他人と比較せず過去の自分と比較しろ。ライバルは尊敬の対象でしかない

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:採用スペシャリスト(今まで500人以上一人で雇った経験あり)、ブログマーケティング、ブログ集客、記事外注化 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年で本業の収入を超えたため社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間300冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

まいどひろきんです。

今日のテーマは他人と比較するのをやめろというテーマでお届けしていきます。

他人と比べず、過去の自分と比べる

 

動画でもご覧になれます↓

 

最近の反省です。

自分自身が他人と比べてはいけないことわかってたんですけどそれをずっとやってる自分に気付いたんで戒めの動画を撮りました。

それに気付いた時にすごいダサいなと思ったんですね。その時すごい自分のことダサいと思ったのでその気持ちを残しておきたいと思ってこの動画を取ろうと思いました。

どうぞよろしくお願いします。

他人と比較するというのは結構やりがちと言うか、生きていく上で人と比べちゃうことって結構あると思うんです。でもそれって実はあんまりよろしくないことじゃないかなってことを僕は思っています。

自分の成長に関してあまり良くないかなと思います。この考え方に正解不正解はないのでひとつの考え方として捉えて言ってもらえたらと思います。

最近の僕の事例で言うとちょいちょいビジネスを始めて1年目で結構成果が出てきちゃったわけですよ。その時には数百万レベルの利益が上がって俺はすごいって思ってしまったんです。「ガンガンできる」「イケイケでまだまだいけるんじゃないか」と思ってしまったわけです。

他にやっている人たちアフィリエイターの人たちとかと比べちゃったわけですよね。自分と同じ時期ぐらいに行っている人たちと比べたらまあそこそこいい成果を出してたわけですよね。

トップアフィリエイターとかトップブロガーの人たちの利益と見てもある程度の肩を並べるくらいの実績だったんです。

皆さんやっぱり数年レベルでやってるんですよね。

でもそこで僕はまあ一年そこらでそのぐらいでそこまで追いついちゃったことに対して自分の中で俺はすごいって思ってしまったわけです。

ダサい。

ダサすぎる考えだわ。

そこが本当に落とし穴でした。

すごく自分はダサいと思いました。それに気付いた時に「なに人と比べてるんだ」と自分のがダサく感じたんです。

人と比較してる自分がすごいダサいなって思ったんです。

マインドセットは一生し続ける必要がある。必ずブレていくものだから。

自分の中で本当にマインドはもう完璧だと思ってたし学ぶことないって思ってたんですけど、でも自分はうんこ以下だということに気付いたんですね。

マインドなんて一生学び続けなければならないものであるし、まぁベクトルまっすぐ進んでると思ってもやっぱりずれちゃうことってあるんですよね。

だからちゃんと時折確認しないといけないなという風に今回わかりました。

僕はマインドの勉強している時に人と絶対比較するなということを徹底的に自分に言い聞かせています。

自分と比較するのは本当に過去の自分だけです。絶対人と比べても意味がない。過去の自分と比べる過去の自分に勝つことが一番大事だっていう気持ちでやっていたのに過去の自分に勝った時に、次人と比較しちゃったわけですよね。

これがダメなんですよ。

その時は気づかなかったんです。比較していることに。その1ヶ月ぐらいに人とすごく比較していて他の人のブログとか見て成果どのぐらい出てるかとか何ヶ月でどのぐらいの成果が出てるかっていう数字ばっかりを見ている自分に気づいたわけです。

安心感みたいなのが欲しかったんですね。自分はいったい他の人たちから比べてどのぐらいの利益を出しているのかそういうことを知りたかったんです。

自分のすごさというか自分はできてるのかどうかというの他人視点で評価しようとしてたわけです。

まあここがそもそもの間違いで他人視点なんですよね。他人視点で幸せかみしめしようとしてる自分に、すごい終わってるなと思ったんです。これ終わってるんですよ。w

本当に他人目線で幸せ感じだところでだめなんです。自分目線で幸せじゃなかったら全然意味ないわけなんですよ。

意味ないわけじゃないんですけどなんか偽物の幸せだと僕は思うですよね。僕の幸福論みたいなの混じってくるんですけど、幸せって二つあると思っていて、それは一つは他人と比べる幸せ。もう一つは自分視点の幸せ。昔の自分と比べる幸せですね。

この二つがあって他人と比べる視点というのは例えば超めちゃくちゃ有名なブランドを持っている自分、例えばルイヴィトンとしましょう。そのバッグを持っている人の持っている理由が人に見られてかっこいいと思ってそのバッグを持ってるなら、それは他者視点なんですよね。

そのバッグの機能がすごく良くて機能が良くてデザインが良くて最高に可愛いと思ってこのバックが最高だって思ってそのバッグを持ってるんであれば自分視点での幸せでバックを持ってるわけですよ。

これもし無人島に行った時に他人視点の幸せならなくなっちゃうんですね。誰も見てくれないでしょうから。ルイヴィトンのバック持っていてもでも自分視点の幸せを持っていたら無人島に行っても、そのルイヴィトンのバックは大活躍するわけですよ。だってそのバックがあるだけでめちゃ石ころ入るとかw、木の枝とかめっちゃ刺さっても全然破れないよかw。そういうのって自分視点ですよね。

そういう幸せを僕はどんどん積み重ねていきたいと思ってますし感じたいと思っています。そのくせに他人と比べてたんですね。本当にぶん殴っても駄目ですよ。ずっと正座。それでも足りないぐらい。

 Twitter ずっとやってなかったんですけど最近し始めて Twitter を一か月ぐらいやった時にめっちゃ他人と比較したことばっかり呟いちゃったんですね。僕はビジネスオーナーだ。僕はすごいんだとか数百万稼いでる人なんてしょぼいでとかいうことを言ってしまったんですね。それすごいダサいなーって思うんですよ。

本当に何でそんなに他人と比べてるんだお前は。アホかお前は。と客観的に俯瞰的に見れるようになった時にすごくその行為がダサいなと思ったんですね。

他人視点で幸せ噛み締めることの愚かさ。愚かよのう。

自分の意識にすごく違和感があってなんでこんな違和感があるんだろうで感じた時に人と比較している、他人視点で自分の幸せを噛み締めようとしているということで違和感がすごくあったんです。

それに気付いた時にツイッターのつぶやきとかを改めて見るともう本当にすごく尖っててジャックナイフなんですね。もう発言がすごい痛いんですよ。なんて痛い発言をしてるんだとすごく恥ずかしい気持ちになりました。

 

俺はまだまだクソレベルなのに何いってんねん。だまだまだ上はいるし、この時点ではまだクソレベルなんで全然全然ダメなわけですよ。

 

自分が打ち立てた目標に一個も届いてないのにちょっと一ミリもまだまだ届いてないのに俺はすごいみたいなことをね、自分で書いてツイートして恥ずかしいなって思いました。

それを本当に改めないといけないなと思いました。

それで自分自身に向けて動画を撮ってるっていう事ですね。はい。

本当に人と比較しちゃうと、ろくなことないなと思います。なんかダサいんですよね。人と比べると競争するとかだとそういうのはまた話別ですけど。

スポーツとかだとね対戦相手はいるとかは別ですけどね。

横の人が例えば年収1億稼いでいますとなった時に自分には何の関係もないじゃないですか。なんで何にも関係ないのに「クソ何でこの人に年収負けてるんだ悔しい」って思う気持ちがいいかもしれないですけど、他人と比べてもキリないですからね。そういうことをしちゃったらもう終わってるかなと思うんですよね。成長が止まると言うかちっちゃい器。

本当におちょこの裏レベルの器なんですよ。そんぐらいしかお酒つげないレベルの考え方です。

自分自身で自分のことをそういう風に思ったんですね。ダサい。オレオチョコの裏人間だなって思ったんです。せめてお猪口になろうと思いました。

自分を戒めたわけです。ちょっと前までは僕おちょこの裏だったんですよ。それに気付いたんで良かったなと思います。気づいたんで本当におちょこの裏をまず卒業しようと思いました。

人とはもう比較しない。本当に自分、昔の自分と比べる昨日より今日はできたのかということを比べる。チョコレベルになりたいと思いました。

いつかはグラスに注げるぐらいの男になりたい

いつかはグラスに注げるぐらいの男になりたいと思いました。はいそんなものまだまだ先でグラスっていうのもまたまだまだ先の話で、グラスっていうのも自分が打ち立てた目標をグラスにしないとダメなんですよ。

ホリエモン超えてやるとかそういうのってまた別で自分自身のグラス、例えば今の僕に言ったらグラスっていうの一億超えるっていうのがグラスです。

1億を超えるっていう自分自身で打ち立てたレベルの男になりたい。

そのためには人と比べる必要はなくて自分自身で過去と戦っていくという話です。

そうすればいつかそこに到達できると思うんです。そこに他人が介入する余地はないんです。もちろんその道の中で一定期間俺すげえみたいになっちゃうことあると思うんですよ。

俺すげー俺グラスボコボコ入れるぐらいのレベルになったぜって思うかもしれないんですけど、その時またね、こうやって動画撮ったりしてこの動画見返したりして天狗になってないかどうか、いかに自分が謙虚な姿勢で目標に対してアグレッシブに攻めていけてるかっていうことをちゃんと思い直す期間というのがやっぱり必要なのかなというふうに思うわけです。

今回がそうでしたし誰かがね、自分の中で目標に達してないのに調子に乗っている自分がいたんで、まだまだだなと思いました。この恥ずかしさは二度と味わいたくないので、本当にマインドってすぐブレていくんです。

こうぶれないようにやっていきたいなと思います。この動画を聞いてる人でも全然成果が出ないとか、ビジネスに取り組んだり何かに取り組んでる時に他人と比較しちゃう事って必ずあると思うんですよ。

その時に一度立ち止まって、「何で自分と比較しないで人と比較してるんだ俺は。」と自分自身に問いかけてみてください。

そしたら結構マインドのブレっていうのが直ってくるかなと思うんですね。

以上ヒロキんでした。

あざっしたー。

おわり。

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA