サイトアフィリでライバルを見て「俺には無理だ」と思う社畜へ

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:採用スペシャリスト(今まで500人以上一人で雇った経験あり)、ブログマーケティング、ブログ集客、記事外注化 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年で本業の収入を超えたため社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間300冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

まいどひろきんです。

今日はこんな話。

動画でも見れます↓

今日もクソ社畜の皆さんに向けて、謙虚に低姿勢に有意義な情報を罵らせて頂きながらお伝えしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致しします。

今日のテーマはコチラ!ライバルを見て俺には無理だと思う社畜へ。

ライバルを見て「俺にはもう勝てない…勝てんからやる気出んわ…」と思う方もいらっしゃると思うんですが、

何を言っているんだ!!

という話です。

なぜ真っ向勝負するのか?

強いライバルと戦う時の第一原則
なぜ真っ向勝負するのか、真っ向勝負するな!

なぜ強いライバルと真っ向勝負するのか。

例えば転職サイトを運営しているとします。リクルート社のような大企業がライバルとしていっぱいいるところでなぜ勝負をするのか。「リクルートに勝とう!」って、“え、何言ってんの?”っていう話です。勝てるわけないじゃないですか!

リクルート社に勝つくらいの大企業じゃないと、個人でサイトを作っていても到底勝てません。大企業っていうのは資金もあって、1個のサイトを作るのにウン千万というお金をかけてでもガンガン作ってくるんです。

それに比べてそんなにお金のない個人がどうやって勝っていけるのか、なぜそこで勝とうとするのか。「もう勝てんわ…」って、当然じゃないですか!

しかし、そういう事を考えてしまいやる気が無くなっているのはもったいないので、真っ向勝負をしないためにはどうすればいいのかというお話をさせて頂きます。

フィールドをずらす

真っ向勝負をしないためには、フィールドをずらすということがすごく大事です。

僕の場合でお伝えすると、ひろきんサイトというのは

  • みんなネットビジネスしましょう!
  • 誰でもいいから、社畜でも社畜じゃない人でも、ネットビジネスは今からの時代絶対やったほうがいいよ!
  • 稼げる稼げないは別にして、すごく勉強になるから誰でもやりましょう!

っていう話をしているんです。

でも【ネットビジネス】とか【アフィリエイト】というキーワード検索で上位表示できるかって言われると、まぁ無理なんですよ。だって周りが強すぎるもん大企業や最強のアフィリエイターがいっぱいいる中で、このキーワードで勝てるわけないんです。

このキーワードでも記事は書いていますが、勝つために書いてるんじゃなくて“僕もちゃんと分かっていますよ!知ってますよ!”っていう意味も込めて書いてるんです。この記事でネットビジネスをやってる人やアフィリエイトをやっている人に勝てるとは思っていません。

じゃぁ僕はどこで勝とうとしているのかというと…

僕のフィールド
【公務員】というキーワード

僕はもともと公務員だったので、【公務員】というキーワードに対しては勝ちたいという気持ちでいたんです。だから【公務員】というキーワードで攻めていきました。

僕の記事を見てもらったら分かると思うのですが、公務員という言葉を結構色々入れているんですよね。そうやって、ネットビジネスとかアフィリエイトとは関係のないようなところから狙っていきました。

【公務員】のキーワードに対するライバルってどうなのかというと、まぁ弱いです
【公務員 転職】とかになるとライバルも強くなったりするんですけど、めちゃくちゃ弱いところは弱いんですよ。なのでそこで戦っています。

でも僕は、検索で1番を狙ってはいないんです。10番目くらい、「1ページ目に入ればいいなぁ」くらいのノリでやっています。

個性を出して心を掴む

現状、検索で1番を狙わなくても僕は稼げているんです。なぜかというと、個性を出せば少ないお客さんの数でもビジネスになるから

僕くらいのサイト規模やYou Tubeのメルマガ登録者数で、僕ほど稼いでいる人はほとんどいないんじゃないかと思うんですよ。You Tubeでいえば今700人くらいなんですが、でも年収は5000万円いってるんです。

ここまで稼げているのは、数百人のむちゃくちゃ濃いファンの方がいるからこそです!僕のことを見て、「あーこいつクソだなー。」と思いながらも、動画を見てくださるファンの方がたくさんいらっしゃるおかげ!あざっす!

僕は公務員というフィールドを選んで攻めているわけですが、そもそも公務員ってお堅い仕事なんですよね。だから周りの記事とかを見ていてもお堅い記事がたくさんあるんです。その中で僕は、すっげー適当に書いてるんですよ“公務員終わってまーす!”とか、“う○こブリブリー”みたいなノリで!(笑)

元々お笑い芸人を目指していたというのもあったんで、その辺もちょっと取り入れてお茶目に記事を書いているんですけど、そんな感じで個性を出していくと

  • ひろきんさんっておもしろいですね!
  • 公務員って堅いイメージだと思ってたけどこんな人もいるのかと思いました!

みたいな感じで、結構ファンになって下さるんです。そこで僕のブランディングが出来たのです。元公務員でお堅いと思いつつも全然クソみたいな人間だっていうそのギャップを、僕は生み出しました。

人間ってギャップに弱い生き物ですよね!そういうギャップを自分で作り出したことによって、別に1番にならずに10番目くらいでも十分稼ぎ出したっていう感じです。

強いライバルも弱いライバルもしっかりチェック

強いライバルをよく見る方はいらっしゃると思うんですけど、弱いライバルもしっかりとチェックするべきです!

前述したように、大企業や強いライバルを見て「もうこれは勝てんわ」って思ったら、もうそのフィールドで勝負しないことももちろん大事です。

逆に弱いライバルを見て、「ここで勝てるのか?こいつらはどんなものなのか?」と考えることも大事です。

弱いライバルを見て“こんなレベルでも検索上位にこれるのか!”とか。pvのアクセス数がサイドバーに書いてあるものなら“まじで?このレベルのサイトでこんなにアクセスあんの?”ってなると、“あーこれなら絶対勝てる”ってテンションアゲアゲになるんですよ!

そういう感じで、どんどん弱いライバルがいるところを攻めていくんです。そこを狙っていって個性をボンボン出していけば、十分に稼げるビジネスになっていくのです。

自分の普通≠人の普通

個性を出せといわれても、「おいひろきん。お前はお笑い芸人をやったり元公務員だったり、普通の人とはずれたことばっかりやってるから個性を出せるんだろう!」みたいに思われるかもしれません。

公務員を辞める人なんてなかなかいませんし、お笑い芸人を目指していたのに公務員になるなんて訳わかんないですからね。

でもそれは全然違います。

なぜかというと、自分が普通にやっていることは、他人からしたら普通ではないんです!皆さんに共通して言えることなんですが、このことを忘れている人が結構いらっしゃいます。

僕はサイトアフィリエイトをするにあたって“外注化”をしているんですね。常に100人くらいを雇って記事を作って頂いて、毎月100記事ぐらいをコンスタントに記事作成しているんです。これって僕からしたら普通の事なんですけど、他の人からしたらあり得ないことなんですよ。

それがあり得ないと分かったのはなぜかというと、昔twitterで
“100人雇って、100記事以上毎月あげてます。自分で記事書いていません!”
と投稿したら

「そんなのウソだ!!」みたいなことをボロクソ言われたことがあって…。

“ふざけんな!やってる!ほんまじゃー!”

って画像をバンって載せたりしていたんです(笑)。
その時にメルマガ登録者数が一気に100人以上バンって増えて、イエーイって感じにもなったんですけどね(笑)。

あとは、月収1000万円くらい稼ぐようなスーパーブロガーやスーパーアフィリエイター達が3人くらい集まる会にコンサル生の方が行ってきたそうなんです。

そこで外注化の話になった時に、“なかなか人が雇えない”、“雇ってもいい記事をあげてくれない”、“外注費が結構かさむ”とそのスーパーな人達もすごく悩んでいたらしいんです。

それを聞いたコンサル生の人は、「僕はひろきんのおかげでそこには悩んでいない!ひろきんの外注化のやり方は非常識なんだ!」と思ってくれたそうですごく嬉しかったんです。

僕にとっては当たり前のことなんですけど、たとえ月収1000万円稼いでようがその人達はそういう外注化のやり方を知らないんです。そこに外注化のやり方を持っていけば、買ってくれるかどうかはわかんないですけど売れやすいよね。

自分が持っている技術っていうのは、他のフィールドに行ったら超貴重な情報ということがもう往々にしてあるわけです。

サイトアフィリエイト記事「外注化」まとめ〜経営クソ素人が人雇う〜

価値提供

自分で作っているサイトや何かモノを売りたいっていう時に、どうやってそれを個性と一緒に打ち出していくのかという話をちょっと深堀りしていきます。

それは、価値提供すればもう勝ちなんです!お客さんが喜んでくれたら別に何を提供しようがいくらで売ろうが関係なし!ただし、喜んでもらうために重要視しなければならないことがあります。

価値提供する際に重要視すること
  • 売るもの…勉強する、調べる、サポートを充実させる
  • 共感

お客さんが商品を買う時の基準には、この二つがすごく大事です。

売るもの

売るものに関しては、勉強しまくる!調べまくる!っていうのがすごく大事になってきます。勉強しまくって、調べまくって、サポートを充実させていきます。

ひろきんサイトに関して言うと、僕はネットビジネスやアフィリエイトのやり方を死ぬほど調べて月収100万を超えるところまで頑張りました。そのやり方をサイトやメルマガで教えているんですけど、スカイプ相談やメルマガ発信という形のサポートを充実させることによってファンがついてくれたのです。

ちなみに、メルマガ読者さんのこんな相談にものっています!

仕事辞めてからネットビジネスに取り組むべきか?読者からの相談

 

こういうことをやりながら僕は公務員っていうキーワードのフィールドで10番目以下なんですが、

  • コイツはなんか面白いぞ!
  • お笑い芸人目指してたなんて、わけわからん奴だ!
  • スカイプ相談もしてるしメルマガもやってるのかー!
  • ちょっとこいつ確認してみようかな!

みたいに思って頂けている方が多いのかなぁと自己分析しています。

共感

あともう一個大事なのが共感してもらうということ。共感していただくっていうのはむちゃくちゃ大事です。これをなかなかやっていない人が多いです。

例えば僕の場合で言ったら、
“公務員っていうのはすごくしんどい仕事だから、公務員をやめてネットビジネスで生きていくという道もあるよ”っていうことを伝えています。

でも公務員っていう仕事がもう最悪に悪い訳じゃなくて、
“むちゃくちゃいい仕事だからそれを別にやめる必要はないけど、辞めたいんだったらこういう道もあるよ”
と、けちょんけちょんに言いつつも、いいところもちゃんと言っているんです。

こんな感じで伝えることで、感してくれる人は沢山いらっしゃいます。

価値提供(売るもの・共感)の実例

サイトを作っている方は〈転職〉とか〈出会い〉、〈クレジットカード〉、〈ダイエット〉、〈物販〉、〈投資〉などのジャンルの方が多いと思うんですが、どうやって共感を生んで集客していくのかというところまで話を掘り下げていきます。

どのジャンルでも同じなんですが、成功談・失敗談も作らないとダメです!これが大企業なら成功も失敗も口コミが色々あるんですが、個人で勝とうと思うなら成功談・失敗談を大企業より詳しく書くしかないです。

自分の経験があればむちゃくちゃ濃く、

  • こんな時にはこういうことがあって…
  • その時の時間は何時で…

など、超リアルに1時間ごと位でピンポイントに細かく書いていくんです。

 

それによってリアリティが増して、

  • この人ほんまに失敗したんだろうな…
  • この人本当に成功したんだな!

って、どんどんその人が魅力的になってくるわけです。

そこを端折ってさくっと書くのではなく、濃く書く。そういう個人の経験っていうのは大企業には真似できないので、ここで差別化するしかないわけです。

 

自分の体験談だけじゃなく、他の人の体験談も同じように詳しく書きます。自分がインタビュアーみたいな感じで、

  • こういった経験があったんですね
  • 私もものすごく共感できます

と、他の人の成功談・失敗談を入れることによってすごく人間味があふれる情報が増えます。

 

大企業っていうのはそういったところが苦手なので、そのフィールドで戦うと勝てるわけです。もちろん【転職】とかそんな大きなキーワードでは絶対勝てないですよ。大きいものではなくて、ものすごく小っちゃいキーワードでロングテールを狙っていくわけです。

その小さいキーワードを3~5個くらい出して狙ったフィールドの中で感情的な部分をいれた記事を書く。すると、10人くらいしかアクセスがなかったとしてもその中の1~2人がめちゃくちゃファンになってくれるます。

大企業は浅いファンが多いんですが、僕らのような個人は濃いファンを少なくでいいんです。それでも勝って行ける。それがこれからの個人の戦い方にもなっていくんですね。

ライバルをみて、「俺には無理だ…」って思うんではなくて、ライバルはライバルのやり方。俺たちは俺たちのやり方。個人はそういう戦い方をしていかないといけないのです。

で、僕はそういった感情的な部分に加えて勉強したり調べたりしたことを入れて集客記事を書きます。
例えばダイエット関連だと、中性脂肪がつく原因とか誰が書いても同じような記事になる。

そういった不変の情報っていうのは集客記事になるので、外注化して外注さんにお任せしていくというやり方が最強ですね。僕は今、このやり方が個人で儲かっていくには最強だと思っています。

 

そして僕は、【公務員】から付随してJA農協の話で以前コチラの記事を作ったんですが…

JA(農協)は公務員じゃないし給料年収は低い。社畜の極み自爆営業

これが今、閲覧数第1位なんです。、キーワードボリュームとしてはむちゃくちゃ少なくて1か月に100~200人アクセスしかないと思うんですけど、そこからたくさんのお客さん来てくれています。

  • 私はJAの者なんですけど、なんでこんなに詳しいんですか?
  • JAのことが詳しく書かれていて共感できる部分がいっぱいありました!
  • ネットビジネスは知らなかったけど、チャレンジしてみたいと思います!

みたいな感じのメールも来ます。

僕はサイトの中で、最終的にネットビジネスしようっていう結論に持って行ってるんですけど、お門違い・畑違いと思う人もこうやってネットビジネスに興味をもってくれたりするわけです。

この動画でいえば、【ネットビジネス】や【アフィリエイト】っていうキーワードや場所では戦っていなくて、【JA農協】っていう場所で戦っているんですよ(笑)。だから、全くネットビジネスに興味がない人たちに興味を持たせるっていうやり方ができると、もう最強なんです!

興味がない人を取り込む

ピラミッドで考えてみると、上層階のネットビジネスに興味のある人というのはネットビジネスもアフィリエイトも知っています。ですが、人数が限られているしライバルも強いんです。

僕はピラミッドの下層階の人、「ネットビジネスって何?アフィリエイトって何?」って、そんなこと聞いたこともない人たちをターゲットにしたのです。なぜこっちの方がいいかというと、この下層階のターゲットにはあり得ない母数がいるわけですよ。全世界の人たち、日本の人全員がターゲットになるんです。

その分興味を引くにはすごく難しい部分がありますが、だからこそそこに感情を沢山いれる!成功談や失敗談を入れることによって、100人とか200人のうち2~3人だけでも魅力的に思ってもらえればビジネスは成り立つのです。

100人が来て100人全員がすげー!って思ってくれるわけはないので、そこは数人程度でもいいんです。この辺の話はコチラの動画で詳しく話しているので見てみてください!

「ファンの作り方」 コアなファン10人いれば 100万稼げる7つのメソッド

 

公務員に関しても、

  • 公務員て鬱の人多いよね
  • 鬱になったら休職するよね
  • 休職したらどういう制度があるの?

みたいなことをめちゃくちゃ調べて書いたんです。

公務員が休職する理由第1位「うつ」休職中に絶対やるべきこと3選

そしたらその記事を見て実際に休職されている方から、

  • 休職の制度の事をすごくわかりやすく書いてくださってありがとうございます!
  • 僕も今休職中でこれからどうやって仕事しようか悩んでいます。
  • ネットビジネスを初めて知りました、これから頑張ってみます!

と言われ、「あー、こういう人生もあるのか!」と僕の記事が影響を与えることもあるのです。

 

公務員しながら不動産をやってたことも以前記事にして、

  • 不動産はいいけどリタイアするところまではかなり時間が遠いよ!
  • だからこそ不動産やりつつもネットビジネスしたほうがいいよ!
  • っていうかネットビジネスの方がいいよ!

っていう話をしているんです。

不動産投資VSネットビジネス。不動産投資の実際の利益収入公開

そしたら不動産やってた人達から、「不動産で築いていこうと思っていたけど、ネットビジネスの魅力を感じたのでこっちで頑張ってみようと思います」みたいなメールをいただくこともあります。

まとめ

ライバルを見て俺には無理だって思う社畜へ。

当たり前です。

ライバルを見て俺には無理だと思う社畜へ
  • 強いライバルを見て「俺には無理だ」と思うのではなく、弱いライバルを見て調子に乗ろう!
  • 強いライバルの出ないフィールドで勝負し、自分の売りたいものを売ろう!

話しすぎた感があってかなり濃い内容になっちゃったと思うんですが、どんどん吸収していただけたらと思います。

ということで、ひろきんでした!ありがとうございました。

 

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA