アフィリエイトサイトの作り方・手順を1から説明(超初心者用)

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:マーケティングコンサルタント(年収9桁超えの超有名ブロガーのコンサル経験あり)、You tuber&ブロガー(1ヶ月100動画&100記事投稿)、外注化スペシャリスト(今まで1000人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年目で合計売り上げが総理大臣の給料並になったので社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。2019年の年収は5000万。2020年は3億目指して邁進中。年間1000冊読書しています。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間1000冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

まいどひろきんです。

今日はこんな話。

動画でも見れます↓

サイトの作り方・手順を1から説明(超初心者用)

「サイトの作り方・手順を1から説明(超初心者用)」ということで、初心者の社畜に向けてですね、お話ししていきたいと思います。

よろしくお願いします。

サーバーとドメインを取得

サイト作成なんて全くわからん!

という方のためにですね、今からさらっと手順をお話ししていきたいと思います。

ネット上に自分のサイトをバーンと出したいとするじゃないですか。その時最初に必要になるのが、サーバー」って場所に契約が必要です。

サーバーってのは、自分のサイトを置いておいてくれるところです。このサーバーに自分の作ったサイトを置いておく場所なので、いうたら土地みたいなもんです。

それに住所をつけると、それが〇〇.comとか〇〇.jpとかで、ドメインと呼ばれています

土地と住所を別々で取らないといけないんです。

ムカつくでしょ?笑

サーバーのオススメは「Xサーバー」をオススメしていて、ドメインは「お名前ドットコム」ってところをオススメしています。

アフィリエイトするなら賢威とXサーバーとお名前ドットコムがおすすめ

もちろんこれ以外にもたくさんあります。一番成功している人とか、サイトアフィリエイトでオススメしているのはだいたいみんなこの2つをオススメしているんですよね。

何が良いかというと、簡単なのと、性能が優れていることが挙げられますね。なのでみんな使っていて、僕もそれを真似して使っています。これ以外のサーバー使っていないんで他のものわからないんですけどね。笑

ということで、Xサーバーとお名前ドットコムを使って、サーバーという土地をゲットした後に、ドメインという住所をゲットするという流れです。

これでようやく、自分のサイトがでーーーーんとできるわけですよ。

できるんですけど、例えば、「hirokinn001.com」って取って、契約して、次に土地と住所を「ヒモづける」作業が必要になります。

「hirokinn001.com」とサイトのある場所をイコールにするのがこのヒモづけ作業になりますが、これは簡単にできます。

Xサーバーで得たIDみたいなのをお名前ドットコムの方に登録して、逆にXお名前ドットコムで得た、「hirokinn001.com」ってのをXサーバー側の管理画面に登録すれば完成です。

やり方は

「Xサーバー お名前コム 紐付け」

で検索したら丁寧な解説サイトがたくさん出てきますよ!こんな感じで検索する癖をつけるのは大事なのであえてリンクを張っていません。(めんどくさいだけっすw)

 

そういうことをすると自分のサイトができます。ただこの段階では、サイトができても、リンクに飛んでも真っ白なページとかになってしまうんです。まだ何もやっていないので。

ワードプレスをインストール

次の作業は、そのページに、ワードプレスをインストールすることです。

これを入れれば、ホームページを自動で作ってくれるんです。よくある形です。タイトルとサイドバーあって、記事を書くスペースがあってみたいな。

これは、「HTMLとかCSS」ってプログラミング言語を覚えないと自分自身では本来作れないんですけど、このワードプレスってシステムをインストールするだけで、勝手にぼんぼんーーーーって作ってくれて、そこに名前とか入れていけば良いだけの状態にしてくれるんです。無料ブログとかと一緒ですね。

Xサーバーにワードプレスをインストールするってボタンがあるんでそれ押せばインストールできます。笑

その後は、ワードプレスの管理画面に入って、記事を投稿するってところから記事を書いて投稿すれば、サイトに記事が表示される訳です。

あとは、設定していくだけです。タイトルとか細かいところを詰めていけば、れっきとしたあなたのサイトができます。

「hirokinn001.com」も最初は「こんにちは〜」しかなかったわけですが、それをどんどん改良していって改良していって今の形になったわけです。

ここまで聞いて難しいと感じる方もいると思いますけど、

全然難しくないっす。やるしかないっす。

最初はわけわかんないですよ。カタカナがアホほどでてきますし、僕のメルマガ登録してもらえれば、細かく説明しているものを公開しているので案内することもできますが、ネット検索してくれればある程度わかるので調べながらやってもらえれば良いかなと思います。

何かけば良いの?

僕が一番最初にオススメしているのは、「日記」。本当になんでも良いです。数行でもいいので、今日あったことと同じような感覚です。

まずは書いて投稿することに慣れないといけないのでここから始めてください。TwitterとかInstagramやっている人はすぐにできちゃうと思います。同じ要領なので。

そのレベルで良いんです。内容気にせず、とりあえず書く。

投稿の仕方とか、色の変え方とか、文字を大きくする方法とか、ボックスの作り方とか、そういうのがある程度やっていくうちにわかってきます。

できるようになってきたら、サイトを作った手順を記事にするのも良いと思います。

サーバーってなんなんだ!

ってところからサイトを作り上げたわけですから、超すごいことなんですよ。最初は何も知らなかったところから、サーバー契約、ドメインの取得、ワードプレスのインストールと経てサイトを開設していくわけですから、まだ、サーバー契約もしていない人たちに取っては、超有益な情報なんですよ。

「僕も最初はサーバーとかよくわからなかったけど、こうやったらなんかサイトできちゃいました! ははっはははっははーーー!」

みたいな感じでいいんすよ。そしたら本当に何も知らへん人が作ったんだから、自分でもいけるだろ!っていう気持ちに読者をさせることができるんですよね。

僕自身がまさにそうですね。動画とか記事を通して自分が経験したことを話しています。

最初は僕も何も知らない状態で、あわわ、あわわとなりながら、検索してそれを見よう見まねでやったらなんとかできちゃったわけです。

でそれを、自分のサイトとかで最初は紹介していました。これによってどんどん慣れていけるんですよね。

この一連のサイト開設にどれくらいかかるかというと、慣れたら、15分くらいでできます。

最初は僕でも、3時間くらいかかりました。

僕が参加した僕の師匠のセミナーとかでは、「3日かかった」と言っていました。「何もわからない状態から、ドメイン取ってそこでわからなすぎて放置しました」とか言っている人もいました。

なんでも、慣れなんですよね。なんかわからんけど、とりあえずやってみる、サイト作ってみる。作ったら、後は記事書いていくだけですから。

記事書いて→キーワード調べて→ライバル調べて→記事書いて→商品リンク貼って→商品売れて→いえぇーーーーーーい。

って感じですよね。笑

それがまあ、大きな流れなんです。そこにいくまでにどんな記事書いていけば良いのかってのは勉強しないといけないんですけど、「自分の考えたことを具現化する(サイトにする)」ってことをしないと何も始まらないです。

形が無いとなにもできないので、まずはサイトを作っていくっていうのが非常に重要かなと思います。

Twitter、インスタ、Youtube、FacebookとかSNSとかも作ってそれを自分のサイトに貼り付けて、「これもやってまーす!」みたいな感じでも良いですし、Twitterだけでもいいですし、サイトを持っていないでTwitterアフィリのみの方もいます。

でも僕は、サイトは持っていた方が良いと思います。それにプラスで、Twitterを入れていくとかがオススメです。

まあ、でもまだSNSは考えなくていいです。もう少し先の話で、今回は手順を見ていきたいと思います。

利益はどうやって出すの?

「クリック型」と「成果報酬型広告」の二種類があって、基本的にはサイトは広告収入です。

クリック型はクリックされればお金が入ります

成果報酬型広告は、商品が買ってもらえたらお金が自分に入ります

例えば、楽天とかアマゾンとかいっぱい紹介している人いますよね。リンクから飛んで楽天やアマゾンでその商品を買ってもらえたら紹介者にお金が支払われるというシステムです。

アマゾンとか楽天以外にも、普通のダイエットのサプリとかもありますよね。

これを極めると、月収1000万円とかの人もいます。

でも、ここまで目指さなくてもいいんです。まずは月収10万から達成しましょう。それで十分じゃないですか最初は。

アフィリエイト素人がブログで「月5万」を99%稼げる方法

月収1000万とか死ぬ気でやらないといけないレベルですから、サイトアフィリエイト界のイチローレベルですからこの人たちは。笑

このレベルは後です。

ホリエモンやスティーブ・ジョブズをイメージしていたらやる気なくなるんですよ。遠すぎて、雲の上すぎるんで。

そんなん目指さないでいいから、まずは月収1万を目指す。それを10回やったら10万になりますし、30回やれば30万ですから。シンプルな考えですけど。

根性論みたいになっていますけど、毎日社畜でおんなじ作業をずっとやったところで、あなたの給料はいくらですか?って話です。

1万円稼げるサイトができたら、また同じようなサイトを作っていけば良いんです。ジャンル少し変えたりしながら。そうすれば、5万円なんてすぐです。

1万円稼げるサイトを作れるくらいになれば、横展開していけばいいので楽になります。もちろん、1つのサイトを強くしていってそれを10万、20万、30万って上げていくのもOKです。

その時のサイトの状況次第ですね。そのサイトがもっと伸びるならそれを伸ばしていけば良いですし、天井の見えてきているサイトなら横展開していけば良いと思います

こうすれば、月収20万とか、現在の本業の月収なんて本当にいけます。僕の場合は、社畜公務員を想定しているんで、月収18〜30万くらいは絶対いけます。

時間は当然かかりますけど、1日2日では無理ですし、1、2ヶ月でそんな月収20、30万なりました!みたいな誇大広告もたくさんありますけど、そんなわけないだろう!ってなります。

サイトアフィリエイト初心者が月10万稼ぐには〇〇時間必要?

例えば、今社畜の方が給料を1ヶ月で20万上げれますか?って話です。

まあ、無理ですよね。上げれるとしたら、もうネットビジネスしかないと思います。

でもそんな簡単に上げれるわけないんですよね。今アホみたいに週5、6日働いてやっと20万もらえてるわけですから、その労働以上のことを最初はやらないとダメです。

じゃないとシステム作っていけないです。このサイトを作っていく覚悟のある人は余裕で稼げるようになっていきます。

このシステムさえ作れば、あとは楽です。ほったらかしでもある程度は稼げますし、月に一回くらい記事を投稿するだけってのもありですし。その辺はサイトとの要相談です。

まとめ

ここまでいく、一個のサイトを作るってところができないのであれば、今回紹介した流れでとりあえず一個サイトを作ってみるっていうことが大事です。

サイトを作ったら、何を売るのかを考えたり、もう一サイト作ってみたりしていけるわけです。

まず最初の基礎固めですね。これができない人は何も始まらない。

バスケでいうドリブルです。笑

この流れでサイトを作るのを1週間以内にはできるように挑戦してみてください。

もしやり方わからなかったら、僕のメルマガに登録してくれれば、無料でやり方を紹介しているので、登録してもらえればなと思います。

というわけで、サイト作成の手順でした。

以上、ひろきんでした。

最後までありがとうございました。

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA