サラリーマンからお金持ちになりたければ琵琶湖になりなさい

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:採用スペシャリスト(今まで500人以上一人で雇った経験あり)、ブログマーケティング、ブログ集客、記事外注化 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年で本業の収入を超えたため社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間300冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

まいどひろきんです。

今日はこんな話。

 

動画でも見れます。

はい!まいどひろきんです!
今日も社畜の皆さんに向けて、謙虚に低姿勢にののしらせていただきながら、有意義な情報をお伝えしていきたいと思います!

今日のテーマはコレです
「お金持ちになりたければ琵琶湖になりなさい」

「なにいってんだ?ひろきん、お前頭おかしくなったのか?」と言われそうですが・・・
大丈夫です。もともと頭おかしいんで(笑)
このまま続けさせていただきます!

お金は上から下へ流れていくもの

まずお金には流れがあるんですよね。
流れを意識しないとだめなんです。

琵琶湖になりなさい。つまり上流と下流。
お金って上から下に流れていくんですよ。上の方にいないとお金持ちになれないんですね。
これを例えて「琵琶湖にならないとダメ。大阪湾にずっといてもお金持ちにはなれないよ」という話です。

この上流っていうのは具体的に言うと経営者とかですね。下流にいるのが労働者です。

経営者の仕事って?

経営者っていうのはどういった仕事をするのか。
経営者の仕事っていうのは3つあります。

  • マネタイズをすること
  • マーケティングをすること
  • マージンを支払うこと

この3つの”マー”が大事なんです。

つまり3マー!ダサいですね。超ダサいです(笑)

1個ずつ簡単に説明させていただきますと・・・

マネタイズとは
お金を生み出す方法の事です。
何かをした。それをどうやってお金に変えるのか。
お金に変える流れを作るっていう事がマネタイズです。

マーケティングとは
マネタイズするためにはマーケティングができなければいけません。
マーケティングとは、どういった市場でどういったものが売れるのか。そしてどうやって興味を持ってもらうのか。こういったことを総合的にマーケティングといいます。

マージンとは
上がった売上から給料をお支払いする。
社員の方とか、アウトソーシングしているならそういった人に支払うとかになります。

マーケティングして集めたお客さんに対してマネタイズしていくという感じですね。
この2つは、共通する部分もあるんですけど、2つで1つの独立した技術になってくるんで、どっちも大事でどっちも学ばないといけないんですね。

マネタイズ・マーケティング・マージンこれが経営者の主な仕事です。

経営者は労働者と同じことをするな

経営者の中で実務をしている人って、僕は駄目だと思うんですよね。
実務をするというのは、労働者がやることを経営者がするってことなんですが。

それってやったらダメだと思いません?

経営者っていうのは【労働者が上手く仕事が回せる仕組みを作る】のが仕事だと思うんで、経営者がトイレ掃除をしてたらダメだと思います。

経営者はゴルフに行かないとだめだと思ってます。
みんなが働いているときにゴルフに行って、「何だあのクソ社長は!ゴルフばっかりいきがって!たまには仕事しにこいや!」って思われる会社っていうのは、実はむちゃくちゃ上手く回ってるってことなんですよね。
社長がいなくても会社が回ってるんですから、それって仕組みとしてめちゃくちゃ優秀、超優秀です。

これが、社長も一緒に働かないといけない会社っていうのは、たかが知れてますよね。
それが社長のコンセプトであったり、社長のスタイルであれば全然いいと思うんですけど。

僕は働きたくないんで、自分が働かなくていい仕組みを作ります。
その仕組みから出てくる売上を社員に恩恵として渡します。
それで社員の人が納得していただけるならOKという形が僕は一番理想としています。

自分史作成のメリットは 「稼げるようになる」

僕は働かなくていい。会社には週1回行くか行かないかのような経営者が最強と思ってます。
たま~に行って、”みんな頑張ってくれて本当ありがとう!また新しい取引先見つけてくるよ!”みたいな。

経営者と労働者の仕事をシッカリ分けることが僕は大事だと思ってます。

お金持ちになりたければ上流を目指すべき

経営者っていう部分がお金の上流になるわけです。
ここに当然お金が集まります。

社員の方が経営者より給料が多い会社ってほぼほとんどないです。ありえないでしょう。
基本的に経営者は責任を負いますし、色んなプレッシャーも背負って経営しているわけですから当然っちゃ当然ですよね。

下流の流れには労働者がたくさんいるわけです。
IT業界で言えば、デザイナーとか、ライターとかクリエーターとかプログラマーとかですね。
アパレル業界で言えば、ショップの店員さんとか。
旅行代理店でも何でもですが、お客さんと直接接する仕事をする人達っていうのは下流の流れの人たちですね。

会社を経営する人が上流の人たちで、エンドユーザーと直接繋がっている人たちっていうのは労働者という形態が非常に高いわけです。

もちろんここから個人経営者になって上流の流れに登っていく事はあるんですけど、ずっと下流にいる人たちっていうのは、いつまでたってもお金持ちにはなれないんですよ。

なぜなら、上にいる経営者から流れてくるお金しかもらえないからです。

もし本当にお金持ちになりたいなら琵琶湖にならないとだめです。
琵琶湖の方に行かないとダメなんですよ。
今大阪湾にいる人たちは琵琶湖をめざさないとダメなんです。

琵琶湖、琵琶湖うるさいっすねwww

独立することが金持ちへの最短ルート

じゃあどうやって大阪湾から琵琶湖に行けばいいのって話なんですけど、簡単に言うと経営者になればいいんです。「そんなんいきなり無理だよー」っていう人に救いの手を差し伸べようと思います。

「経営をしよう」という考えを持たないこと

ライターを例にしますと、自分がめちゃくちゃ上手にできるようになったら、ライターの斡旋するのもひとつの方法ですね。

ライターの仕事を取ってきて他のライターに頼んでやってもらう。
そうすると自分は動かなくていいですよね。
そこに新たな仕組みが生まれるわけです。

こういった考え方です。
この考え方はIT関係は割とできやすい。

でも事前準備はしっかりと!

ショップ店員とかだったら難しいかもしれないですけど、それでも上流に行くことは可能ですよね。起業するのはもちろんなんですけど、僕だったらまず自分のファンをたくさん作ります。

お店に来てくれた人にあなたから洋服を買いたいと思ってもらえるようにめちゃくちゃ考えますね。お客さんを自分につけてから独立します。
簡単じゃないとおもうんですけど、見込みがあるって自信ができてから独立します。

美容師とかもそうですよね。
いきなり美容師バーーーンってやっていきなり成功するかって難しい話じゃないですか。
自分の技術にファンがついてきてくれてた時に独立するって美容師の友達も言っていました。

だからまずファンを連れていく。顧客を作った状態で独立するっていうのは比較的失敗しにくいかなと思います。

「ファンの作り方」 コアなファン10人いれば 100万稼げる7つのメソッド

考え方は経営者バージョンで

ライターで言えば、自分が取ってきた案件を他のライターに頼むっていうのは上流の流れを下流に流す。そして自分がバックマージンをもらうっていうのは非常に効率がいいですよね。

仲介役の立場って自分の時間も増えるし、考え方が経営的になります。
もっと大きくなれば会社にもできます。

違う方法だったら、【受注した案件を他のライターに渡す】っていうそのやり方自体をコンテンツ化する。【ライターの仕事をより稼ぎにするためには自分がライターのままじゃ無理】っていうコンテンツを作るとか。初心者のひよっこライターに向けて、【ライティングのやり方】を売るっていう事も出来ます。

本当にお金持ちになりたいんであれば、自分が上流にいるのか下流にいるのかを考えてほしいです。
もし下流にいるならここから上流に行くにはどうすればいいのか。

お金が生まれる所にいないとダメなので、お金をもらうっていうより、お金を生み出すという考え方をしなきゃダメなんです。

マインドセットを変える方法とは?これ知らないと成功不可能

この考え方ができないと、いつまでたってもお金持ちにはなれません。

労働者っていうのは、”お金をいただく”とか”給料をもらう”って考えでやってるからいつまでも大阪湾なんですよ。経営者はお金を生み出すっていう考えなので琵琶湖なんですね。

まとめ

結論です。

まとめ

1.お金持ちになりたければ琵琶湖になれ!
(琵琶湖とはお金の上流=経営者の事です。)
2.経営者にはマネタイズ・マーケティング・マージンの3つの仕事をすればいい!
(この3つの仕事をするような仕事に就きなさい)
3.今が労働者なら、このような環境に行くことができれば必然的にお金持ちになれる!
(給料をもらう立場から抜け出せる方法を考え、上流に行く努力をすればお金持ちになっていきます)

というお話でした。
簡潔にまとめすぎましたかね(笑)

以上ひろきんでした!

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA