私でも稼げますか?この質問ドウシヨウモナイヨネ

この記事の著者:ひろきん
プロフィール:5年間の公務員時代に副業に取り組み、本業を大きく超える収入を得て退職。
現在は、メディア事業や情報発信をメインに活動。外部パートナーと連携した仕組み化で、労働時間がゼロに近い状態にも関わらず月収100万円を切ったことがない。経営コンサルタントとして、収益が出るサイト制作、SNS活用のコンサルティングやセミナー講師としても活躍しており、YouTuber&ブロガーでもある。また、不動産投資も行なっており、資産は1億3300万円。毎月の家賃収入だけでも200万円以上を得ている。公務員からの脱出劇と自由な生活を手に入れる秘訣を綴った「LIFE BREAK」を出版(メルマガ登録で無料購読可能)。情報発信で稼ぐ方法やこれまでのノウハウをオンラインメール講座にて配信。受講者から多数の成功者を輩出する。
無料のマンガ版「LIFE BREAK」を読む。

動画はこちら

はいまいど~!ひろきんです。

今日のテーマは『私でも稼げますか?』っていうクッソどうしようもない質問に対して、僕の思っていることを、お伝えしていきたいと思います。宜しくお願いします!

ぶっこんだ質問はヤメロ!

僕メルマガさせていただいてまして、公式LINEもやってますし、ツイッター、ブログ、ユーチューブ…まぁ色んなものをさせてもらってます。

その中でですね、まぁ~ナンバー1に多い質問がこれです!

「私でも稼げますか?」

まぁこれね、ガチでメチャクチャ多い質問なんですよ。

じゃあそういう人たちに問いたい!
あと読者の方達にも問いたいんですけど、例えば僕が「すみません!僕オリンピック出たいんですけど出れますか?」と聞いたらどう答えますか?

むっちゃムズくないですか?

疑問1:「競技は?」ってなりません?
疑問2:「どれくらいできるの?」って思いますやん?
疑問3:「今まで何かしたことあるの?」ってなりますやん!

色んな質問返さないと定義できないっすよね?
「私でも稼げますか?」という質問は、これらと同じと考えてください。

実際言われたら分かる違和感

じゃあ僕のこの「オリンピックに出れますか?」という質問を、例えば僕はバドミントンしてるんでそれに置き換えてみます。

バドミントンなんか全く知らない超シロートのあなたに「バドミントンでオリンピックに出たいんですけど、オリンピック代表の百田選手とこの前闘ったときにボロ勝ちしたんすけど出れますかね?」っていったら?

….まぁ空想の世界なんであまり気にしないでください。(←でかすぎる空想スミマセンww)

そうなると、あなたの答えは「そりゃ出れるでしょ!オリンピック優勝候補といわれている人にボロ勝ちしたんでしょ?そりゃ出れるし勝てるでしょ!」っていう答えが導きだされますよね?あなたがどんだけド素人でも想像できますよね。

まぁこれは極論なんで例として考えていただきたいんですけど、こんな感じで何の情報もなしに「私でも稼げますか?」っていきなり言われてもマジで答えようがないんですよね。

もうシンプルに超万能薬的な答えを言うとすると…
「あなた次第です」もしくは「稼げますよ。がんばれば!」
回答はこんぐらいしかないっすよね。

でもその回答聞いて正直嬉しいっすかね?

その回答が何のためになるんですかね?あなたにとって、それが生きる活力になるんでしょうか?って思いません?まぁなるんだったらいいかもしれないですけど、それ聞いても全く人生変わんないですよね。

質問内容も考えモノですよ

いったい何を知りたいんですか?
不安なのは分かるんですけど、クソみたいな質問にも程があるんですよね。
「私にも稼げますか?」って…なんやねんソレ!ってなるでしょう?
こういった類の質問をしている人はちょっと注意した方がいいですね。

僕はインフルエンサーとか有名人に対して「コメントはガンガンしていきましょう!」と言ってるタイプですけど、「私でも稼げますか?」みたいな質問は相手に対して失礼だし、どっちも時間の無駄ですから、止めた方がいいかなという風に思います。

「私でも稼げますか?」っていう質問の裏側にある心理を皆さん考えていただきたいんです。
なんで「私でも稼げますか?」っていう質問をしたくなるんでしょうか?

これは僕の考えですけど、確実に他人依存が抜けてないんだと思います
つまり言い方は悪いですけど…今まで1回も言ったことないんですけど…

社畜ってやつですね!
初めて言いました!  Σ(・ω・ノ)ノ! ハジメテ…ダト???

今まで生きてきて初めて言った言葉です。
すんません!嘘です(笑)日々社畜脱出言うてますwww

たぶん今までそういう質問をしてきてる人って、自分で考えるような仕事というのにあんまり就いてないんじゃないかな?という風に思うんですよね。【指示待ち人間】ってよくいわれてるやつですかね。

搾取されてることに気づかない社畜へ

指示をされることが基本的に多かった人は考える力が著しく衰えてると思うんですよね。
ないとは言いませんけど、ただそういう環境にいたら考えるパワーというのは無くなりますよ。
これは当然ですから、その人のせいじゃないですよ。全て環境のせいですから。

私でも稼げますかって質問しちゃう人
①企画とか営業とか、自分なりに工夫して何とかしないとダメな仕事じゃない人
→自分で内容や展開を考えるので簡単なことでは質問しない

②ライン工場とかルーティンが決まってる淡々とやっていく仕事をずっとしてきた人
→ただ無でする仕事なので自分では考えないで質問する

②のような人は、たぶん上司にも同じように「どうすればいいですか?」とか「何をすればいいですか?」みたいな感じで、自分で考えるんじゃなくて、上司が考えてくれたことを自分がそれをただ単にやるだけみたいな人が多いんじゃないかなと思うんです。

なんで僕がそういうことを言うかというと、僕自身が昔そうだったからなんです。
公務員時代って、良くも悪くも考えたらダメなんですよね。逆に、それが非常に苦しいんですけど…(笑)

僕が公務員を目指した理由の1つとして【考えなくてもいい】という部分があったんです。
考えるのってしんどくないですか?めっちゃ面倒くさいっすよね?

だから「考えるの面倒クセーな」と思って「公務員やったらやること決まってるやろうし考えんでいいやろ」って思って公務員やってみたら、案の定考えなくていい職場だったんです。
これは最初は嬉しかったし「めっちゃ楽やんけ!プライベート遊びまくって、仕事なんて適当に割り切ってやろうぜ!イエーイ!」って思ってたんです。

公務員に適している人、適していない人。

ところがどっこい、やっぱり2年も3年もしてくると、考えない自分に対してなんかもう切なくなってきて…仕事が死ぬほど面白くないし、考えない=メチャクソ時間が長いんです。

アインシュタインの相対性理論みたいな感じで、好きな子といたら時間がめちゃくちゃ早く感じるのに、クソ面白くないヤツといたら、時間が永遠に感じるみたいな。

ああいうノリで考えないから、おもんないからむっちゃ時間の流れが遅いんすよね。「もう1時間経ったかな?」と思って時計見たら、まだ5分とかね。まぁ稀にというかしょっちゅうあるんですよ。

そして【敢えて時計見ないゲーム】みたいなのを始めたりして…。
これ結構共感してくれる方がいらっしゃるかも(笑)

仕事してみて「絶対これくらい時間経ってるやろ!」と思ってパッと時計見たら、「ウヮァァ…まだまだやんけ~~~!」って。そういった自分ゲームしたりして、そんなこと出来るくらいヒマで、まぁクソ生産性のないことやってたわけですよね(笑)

考える癖を身につけないと稼げないよ!

まぁ「私でも稼げますか?」って質問する人ってのは、恐らくこういった職場にいるんじゃないかって思うんです。僕がそういった職場にいたように、考えない環境にいると思考が停止してますよね。他人に依存してるから自分で考えるという癖がないんですよね。

こうなると、まぁ~~~稼げないわけですよ。
僕も最初それと全く同じだったんですよね。僕もクソみたいな質問を死ぬほどしていたんです。そんで、やっぱそういうのをしてたら無視されるし分かってくるんですね。

その時の僕は

  • 「あれ?なんで無視されたんだろう?」って疑問に思う
  • 無視されたと気づき最初はちょっと逆ギレする
  • 「質問したのに返してこないなんて、こいつクソだ!」ってマジギレする

 

  • 「いやいや…俺の方がクソだったのか!Σ( ̄ロ ̄lll)」ってあとあと気づく

それに気づかせていただいたのが、1日15万のセミナー行ったときに、講師が22~23歳の女性だったんですけど、その方としゃべらせてもらって結構話ができて、「質問とかいつでもOKで~す♪」みたいなノリだったんです。

僕は「あ、そうなんだ~」って、それを真に受けてですね。ググッたら分かるようなこととか、調べたら分かるようなことを全部質問形式にして、質問20個くらい書いてグーグルドキュメントにまとめて出したんです。

20個くらい箇条書きでぶわ~って書いて、これに対して「さあ!ご回答ください!」みたいなことを送ったわけですよ。「こういう疑問があります。回答していただけますか?」って。

でもその質問って、向こうにとっては回答するのに時間がめっちゃかかりますよね。

無意味な質問は相手には時間の無駄

これって間泥棒じゃないですか!

僕めちゃくちゃ失礼なことしてたんですよね。でも時間泥棒してるってことにその時僕は気づかなかったんですよ。1日経っても2日経っても1週間経っても連絡が来ないから「あれ?入院しちゃったのかな?」って、まぁのん気なこと考えたりね。

でも、それを送った後でも、その人からメールがバンバン届いてたんですよ。
メールマガジン届いたりユーチューブ更新してたりして「あれ?この人生きてるな???」って。

そこで「あ、オレ無視されてるわ!」って気づいて、「なんじゃそりゃ~~~~!」ってキレたわけですよ。「こいつ俺のことを無視しやがって!せっかくセミナーまで行ったのに!あれは嘘だったのか?あの会話は嘘か?」って言うて、まぁ超終わってることを考えたわけですよ。

でも、終わってたのは僕であって、その人は何も終わってなかったんですよね。
そこで気づかせていただいたというわけです。

ちょっとだけ稼げるようになった今考えると”あの質問はマジでないわ~”って思います。
人の時間だけとるクレクレ君ですよね。まさに僕はそれになってたんだな~とめちゃくちゃ反省しました。

稼いでいる人にコメント残したり、連絡したことないい人はだいぶ損している

この反省を皆さんには生かしてもらって、同じように今まだ稼げてない人とか、あんまり稼ぎが少ない人とか、あまり成果が出なかいからといって色んな方にアドバイスを求めるのは良いとは思うんですけど…

マジで失礼のない程度に聞いてほしいですね。

まとめ

僕みたいな同じ過ちは犯してほしくないっていうのもあるんですけど、今この話を聴いていただいて気づいてくれたらもう大丈夫だと思います。「私でも稼げますか」なんて、もうそんな相手に失礼になるような質問はしないようになるんじゃないかなと思います。

これすごく大事ですから。人間関係でも大事ですからね。
まぁ稼ぎたいという気持ちがどうしても強すぎると、そういった過ちを犯しがちになっちゃうんで…
まぁ僕が良い例なんで…
是非反面教師にしていただきたいなと思っております。

まとめ
  • ガンガン質問はOK → 
  • クレクレ君みたいな質問 → ×
  • 相手の時間を取るだけみたいな質問 → ×

質問内容を考えてみて×みたいなものはマジで止めておいたほうがいい。

質問する意味をガチで考えて、どうすれば相手が回答してくれるかゲームをしましょう!

たぶん皆さん、得意だと思います。
とにかく相手にこっちを向いてもらうゲームを開催してですね。
どうやったらコメントしてもらえるか?とか、イイネしてもらえるか?返信してもらえるか?といったことを考えつつ、仕掛けていきましょう!

以上、ひろきんでした!
有難うございました!

もしよかったら、チャンネル登録お願いします!
あとメルマガもやってます。LINE@とかもやってるんで、そのへんも登録してくれたら嬉しいです♪

下記にURL貼ってるので、もっと濃い話を聞きたい方はメルマガ内でめっちゃ喋ってます。

メールマガジン 

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA