ノウハウコレクターの心理を解明して悩み解決!脱出ルートの案内やで

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:採用スペシャリスト(今まで500人以上一人で雇った経験あり)、ブログマーケティング、ブログ集客、記事外注化 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年で本業の収入を超えたため社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間300冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

まいどひろきんです。

今日はこんな話。

動画でも見れます↓

ひろきん自己紹介

「ノウハウコレクターの心理を解明して悩みをクソ解決。 脱出ルートのご案内」ということでノウハウコレクターがなぜそうなってしまったのかとそれに対しての対策をお伝えしたいと思います。

初めての方のために、自己紹介を簡単にしておくと、元公務員です、公務員時代にサイトアフィリエイトを始めて、月収100万円超えたので公務員はやめました

現在は月収500万円前後で、年収1億まで頑張っていこうと思っているところです。

本題に写ります。

ノウハウコレクターの心理

ノウハウコレクターになってしまうのには原因があると考えています。

原因1:楽しようとしてる

「楽しようとしている」だと思います。もっと楽に儲かる方法はないかなって探しているんです。

何かの情報を買って、「なるほど!でもなんか俺にはできないなぁ」とか言って、膨大な量のPDFを読み切れずに放置してしまうみたいな感じです。

この人は稼ぐためのマインドを持っていない状態です。

原因2:情報取捨選択ができない

「情報取捨選択能力が著しくクソ」

情報を手に入れて、どれが良いのかわかっていない状態です。こういう人は、会社や学校でやれと言われたことしかやってこなかったから、自分で選んで決断する能力が低いんだと思います。

テストをやれ、大学に行け、会社でも言われたことをやって褒めてもらうみたいな、、、

自分で選んで何かを達成した経験が極端に少ないんです。ほとんどの人が自分で考えるという能力が欠如している。

というのが僕の見解です。

原因3:こいつの真似をしたい!を経験していない

「こいつだ!って思う人に巡りあってその人について行く」のが、解決するのには早いです。

巡り合っていないので、いろんな人から情報を得るだけになってしまうんです。成功した人の中で、この人だ!って人を決めて、その人の考え方、やり方について行く。徹底的に。

ノウハウコレクターの良いところ

ノウハウコレクターはただ単に悪いだけではないです。良いところもあるので、紹介したいと思います。

投資マインドをすでに持っている

最も手に入れるのが難しい、投資マインドセットができています

5万、10万とかの教材をサクッと買えてしまうのは、一般の人とは違います。いい意味で頭のネジが外れているんです。知識を入れるためにお金を惜しまないんです。

成功者に置ける1つの共通点がこれだと思います。自分の頭をグレードアップさせるための投資ができるというのは良いポイントです。

僕自身、20歳の時に3万円くらいの教材に対して、「だせるか!」と一瞬思いましたけど、その時そのお金を捻出して結局買いました。この時から稼ぎたいって気持ちは強く、すでに投資マインドができていて、購入しました。投資マインド持つことのは本当に重要ですからね。

数万のお金も出せない人には人生変えられないと本気で思います。

 

スポーツ習いに行くのに、将棋ならいに行くのにお金かかるんだから、稼ぎ方覚えるのも、

お金出して習うのが一番早いに決まってます。

 

もちろん購入しただけで何もしなかったら意味ないです。僕の場合は、当時はそれに該当しましたw。ただ、購入しただけで、何もしなかったんです。それもノウハウコレクターの問題です。

買って満足して何もしない。

お布団の中で、夢の中でだけ、成功していると思ってしまっているんです。

やる気満々だけどやる気散漫

やる気があるが故に、色々なところに力が分散してしまっている。まずは一個のことに集中して成果を出すことが重要です。

ノウハウコレクターは単純に悪いとは言えません。良いところもたくさんあるので、のちに必ず活きてくるはずです。

ノウハウコレクター対策

今持っている教材の中の1つで、突き抜けろ!

実際に、その教材を使って稼げるようになった人がいるからこそ、その教材が売れているので、その教材に載っている方法でとにかくやってみる

1000時間やってみて、それでもできないのであれば変更する。やりきっていないのに、他のものに目移りしてしまっていたら成果は出ません

そこそこ有名な教材を買えばできないということはまずないと思います。

もちろん、教材買って実行したとしても稼げるのは数%なんです。東大に絶対合格させますという塾に入ったとしても、全員は合格しません。必ず落ちる人はいるんです。

サイトアフィリの教材も同じで、儲かる人と儲からない人がいて、その違いは、PDCAを回しているかどうかです。

創意工夫しているかどうか。

ここにつきます。「やれっ」って言われたことをやるのはもちろん大切ですが、こうした方が良いんじゃないのか?みたいなこともやらないとダメです。これが創意工夫であり、仮説と検証を自分でやっていかないとダメです。

「もうちょっとこうした方が良いんじゃないかな?」

は自分でやっているうちに徐々に出てきます。ほぼほぼ失敗で終わってしまいますが、ほんのちょっとの成功を発見してより良いものにしていくことが大切です。

忠実に教材に載っていることを完璧にこなしていくことで、必ず成功するかと言われたら、疑問が残ります。自分なりのスパイスを入れることによって、オリジナルなものになり、稼げるようになるわけです。

継続は力なり

説明の必要がないです。継続しましょう。なぜ継続すると成果がでるのかというと、

オリンピックや東大のように難しくないです。サイトアフィリエイトは圧倒的に成果を出せる人の人数が多いんです。

オリンピックや東大って圧倒的に少ないじゃないですか、東大一年に一度、オリンピックは四年に一度です。でもサイトアフィリエイトは毎日チャンスがあるんです

なので、成果を出すことが楽なんです。凡人でもできるんです。

サイトアフィリに才能なんて一ミリも必要ありません!

オリンピックや東大は、ある程度才能ないと難しいと思います。

サイトアフィリエイトには、チャンスが転がりまくっています。色々なやり方があります、ホワイトなものも、ブラックなものもありますし、トレンドアフィリ、アドセンス広告のみなのか、などなど、色々な種類の中から、これだって思うものを1つ選んでやる。

やって一定の量やればある程度成果出ます。

「とにかくがむしゃらに100記事」

100記事書くと成果出るのか!と聞かれたら、成果は出ません!と答えます。

ただ、ノウハウコレクターの人はこれすら達成できていないのに次の教材に手を出してしまっていたりします

この100記事っていうのは、スタートラインに立つための最低限のレベルです。これなしに、サイトアフィリエイトを始めることはできません。

「とにかくがむしゃらに300記事」

これで、良くて5000円くらいの成果が出ます。サイトアフィリエイトで稼ぐってこれくらい難しいことなんです。

なぜこんなに難しいかというと、がむしゃらにやっているからです。

ここからは、「とにかく考えながら500記事」作ってみてください。

「とにかく考えながら500記事」

すると、成果は、10万円ぐらいは出るようになります。あくまで感覚ですが、考えながらやっている500記事(キーワード選定、ライバル調査をした上で書かれた記事)を書くことによって成果がでます

がむしゃらに300記事を書いたことは無駄ではありません。これによりデータが集まります

どの記事がアクセスを集めることができているのか、どのキーワードに需要があるのか、どんな記事を書けば読者を獲得できるのかを知ることができます。

キーワードプランナーというツールを使えば、どれくらいの検索数があるのかを確認することもできますが、タイムラグがあります。

自分のサイトに集まったデータは生のデータですし、これを使って、仮説と検証ができるようになります。

「この記事にアクセスが集まっている→この記事の範囲を広げる→近いキーワードの記事をたくさん作ってみたらどうなるだろう?」

みたいな感じです。こういったことができるようになるので、がむしゃらに300記事書くことは重要ですし、がむしゃらにやりながら、考えながらやっていくことが大切です。

圧倒的な量からのみ質が生まれるということです。

やればやるほど、「圧倒的な量」と「圧倒的な慣れ」が手に入ります。本当に何も考えずに記事書いているのはダメですけど、最低ラインのやり方を知った上で、がむしゃらに記事を書く。

そのあとに、考える。そうすれば成果が出る方向に向かって行くのではないかなと思います。

まとめると、持っている教材の1個で突き抜けて、その教材を継続して使う、がむしゃらに記事を書いてみて、そのあとに仮説と検証を立てて記事を考えながら書くということでした。

こいつだと思う人を見つける!

メンターに近いです。直接交流があるとかはどうでもよくて、自分がなりたいと思っている未来を実現している人です。

いくつか参考にするポイントを紹介していきたいと思います。

月収100万円

月20万円しか稼いでいない人をメンターにしたら、そこまでしかいけません。

月20万円で良いっていうなら、それで良いですけど、100万円とか自分の目標の金額を稼いでいる人です。

これは調べたらすぐに出てきます。「アフィリエイト 稼いでいる人」みたいな感じで検索してみてください。

その人が紹介している、教材を信じて使ってみると良いと思います。

ビジネスの原理を知っている

テクニックだけを教えている人はたくさんいます。ただ、それを学んでこの先も使えるの?って思うんです。

教材もビジネスの原理がわかるようなものを買ってほしいです。ビジネスの原理ってのは、「集客教育販売」って3つに集約されるんですけど、この人良いかなって思ったら、この言葉を使っているか確認してみてください。

これをサイトとかで使っていたら、ビジネスの原理を知っている人です。

絶対に大丈夫かどうかはわかりませんが、1つの指標になります

来年には使えないかもしれないテクニックを教えている人もたくさんいるので、そういう人よりも信頼はできると思います。

トレンドアフィリ

「トレンドアフィリでアドセンス広告のみで稼ぎましょう」みたいなのは危険です。

「プライド」という教材はこれを解説しているんですけど、サイト運営の超基本的なことが載っているのでそこを学ぶなら良いってことです。

アドセンス広告は自分の作業が多いです。僕は、不労収入でお金を手に入れたかったんです。毎日記事を入れたりしなければならないので、僕は永遠にやるのは難しいなと思いました。

要所で入れるならにはOKです。ダイエット特化サイトで、トレンド記事を書いて入れるのはありです。「ガリガリガリクソンが40kg痩せた!」みたいなのはありです。

ただこれ一本でやっていくのは危険です。最初はOKです。

商標サイト:商品の名前をサイトのタイトルにつけるタイプのサイト

商標キーワードやペラサイトでサイトアフィリは絶対にオススメしない

これだと、キーワードが狭くて限られてしまいます。競合が多くて、内容もほぼ同じ、どうやって検索上位をとって行くかというと、裏からリンクを送りまくります。これをやらないと勝てないんです。

僕も150万円で商標サイト買って、持っています。そして昔から僕が持っていたサイトからリンクを送りまくったら、うまく検索上位になっています。やはり検索上位取ると気持ちいいですね。

このサイトは月20万稼いでくれます。元はすぐに取り返せそうです。自分で作るのはいやですけど、買うのはアリですね。リスクが少ないので。

もちろん、商標サイトだけガンガン作っていくってスタイルはお勧めしません。

商標サイトっていうのは、ビジネスの原理関係なしのテクニックだけなんです。なので自分を過信してしまったりしてしまいます。ピンポイントのテクニックしか知らないのに。これでは長く稼ぎ続けることは難しいと思います。

ペラサイト:1ページのサイト

ペラサイトを何百個も作って稼ぐものですが、これも商標サイトになることが多いです。これを教えている人も多いですが、資産にならない

この資産にならないというのが、どうしてもいやです。

保険でいうと、積み立て型ではない掛け捨て型になります。

転売

これもオススメしません。なぜなら、潰しがきかないですし、自分の体がもたなくなってしまします。

資産にもなりません。サイトならある程度何もしなくてもよく月も収入を得ることができます。転売は翌月は最初からやり直しです。

最初にビジネスとはなにかを学ぶためにはやっても良いと思います。

ただ、ずっと自分が動かないといけないです。僕が求めている不労収入を得るのは難しいかなと思います。

オススメ:サイトアフィリエイト

これはビジネスの原理を学ぶことができます。さらに、これをやれば、人の心を動かすということも学べます

サイトアフィリエイトは、全く商品のことを知らない人に、その商品が欲しくなるように誘導していくことです。

これを知っていれば、会社に勤めることになっても、どうやったらものが売れるのかを知っているので活躍できると思います。

集客教育販売という流れに沿って記事を作れば収益を出せると知っていたら、実店舗を経営している人に対して、コンサルもできます。

この原理は人間関係でも使えます。購入してもらうということは、相手に喜んでもらえるということと同義ですから、相手を喜ばせる方法を学ぶこともできるんです。

なので、サイトアフィリエイトを学ぶことは一石何鳥にもなると思います。サイトアフィリエイトで成功しなくても、その経験で得た知識を他のことにも応用できるのが良いポイントだと思います。

他のものは、日常生活に応用できるような知識は全くもってないと思います。

なんとなく感覚で好きかどうか

話を、メンター選びの指標に戻します。

これも大事です。これで決めてもらっても良いかなと思います。「喋り方好きだな」とか「言ってることわかるなぁ」とか「キショイけどいいなぁ」とか。

「ひろきんさんはボロクソに社畜社畜って言ってるけど、逆に好きです。」って言われることもあります。

僕みたいなキャラってネットビジネス界にはあんまりいないんです。このテキトーなキャラ。がっつり作り込んだコンテンツの人が多いですから。僕もたまに作りますがw

僕の場合は、やるときは人生かけてがっつり稼ぎましょう。みたいなスタンスなので、そういうのが好きな人は僕のことを好んでくれたりもします。ありがとうございます。

そういう自分が好きになれる人を見つけることが大切です。

自分の理想の未来を歩いている人

月1000万円稼いでます。って人で、休みなく働いている人が良いのか?それとも、僕みたいに月500万そこらで自由な時間がある方が良いのか。

自分の理想と照らし合わせてそういう人生を歩んでいる人ってことです。

僕の場合は、最初、「月に100万円以上を何もしなくても入ってくる人」ってのが理想でそういう人を見つけました。その人が「プライド」良いって言っていたので、買って、「脱獄」って教材も良いと言っていたので買ってやったり、コンサルもオススメしていた人のを受けていました。

脱獄アフィリエイトで1ヶ月100記事外注化!100人以上雇ったレビュー【購入特典あり】

その人たちの言うことを徹底的に守ってやって、そのうちにこうやって工夫した方がよくないか?みたいなのが出てきて、教科書のルールを破って成果が出たので、僕の場合は外注化に進んでいきました。

「脱獄」は外注化の教材なんですけど、少し物足りなかったので、自分なりのアレンジを加えて、100万円までたどり着くことができました。

守破離の、「守」ですね、「脱獄」は動画の教材ですけど、耳がちぎれるくらいまで聞きました。そこまで聞いたからこそ、「破」に進むことができたんだと思います。

それまでは、休みもなく、大変な時期でした。成果が出るまでの最初の1、2年は泥にまみれて死ぬほど作業するってことです。ほんとうに、めっちゃしましたあよ。フリーの日は6-22時作業が当たり前でした。人生で一番働いていたなあと思う時期w

まとめ

ノウハウコレクターの心理ってのは、楽しようとしていたり、情報の取捨選択能力がなく人を信じない人が多いです。

ノウハウコレクターに対しての対策としては、今持っている教材のうちの1つをやりきること、こいつだ!と思えるメンターのような存在を見つけてその人の真似をすることが大切です。

そのメンターの基準は、100万以上の月収、ビジネスの原理を知っているかどうか、単純に好きかどうか、自分の理想を歩いているかどうかというところを見てもらえれば良いと思います。

ノウハウコレクターは、弱すぎ、クソすぎ、アホすぎなクソ社畜だと思いますので、ぜひ脱出してもらえたらと思います。

以上、ひろきんでした。

ありがとうございました。

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA