JA(農協)は公務員じゃない?低い給料年収/自爆営業から抜け出す方法

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:マーケティングコンサルタント(年収9桁超えの超有名ブロガーのコンサル経験あり)、You tuber&ブロガー(1ヶ月100動画&100記事投稿)、外注化スペシャリスト(今まで1000人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年目で合計売り上げが総理大臣の給料並になったので社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。2019年の年収は5000万。2020年は3億目指して邁進中。年間1000冊読書しています。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間1000冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

まいどひろきんです。

JA(農協)は公務員なのか?
給料はどうなのか?
JA(農協)に内定したけど就職して大丈夫?
辛いことはある?

などなど、JA(農協)に就職することを考えると色々疑問が出てきませんか?

今日はそれらの疑問に対する答えと、ツライ現状から抜け出す方法をまとめました。

JA(農協)で働くことを考えている方や、不安な方はぜひ参考にしてくださいね!

 

JA(農協)は公務員じゃないの?

JAは公務員じゃないの
JA(農協)は公務員ではありません。

公務員と勘違いされている方もいるようですが、JAは行政が経営しているわけではありません。

つまり、公務員ではありません。

公務員は国民全体のために仕事をしますが、JA(農協)は農家さんのために仕事をする、というイメージです。

  • 地元の野菜や特産物をJA(農協)のイベントで扱う
  • 農家さんは農業を続けるのに必要なお金JA(農協)から借り入れたりすることも多い

ということがあるので、公務員よりも農家さんと深くかかわりたい、近くでサポートしたいという人は公務員よりもJA(農協)の方が良いのかなとも思います。

ただし、配属先にもよりますが、営業などをするポジションの場合、相手は良くも悪くも地元の人ということになります。ちょっと変わったことをしたり、ミスをしたらすぐに噂になることもあるようです。

あなたが仕事は仕事、気にしないというタイプでなければ、検討した方が良いかもしれません。

 

JA(農協)の給料、年収の現状は…

JA(農協)の給料、年収の現状は…
JA(農協)の年収は公務員や一般の会社の平均などと比べると低い

JAで働くつもりで調べているあなたには、ガッカリな情報かもしれません。

JA給料の平均は

  • 20代 18万円
  • 30代 24万円
  • 40代 40万円
  • 年収で見てみると、200-400万が一番多い。

とのデータがあります。

初任給は100%で10万円代ということです。

しかも、手取りにすると

  • ほぼ40歳で手取り19万円
  • 50代支店長で手取り25万円

なんていう話もあります。

恐ろしくて時給計算したくないですね。

これを公務員と比べてみます。

総務省が毎年、公務員の平均給与額を発表しています。

▼公務員の平均給与月額

公務員の平均給与額

引用:総務省

JA(農協)だと40台になってようやく地方公務員の平均を超えられるか、といったところでしょう。

さらに、後ほどもご紹介する「自爆」が年100万円という人もいるらしいので、そうなるとこれはかなりきついのではないでしょうか。

生活できるのか?というレベルですね。

JA(農協)は一人暮らしは無理、っていう方もいるのがよくわかる額ですね。

JA(農協)は安定だから、といって就職する人もいるようですが、実家暮らしならまだしも、家族持ちの30代以上とかになってもこの数字なら、本当に安定といえるでしょうか。

あなたももしJA(農協)への就職と一人暮らしを同時に考えているのなら、よく考えてみてくださいね。

ちなみに、日本の平均年収は430万といわれています。それに比べるとJAは大きく下回ります。大きく大きく、です。

 

実は貯蓄が多いJA(農協)職員。その理由とは

JAの人でお金が比較的ある人もいます。

例えば

  • 元々お金持ち
  • 農家さんとの兼業
  • ノルマや最新情報をもらうことで保険などに入りやすい(掛け捨てではないから、ある意味資産運用)
  • 忙しすぎてお金を使う暇がない

などです。

つまり、元々お金がある人とか、農家さんとの兼業なら、問題ないかもしれません。

ただ、「ノルマや忙しすぎの結果、お金が貯まる」っていうのは、良いのか悪いのか…。

もっとブラックな職業はあふれていると思うので、農協はまだいいと思う方もいるかもしれません。

僕の公務員の元職場のように、自殺やうつが頻繁にあるかどうかは謎ですが(このことについては「公務員が休職する理由第1位「うつ」休職中に絶対やるべきこと3選」で書いています)、このお給料で仕事が大変って、聞いただけでうつになりそうです。

そんな農協の仕事内容。いろいろ調べてわかったことをまとめます。

 

JA(農協)の仕事でここがツライ #自爆営業

JA(農協)の仕事でここがツライ #自爆営業
自爆営業
自爆営業とは、ノルマ達成のために自分で自社の保険などに加入して売り上げを達成すること

JA(農協)できついのがこの「自爆営業」。

特に一年目のペーペー新米にはノルマ達成はほぼ不可能らしく、親戚やツテを回って商品を購入してもらう必要があるようです。

想像してみてください。ノルマを達成しないのも辛いけど、知り合いに頼み込むっていうのもまた辛くないですか。

なんかネットワークビジネスに似てますよね。

ちなみに、こんなノルマの例があります。

共済保険推進ノルマ

共済の推進はやはり最も過酷で大変。農協内でこれ以上難しい仕事があるのか?と。特に若年層や管轄地域外に住む職員とかは親戚・友人のストックが切れた時点で終了。

契約が取れない分は自爆しかなく、かといって給料は上がらないわで八方塞がりとなる。この辺りで辞めるという選択肢が色濃くなってきます。

中には、爺婆を騙すのが心苦しくて、、、なんて、自己を正当化する表現もあります。

購買推進ノルマ

合併JAとなって全国的に少なくなってきたとはいえ、まだまだ購買品の推進(押し売り)は続いているようです。昔は生活用品の供給といえばJAの得意分野でしたが、時代は変わってしまい、同じ商品でも他所より高く売らなければ成り立たない商売となってしまいました。

「JAに雇って貰ってるから」という理由で不必要な物まで買取りさせられたり、不要なものを売りつけるのは本当に嫌なものです。時代に合わない代表的なものは次のとおり。

スーツ・宝石…農家が経費で落とせないものは押し売りです。付き合いで買ってもらっても一生シコリが残ります。

家電…ネット通販全盛の今、時代に合わないね。専門職員がいないJAは、価格面で勝てないし、アフターサービスでも勝てない。「代金決済が口座引き落とし可」を謳い文句にすれば、年寄り達には需要があるかも。

http://moviethomas.blog87.fc2.com/blog-entry-165.htmlより引用

商品を「騙して買ってもらう」って思ってしまうようなやり方はアカンですよ。この考え方を持っているだけでビジネスは絶対うまくいくわけないですね。

そういうのって伝わるものです。「こいつは買う価値があるな。」って思ってもらわない限り、売り上げなんて上がりませんよ。

そこを「義」で売り込む。さぞ苦しい営業をされているでしょう。

どんな商品にもかならずメリットはあるし、そこを押す必要はあります。それが仕事、プロってやつですよね。会社に就職すれば、時には「100%自分の大好きなもの」ではないものを扱わないといけないです。

だけど、押し売りしている、という意識がぬぐえない商品ってどんなのなんだろうと思いませんか。

売りたくないもの売り続けられますか?

心苦しく騙しながら自分がいらないと思う商品売るより、人の役に立つと思える商品を、自分でサイトを作って売る方が一万倍楽な気がしないでしょうか。

農協の人こそ、そのスキルがある、もしくはこれから身に付けるのであれば、僕がやっているようなネットビジネスやったらすぐ結果出ると思います。

 

 

JA(農協)や公務員につきものの転勤や異動。知られざる裏事情

JA(農協)や公務員につきものの転勤や異動。知られざる裏事情

転勤や移動が頻繁にあるの理由は「不正をなくすため。職場の活発化」と言われているけど、実はそれは建前であって、本音は違うようです。

この辺りは公務員と非常に似ていますよ。

農協の転勤制度の本音はこんな感じ。

農協職員には、3年ごとに定期の異動がやって来る。

「人事ローテーション」と呼ばれるシステムが、農協内に有るためだ。

同じ場所に同じ人間を長居させると流れが淀み、業務が滞る。

それを防ぐために、定期的に別の場所へ機械的に移動させる。というのがその趣旨だ。

 だが、実施方法におおきな問題が有る。

 

人材を適所に、それぞれ配分していくわけではない。

ただ単に人を動かす

だけのことだ。

例えば。スーパーで3年間、レジ打ちを担当していた女の子が、いきなり農機具の販売に回される。

農機具からはみ出た男の子が、まったく未経験の不動産売買の窓口へ回される。

不動産部でアパートを担当していた女子職員が、次の日からグリーンハウスで

肥料や農薬を売っている。

まったく根拠をもたない職員の移動が、こうして3年ごとに繰り返される。

 「人事ローテーション」は実は、上部組織の中央会から押し付けられたものだ。

この「人事ローテションは」、百害あって一利も生まない。

金融部門などで長期間「同じ部署」や「同じ業務」、「同じ地域の担当」にいると

不正を生む温床になるので、適宜に移動させるという考え方は有る。

だが熟練したレジ打ちを次の日から、農機具の販売へまわす理由はどこにも無い。

仕事に熟練した職員や、専門業務に精通した職員がつぎつぎに生まれると、中央会が困る

農協の上部組織。県単位につくられている中央会や全国をまとめている中央会は、

下部の単協の業務を指導することで、多大なマージンを吸い上げていく。

下部の農協を管理し、指導することで存在する意義を持つからだ。

職員が業務に精通し、単位農協が技量を身に着け始めると、指導の必要性が薄くなる。

そうなる前に農協と職員の成長の芽を、事前に摘み取る

これこそが中央会がすすめている、「人事ローテーション」の本当の狙いだ。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881718000/episodes/1177354054881718009より引用

すごい皮肉たっぷりの意見ですが、すごく賛同してしまいました。

まさにこの通りで、転勤や移動は、やる気を産むんではなくて、やる気を摘み取る原因にもなります。

ストレスランキングで「住宅ローンの返済よりもストレスが溜まる」のが異動。この異動でストレスを溜めて転職する元気は吸い取られる。元気を吸い取られたわけではなくても、転職しようと考えている時に異動を言い渡されて、思いとどまった人もいると思います。

農協でも公務員でも、こうやって全く畑違いの場所に異動させることで「指導する」っていう仕事を作ってもいる。スペシャリストが出てきたら、上の人の「指導するっていう仕事」は無くなるし、都合がめちゃくちゃ悪くなるんですよね。

もちろん、長くいすぎるとだらけや甘えが生まれたりするのもわかるし、いろんな視点を知っておくほうが仕事に良い影響をもたらすときもある。

ただ、その正義だけが現実ではないということを、頭の片隅に入れておいた方がいいかもしれない。いざ自分の番になった時、判断を誤らないようにしましょう。

 

JA(農協)の低い給料や自爆営業、辛い、辛そうって思いますか?

JA(農協)、辛いって思いますか?

「組織のため」に、元気に滅私奉公できる人は農協や公務員を目指すのもありかと思います。辛くないよっていう人ももちろんいると思います。

でも、あなたはどうですか?

他の人の実際の声も聞いてみましょう。

新人農協職員ですが仕事辞めたいです。

仕事だと割り切らなければいけないのでしょうが、
自分自身農協の商品を使いたくない。もっと特化した会社の商品を使いたいと思っています。
なので車両保険を農協に切り替えるのはかなり嫌です。
そう思っているのに他人や親や親戚に農協の商品を進めることはできません。
何も魅力を感じない商品を勧めなくてはいけないと思うと嫌で嫌でしょうがなくて涙が出てきます。
けれどいずれお金の為に回らなくてはいけません…

もう仕事辞めたいです。
でも私は縁故で入組しました。

辞めるなら若いうちに辞めて
親を当てにしなくても済むような仕事を探したいです。
でも親に相談すると、仲立ちしてくれた人間の顔が潰れると怒られます。

本気で悩んでいます。
毎朝行きたくなくて涙が出てきます。
アドバイスください。

知恵袋より引用

それ、仕事なんでしょうか?

自分で自分の会社の商品買わないとノルマ達成できないってのは、もうすでに経営破綻も同然だと思う。

農協は農協社員の自爆営業がなかったら潰れるんでしょうか。それって、ビジネスモデルとしてはもっと改善しないとダメじゃないですか。

建前はわかります。誰にだってあります。でも親も最後は結局、子供に幸せになって欲しいと思いますよ。絶対。

 

JA(農協)から転職したい、低い給料の辛さから抜け出したいと思っているなら

転職や低賃金で悩んでいるなら、僕的には「自分でビジネスを始める」のが一番いいと思っています。

自分でビジネスをするというとものすごくハードルが高いことのように思うかもしれませんが、時代が味方してくれています。

今なら、月10万とか本当にすぐに到達できます。それなのにやっていない人が多すぎて本当にもったいないと思います。そんな世界あるって学校で誰も教わってないからね。

日本って、良くも悪くも、収入のためだけではなく「誰かのために働くのが素晴らしい」っていうことが文化のようなものでもあるので、「自分一人で自分のために何かする」っていう風になりづらいのかもしれません。

でも、気づいた人だけが得をする、ってなっているのが資本主義の構造なんですよ。それを感じ取れたなら、行動しましょう。

これからの時代に沿った仕事を動画で紹介します。

「副業5選」として紹介していますが、本業の収入を超えたらそっちを本業にし、今の仕事を辞めることだって可能です。

もしまだ働いていないなら、今から始めてみてください。結果によっては就職を再検討しても良いですしね。

むしろリスクを減らすために、今の本業や内定はキープした上で、この動画で紹介しているように副業をやる、というのがおすすめです。

これからの時代には合っていますが、それぞれどれがあなたに合うか、というのはやってみないとわからないですからね。

大事なのは、もし一個やって駄目でも、「やっぱりだめじゃん」とならないことです。

とにかく、行動しましょう。

あなたが悩んでいたり、辛い思いを既にしているならそれは飛躍のチャンスです。

幸せでのほほんとしている時よりも、「現状を変えよう」というエネルギーがあるんですから。

これに気づくことできたあなた。更に自分で稼ぐことが簡単って信じられたら、人生も変えられますよ。

ガラっといきなり変えなくてもいい。角度にして1°だけ、自分を変えてみませんか?

そうしたら、だんだん、最初とは違う景色が見えますよ。

僕もサポートします

まずは、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございます。

僕も以前、ツライ思いをしてきました。その時のことは「公務員が休職する理由第1位「うつ」休職中に絶対やるべきこと3選」で書いています。

しかし、そこから抜け出せたんです。

僕はネットビジネスに出会ったことによって、
今では

起きたい時に起きて、
好きなものを食べて、
好きな時に仕事をして、
好きな時に旅行に行ってます。

起業して100万円稼げるようになった時のことを「マジ……?公務員辞めたい…?僕が起業して100万以上稼いだ流れ暴露するわ」で書いています。

この経験があるからこそ、あなたが少しでも僕と同じように辛い思いをしなくなるよう、お手伝い出来たらと思うんです。

そこで、二つのご提案を用意しました。

①無料でビジネスに関する役立つ情報を発信

一つはあなたに有益な情報を発信すること。

TwitterYouTubeでも具体的な方法から、思考法までビジネスをするのに役立つ情報をお伝えしています。

さらに、無料オンラインメール講座に登録していただければ、コンスタントにそれをお届けすることができます。

サイトを作る方法、利益を生む仕組みを作る方法、とか。ビジネスに大切なこともお伝えするので、JA続けながらでも使える情報があると思います。

お給料や仕事内容で辛い中でも、成長している自分を感じてもらえたら、仕事がスムーズに行くようになったら、前向きになれるかもしれません。

一度試してみませんか?

②有料サロン

そして、二つ目は「もうほんと環境変えたい!」って思っている人向けのお話です。

初心者の方でもネットビジネスできるようになるための、オンラインサロンを作っています。

変えたい、ネットビジネスしたいって思ってても、何をどう行動すればいいのさ、って思っているあなたにおすすめです。

有料にはなりますが、その分、それ以上の価値を作っていきますよ。一緒に頑張ってみませんか?

ーーーーーーー

あなたが少しでも自由とその先の幸せを掴めますように。

最後までありがとうございました!

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA