今まで動画1000回撮ってきて 変わったこと

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:採用スペシャリスト(今まで500人以上一人で雇った経験あり)、ブログマーケティング、ブログ集客、記事外注化 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年で本業の収入を超えたため社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間300冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

まいどひろきんです。

 

今日はこんな話。動画でも聞けます↓

 

今日もクソ社畜の皆さんに向けて有意義な情報を、謙虚に低姿勢に罵らせていただきながらお伝えさせていただきたいと思います!

今日は「今まで動画1000回撮ってきて変わったこと」についてお話していきます!

動画1000本突破!

僕の動画もとうとう1000動画を突破しました。ただ、そのうち公開しているのは200動画位で、非公開の方が多くて800位あるんです。

これは記事の外注化の添削などをすべて動画で行ってるので、毎日のように動画を撮ってるからなんですけど、この動画というのは公開していないわけなんですね。

サイトアフィリエイト記事「外注化」まとめ〜経営クソ素人が人雇う〜

 

後は自分の外注化の教材とかも作っていて、そこの動画もかなり作っています。それを考えると1000動画以上撮っているんですね。

こんな感じでむちゃくちゃ撮ってきているんですけど、これは去年1年半~2年かかっていないくらいで撮ってきました。考えてみたら毎日1本~2本は必ず撮るようにしてるんですね。

今もなんですけど、もし撮れなかった日があったら繰り越しで次の日に1~2本は撮るようにしています。目標は3本なんですけどこれって結構きついので(笑) せめて1~2本は撮るようにしています。

で、これで変わったことなんですけど…まとめられないので、ちょっと一つ一つ分けて説明します!

動画1000本って全然すごくないっす

まず大前提として、動画1000回撮っていたんですけど、ここで1000回ってすげぇな!とか思われるのが嫌で、いや、全然すごくないっす!と。

なんで僕が「すごくない!」って思えるかっていうと、動画を撮るってことに関しては形に残ることが大事であって、適当でいいし完璧でなくていいんです。むしろ完璧を目指すと時間めっちゃかかるし、ハードル上がりますよね。

なので、本当に適当でいいから動画をガンガン撮っていくっていうのが大事な事です。僕がもしめちゃくちゃ完璧な動画しか上げない人であれば、たぶん2年くらいかかっても100動画も上がらなくて、20~30くらいしか上げられなかったと思います。

編集とかも全然だし、一発撮りですからね(笑) 編集したほうがいいのはわかってるんですけど、そこにかける時間や労力って必要ないなって。

後々していくかもしれないけど、僕の場合は動画を自分の為に撮っているんです。自分がインプットした情報をアウトプットして、自分の頭にインストールしたいが為にやってるんですね。

その日学んだことすぐに記事にして動画にする。知識がすぐ定着するよ。

 

僕がアウトプットしてる情報が誰かの役に立つのであれば、それはそれでいいことですし、それでファンの方も聞いてくれるという感じだともっともっといいなと。

まず、自分ありき。動画ってそれでいいんですよ。その延長線上に「相手のために」というのがあればいいんです。まず自分の知識にしていくために動画を撮るのが大前提なので、再生回数とかってのはほとんど気にしてないです。

ただ、この動画はあんまり需要がないんだなとかたまに見て、再生回数が多い動画に関してはそこから横展開で、その動画に合った別の動画を撮ったりはしますけど、基本的には自分が好きな動画を撮りますし、自分が読んだ本などについて動画にするという感じですね。

それでは、1000回撮ってきて変わった事について一つ一つ説明しますね。

動画で「話せる」ようになった

動画を1000本も撮ってるうちに…なんか話せるようになってるんですよね(笑)!

なんか気づくとパソコンの前で一人で笑いながら喋ってるんですけど、そんな気持ち悪いことを普通にできるようになりました(笑)

これは本当によかったなぁと思います!

なかなか一人でしゃべり続けるのは最初は難しくて「あー」とか「えー」とかばかり言ってたんですけど、なんと言うか、こうして一人で動画を撮って喋ってるのって、なんかセミナーとか講演会を一人で勝手に開催しているような感じなんですよ。

近いうちにそういった大きな場所に登壇とかしても、僕はたぶん喋れるだろうって思いながらやってるんです。いや、まぁ登壇するようなことはないでしょうけど(笑)

まぁ、こんな感じで慣れてきて動画で話せるようになってきたんです。中には「あー!もう喋ることねぇな!」なんてのも赤裸々に告白したこともあったし「もう動画やめます!あざしたー!」なんてのもありましたし(笑) なんて適当な動画なんだって思いますけどねw

それでもどんどん自分の為に撮っていって、その先に誰かの為ってのがあって、そういった感じで撮っていくと、「この動画人気でないなぁ」とか考えなくていいです。動画ってのは自分のインプットの為にやるってのが大前提なんで。

で、次なんですけど・・・

喋りたいときに「場繋ぎ」でいう言葉が無くなった!

・・・かもしれないすね(笑) 最初のほうに比べたらましになりました!

最近でも僕はちょっと間が空いたり、自分の口癖で「ということで」「てな感じで」とか結構言うんですけど。次のテーマに繋げる為に接続詞的に使ってることが多いんですけど、まぁこれはへたくそですよね。ここは改善していきたいなと。

でも、こういった事って、自分が撮った動画を後で観返したときに気付けるんですよ。今回の動画は「あー」とか「えー」が多いなとか、「中身カッスカスやないかい!」とかですね。

で、次はもうちょっとスムーズに喋れるようにしてみようとか、その為にはもう少し骨組みをしっかり準備しないといけないなとかがわかってくるんです。

一文を思いついたら動画を撮れるようになった

例えば「子供が風邪をひいても自営なら融通利きまくる」みたいな一文が出来たとしたら動画を撮るんですよ。

で、ここに「4つのトピック」を作るわけです。

例えば・・・

  • 自営と公務員の違い(時間の融通の差)
  • 子供は3歳までかなり風邪をひく
  • 自営はやっぱりおすすめ!
  • まずは副業から始めてみては?

 

こんな感じで4つについてトピックを作るわけです。それについて語っていくと。

すると例えば…

『自営と公務員とじゃ時間の融通が利くのと利かないのって全然差がありますよね!』

とかって話していけるわけです。そこから…

『子供が風邪をひいた時にすごく困る人っていますよね?例えば「共働きだったらどっちが休む?」とかでも「先月は2回休んだから今月は休みづらい」とか会社の風習とかの気持ち悪いシステムあるじゃないですか。僕はそのシステム大嫌いだったんで起業したんですけど(笑)』

…とこんな感じで喋れるんです。

1文思いついたらそれに対して4トピック位作ってそれを動画にしていく。それが支離滅裂でも適当でもいいんです。自分が言いたいことを言い続けるっていうことが大事で、それがどんどんきれいになっていくので大丈夫です!

川の中の石も川の流れによってとがった形が丸くなるじゃないですか!…ってこんなめちゃくちゃ下手くそな例えでも僕は全然入れていくんです(笑)こんくらい適当な喋りでいいんですw

話をまとめられるようになった

これは先ほどのお話しとも繋がるんですけど、1個の大きなテーマがあって、そこに小テーマを4つ位足すようにして話をまとめられるようになってきたってことですね。

これが出来るようになると頭の中でもこれと同じことができるようになるんですね。例えば友達と喋る時に自分の中で喋りの導線を作りやすくなるんです。「喋りたいことをきちんと順序立てて喋れるようになる力」がついてきたような気がします(笑) 気がするだけでどうかわかんないですけど。

でも、動画撮ってきてるうちに「動画聞きやすくなってきましたね!」なんて言われて嬉しくて「ありがとうございます!もっともっと罵らせていただきます!」なんて答えさせてもらったりしてます(笑)

後は、この前来たコメントで「声が小さい、きもい」って言われました、すみません(笑) 最近は声を大きくしてます。声が小さい時ってあるんですけど、そういう時は寝室とか子供が寝てる横で撮ってたりするので、小さめの声になっちゃうんですよね。

基本的に声を大きく出せる時には撮ってる感じです。まぁそんなネガティブコメントもいろいろ来るんですよ。

「きしょい」「お前のその声聞いてられない!おっさんが!」とか来るんですけどそんな時は「ごめんなさい(*‘∀‘)」ってかわいい顔文字でも貼ってお茶目に返信してあげたらいいんです、気にしたら負けですから、はい。

誰とも話さないというフリーランスや経営者が持つ孤独感が皆無

起業すると一人でやっていくので人と話す機会が無くなっちゃうんですね。僕がやってるサイトアフィリエイトなんかは人と話さなくてもやっていけるんです。ASPの担当の人や同業者とかとは話すことはありますけど、基本的には一人でやってるんです。

サイトアフィリエイトは難しい?サイトや記事を大量生産すれば必ず成果が出るビジネス?

 

そんな時に孤独感がすごくやってくるんですよね。そうして誰とも喋らない日が続くと、人間って頭がおかしくなってくるんです。なぜかというと人間には社会性がすごく大事で、社会と繋がっているっていう事が心の安心になるんです。

これは心理学でも言われていて、誰とも喋れない場所にいることが一番孤独で辛いらしいです。

なので基本的に誰かと接したいって思うのが人間なんですけど、僕はこうして動画を撮って間接的に読者の方と触れ合えて、コメントを頂けたら「よっしゃコメントキターー!」ってコメントを返していけるんです。

人の記事見て作者に速攻コメント送るやつは絶対すぐ成長するよぉよぉ。

 

そんなやり取りを通して社会性を保ちつつ、心の安定をキープしてる感じですね。最初は誰からも連絡なんて来ないし、メルマガやっても記事書いても何もなかったんですけど、そのうちコメントが来るようになるとめちゃくちゃ嬉しいですから。

なのでそこまで頑張っていただきたいですね!!

なんでも動画にできるという意識になった

「人生すべてコンテンツ」

ってことなんですけど。

本当にぱっと思ったことは「これを動画にしよう!」となんでもコンテンツになっちゃうんです。例えば歩いているときに「ここに保育園できるんだ!」みたいなことがあったとすると「そういえば保育園の入所待ちってなんであんなにあるんだろう?」とか考えて。

それについて検索かけて自分が思うことを発信してみよう!とかですね。

そうするとそこで1文を作って4つのトピックを作って、足りない情報があればリサーチをかけてトピックにして作っていくっていう。これは動画じゃなくて記事の作成でも一緒ですね。この動画で言ったトピックが記事の見出しになるだけです。

動画にするか記事にするかの違いだけなんです。

まとめ

こんな感じで動画1000回撮ってきた事によって、なんでも動画や記事にできるし、何でも形にして残すことができるし、なんでも思考の訓練になるし、自分の考えを発表することができるんだってことを学びました。

これからも1000回で終わらずに2000、3000…1万回でも足りないくらい喋りに喋りに喋りまくって、ありえないくらいの「動画」「記事」という資産を築いていきたいなと思います!

ということで、僕の動画やチャンネル登録者数なんてまだまだへなちょこですけど、これからもっともっと有意義な情報を届けていきたいと思いますので、社畜の皆さんよろ社畜!ということで終わりにしたいと思います!

以上!

ひろきんでした!!

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA