料では決して金持ちになれないのかというのはなぜなのかを説明します。

↓ちなみに私が給料で生活していた時代の思いなんかはこちらに込められているのでご参考に(笑)

マジ……?公務員辞めたい…?僕が起業して100万以上稼いだ流れ暴露するわ

給料では決して金持ちになれない3つのポイント

 

1つ目 「生かさず殺さず」

2つ目 「時給で働くという社畜的思考」

3つ目 「勤めれば務めるだけ抜け出せなくなる」

 

この3つの重要な要素があるからこそ、社畜はお金持ちになれないんですよ。

1つ目 「生かさず殺さず」

社畜というのは それなりのお金しかもらえないんですよね。

年収1,000万円を超えることは無いでしょう(超えていれば社畜でもいいんじゃないでしょうかと思いますけどね)

大体300~600万円。その辺の人たちがよく見てくださっているかなと思うんですけど、

 

「生活できるけれども、贅沢はできない」

「どこにもいけないけど、ちょっとした満足だったら手に入れられる」

という微妙なラインの給料しかもらっていけないんですよね。だからお金持ちになれない。この給料でやっていくしかないんだという思考がそれなんですよね。

ちょっと満足できるくらいの給料をいただける。微妙なラインの給料をもらうことで、ある程度満足してしまう。

不満もあるけど満足もあるというラインがそれなのです。

2つ目 「時給で働くという社畜的思考」

何時間やればいくらもらえるというのが、基本的に社畜の考え方で、時間でお金がもらえるというのが時間を切り売りしている社畜そのものですよね。

ところが社長になると、自分が価値を提供したもの=お金の考えになるんですよね。

またメンタリストで有名なDaigoさんは、講演会などによって1時間で300万円稼いだりできるんですよね。

でもそれって時給ではないんですよね。それだけの価値を提供しているからこそ300万円をいただける。時間軸ではなく話すこと自体に価値がある。という感じで考えないとダメなんですね。

人に価値を与えるというのは、自分自身を使って講演会みたいな形でやるということもできますし、自分以外の分身(Youtube、不動産、本など)に自分のスキルを紹介する媒体を持つことによって自分の分身が働いていく。

自分で作らない限りは、金持ちになれない。社畜版金持ち(静かに笑顔で暮らせる未来)にもなれないですね。

のんびりしているけれどもお金には困っていない。私はこれが最強の生活だと思っています。

3つ目 「勤めれば務めるだけ抜け出せなくなる」

蟻地獄みたいな仕組みができているんですよ社畜には。

私は公務員だったので公務員で説明すると、潰しの効かない職業だったんですよね。

20年30年続けたところで、何も身につかないんですよね。やれと言われたことをできるだけの人間にしかならない。自分もそうなるのが非常に恐ろしかったんですね。

「潰しが利かない人間はオワコン他の職業に就けなくなってしまうんですよね。

特に資格を持っているとか技術が溜まっていく職業であれば問題ないですよ。WEBデザイナーとかプログラマーとかならね。

でもコンビニ店員とかって結局レジ打ちとか品出しとか、それってなんの潰しも効かないですよね。

公務員も肩書きはあるけど、内容は高校生でもできる内容ばっかりなんですね。霞ヶ関の人たちはまた別だと思いますが・・・

つまり、勤めれば務めるほど抜け出せなくなってしまうんですね。

では、どうすればいいのか?

転職をすることと副業をすることがいいかなと思います。

しかし転職は気合も必要でストレスも溜まりますし、まずは副業から始めるのがいいと思います。

ちなみに転職であればマーケティング会社、WEBサイト運営会社、不動産会社がいいと思います。潰しがきく、青天井の収入、起業するスキルが身につくので。

今は未経験でも雇ってくれる場所とか結構あるんで、特にいいと思います。

副業の場合はランサーズ、クラウドワークスというサイトがいいと思います。ライティングの仕事とかあるんで、とにかく実績を踏むっていうのが大事ですね。

ここら辺は「単発でこれやってくれませんか」という仕事があるので、実績を積んで転職に生かすこともできますよね。

これができそうにないのであれば、もうお金持ちとかそんな人にはなれないですね。努力している人はこういうことは淡々とこなしていきますから。

社畜の人は頑張ってください。人に運命を握られているのが社畜です。ちょっと言い方が強くなってしまいましたね(笑)

ではどうやれば金持ちになれるのかというと、転職をするのも手ですし、自分自身一人でも稼げることを着々と進めていくというのも手です。

何か媒体を持つ。考え、スキルを発信できる媒体を持つ。その媒体が自分自身の分身として働くものとしてお金を生みます。媒体とはSNS、サイト、不動産、株式ですね。

↓ここまで読んで、「よし、ネットビジネスをやってみるか」という方のための記事もご用意していますので、ぜひ参考にしてください!

ネットビジネス初心者が必ず最初に悩むことを解決すっぞ

配当生活&不労収入がゴール

SNSとサイトの稼ぎは、商品紹介とか広告収入で稼ぎができます。不動産について言えば、インカムゲインとキャピタルゲインの2つがあるんですけど、ここでは割愛します。

また自分が投資した不動産の情報なんかも発信していくことによって、それもまた稼ぎ頭になってきたりします。

次ですね、株式とかFXとかそういう投資もやっていくべきですが、大体1億超えたぐらいからチャレンジでいいのかなと思います。

あくまでも知識が薄い状態ですが、タネ銭がないと旨味がないと聞いているからです。結構FXとかギャンブル性があるなと感じています。

かなりローリスクでできることで資産を築きあげて、その資産を株に投資していくというのが、王道ではないかと思っています。

配当生活&不労収入をゴールにするのが 一番いいのではないかと思います

不労収入で年1000万円をまず目指す

もちろん超理想の超理想の目標ですよ。現実的な目標としては、年収300万円を社畜以外のところで稼ぐ。

僕で言ったら今達成していますが、これが一生続くかと言えばそうではない。一生続く仕組みを作らなければならないなと思っています。

僕の今年の年収は5,000万円までしか行かないかなと思っています。

もっともっと上を目指して、1億円を超えたら配当生活に力を入れていこうかなと思っています。

そしてある程度のお金ができたら隠居生活を送って、たまにビジネスとしてコンサルやセミナーをする生活がいいかなとか思っています。

最大限の時間を家族とか趣味に使うのが最高の生活だと思っています。

↓ちなみに趣味をマネタイズする方法とかもあるんで、ぜひご参考にしてください。

お金になる趣味を紹介。 ぶっちゃけ何でも仕事にできるって話

結論:給料では決して金持ちになれない

給料は人からもらうもので天井が見えています。

給料以外のところで生活を目指す。社畜に限って言えば何億を持つ金持ちになるんではなくて、自分自身がゆっくり、ストレスなく生活できるラインを目指すのがいいんじゃないかなと思います。

最終目標として、不労収入的な形を目指すのがいいと思います。

以上ひろきんでした。

ありがとございました。

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA