公務員の面接対策:100%落ちる人受かる人が決まる練習方法【元公務員が語る】

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:マーケティングコンサルタント(年収9桁超えの超有名ブロガーのコンサル経験あり)、You tuber&ブロガー(1ヶ月100動画&100記事投稿)、外注化スペシャリスト(今まで1000人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年目で合計売り上げが総理大臣の給料並になったので社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。2019年の年収は5000万。2020年は3億目指して邁進中。年間1000冊読書しています。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間1000冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

 

 

ハイ!まいど、ひろきんです。

今日のテーマはコチラ!

「公務員の面接練習」の方法です。

公務員の面接は準備で100%【落ちる】か【受かる】か決まっています。

元公務員で人事の方に直接色々お話を聞いた僕が、お伝えしていきたいと思います。

宜しくお願いします。

 

公務員は特殊なんです…

僕は7年間公務員をやっていました。

その時、担当の上司がいまして。その方は人事出身で、めちゃくちゃ面接関連の話を聞きまくっていました。なので、僕は実はめちゃくちゃ面接に詳しいんです。

 
そんな僕が「落ちる人」と「受かる人」は面接対策の練習で100%決まるということについて、具体的にお伝えしていきます。
 
まず公務員の面接でめちゃめちゃ大事なことの一つをご紹介します。
公務員の面接は

「受ける前の練習で、しっかり面接準備ができているかどうか」で決まります。

 
 

公務員の面接対策 しっかり準備したということが見せられるかが大事

公務員 面接対策 準備

公務員の面接では、「ちゃんと準備してきましたよ」と見せられることが大事です。

つまり、内容どうこうじゃなく

「面接の準備ができているのか」
ということ自体が見られるわけです。
ですのでそこまで「どんな内容にしよう…」とめちゃくちゃ考え込むとか、そんな必要はありません。
 
もちろんしっかり準備した「つもり」でも、本番でそれを表現できなかったら終わりなので、頭が真っ白になってもスラスラ~って出てくるくらい、言いたいことを反復しておきましょう。
 
つまり、面接の練習したもん勝ち!

「練習すればするだけ、合格率が上がる」ということです。

面接ってある程度、聞かれることって決まってますよね?

 
それに対して「質問されるであろうことを調べ、質問の答えを用意しておくなどの準備ができているか」
ここが非常に見られるポイントだと、人事の方から聞きました。
 
公務員になろうと思っている人は、大体20代じゃないですか。(大卒の人や転職してきた人とか)まあそんなね、20代でめちゃくちゃすごい経験してる人なんていないわけ。
 
てことは…。
 
ほとんどの人がどんぐりの背比べなわけです。
  • クラブで頑張った
  • 会社でこんな成績を上げることが出来た

みたいな。ほとんど誰もが持っているような、小さい実績みたいな感なんですけど。そんなんでOKなんです。

だからそこを誇張して「俺はすごいんだぞ!」アピールしたら逆にダメ

「変な発言はしない!」ということですね。

例えば僕でいうと

ちょんまげにして世界中を旅してました!

と言ってしまいました。自信満々に。

こんな風に言ったら絶対に落とされますからね。絶対にダメ。まあ、そんな人いないと思いますけど。

今言ったような「ちょんまげして世界中旅しました」とかいう発言は、公務員の世界ではドン引きされます。

しかし、ベンチャー企業とかだと…。

「なにそれ?お前そんな面白いことしてたん?」

「その発想は何か会社に使えないかな」

みたいな感じで、グイっと食いついてくれる可能性はありますよね!(?)

まあ、そんな感じですね。利益が欲しい会社と公務員というのは「全く違う人材を欲しがる」ということをきちんと意識しないといけません。

 
これならあなたでも出来ますよね?

質問の内容は何かって?【公務員・面接・質問】で検索したら、めちゃくちゃ出てきますから。

 
ある程度、質問が想定できますよ。

これを徹底的にやっていない人がマジで多すぎるんですよね。

  • どういった改革があったのか
  • 何年に何が行われて
  • 今はこういった方法性で進んでいる

みたいなことをしっかりリサーチしたわけです。

すると「なぜこの会社に入ろうと思ったのですか」と聞かれた時に、調べ上げたデーターとかをポロっというだけで

「おっ。こいつちゃんと調べてるな」

って思われるわけです。

これは、ビジネスとかの心理学でもよく使われる方法なんですね。

例えば、有名人に会う時にサラッとその人のSNSとかをチェックします。そして「こういうことされてますよね?」と、少ししか見てないのに言います…。

こんな風に言われると相手は

「あっ。この人自分のこと見てくれているんだ」

って思うんです。

全てを見てなくても「見てますよ」と伝えると「僕のことをすごく見てくれている」と、思ってもらえるという技ですね。

この技は面接でも応用できるわけです。

会社についていろいろ調べてその中で

ちょこっとだけでも情報を言うだけで!

氷山の一角を見せるだけで!

その下を想像してもらえるわけです。

「こいつかなり勉強してきたな」と、思われます。そこに「責任感があるな」がプラスに働いてくれると。なので、コアな情報をリサーチした方が良いと思います。

 
それをしっかりと準備する。その面接で答えをちゃんと準備してるというのが大事。これってつまり…。

「受かる方法を知って、練習するだけ」なんです。

これで受かるんですよ。

面接というのは、練習の準備で全てが決まります。

才能やコミュニケーション能力なんて全くいらなくて、ただ練習するのみ。だからこそ、安心してください。マジで、練習したもん勝ちです(・∀・)

 
なぜここまで僕が「練習したもん勝ち」と言えるのか。

それは、公務員という特殊な仕事だから。

 
だからこそ「練習したもん勝ち」ということなんです。
 
その理由をこれからお話させて頂きます。
 
 

公務員の面接対策は練習したもん勝ち!

 
公務員の面接は準備と練習をしたものが受かります。
これ、公務員ではなくベンチャー企業のような会社だったら練習しても通るか通らないか分かんないです。
なぜかというと、そういったこれからどんどん新しいことやります!という会社は利益や発想力などを求めるものなので
  • 頭のキレる人
  • ガンガン会社を成長させるぜ!

という人たちが、めちゃくちゃ欲しいわけです。

なので練習通りに上手くいっても、面白い人材だと思われるかは正直わかりません。

一方で、公務員の場合はそうじゃないんです。

しっかりと言われたことをちゃんと出来る人。

 
これが公務員に求められる素質なんです。ここをはき違えてしまうと受からない、というわけです。
 
 

公務員の面接対策 練習の仕方を間違えると「落ちる人」になってしまう

面接対策

公務員は言われたことをちゃんとできる、が大事です。
普通の会社員と公務員での面接時の対応と答え方は、全く変わってきます。ここを一緒くたにして、公務員と会社員を同じでやってる方は、本当に注意が必要です。

なので「面接で受かる方法」というのをただ調べて、会社員用の面接対策をしても受からない、落ちる人になってしまう場合があるということです。
 
 
同じ方法でやっていたら、絶対に受からないです!
 
会社員と公務員の面接は全然違います!求められている要素が違うのです。
 
 

公務員の面接対策をしている方へ 落ちる人にならないために、面接11回落ちた僕からのアドバイス

 
会社員用の面接対策ではだめ、ということはお伝えしました。
しかし、他にも落ちる人になってしまう要素があります。
公務員の面接に落ちる人にはなりたくないですよね?
 
 
そこで落ちる人の特徴をこれからお伝えさせて頂きます。参考にしてください。
なにせ僕は、公務員になる前にめちゃくちゃ落ちました。面接で11回も落ちました。

11回ですよ?結構落ちましたよね(笑)

2年間頑張って…。基本的に1次の筆記試験は全部通りました。

あと、全部面接で落とされたんですよね…。

ではなぜ、面接で僕が落とされたのか。その理由はこれ!

僕の目力(*_*)

 

公務員の面接で目力はダメ

その当時は、大事だと思っていたんですよね。目力。

「目で自分の気持ちを相手に伝えることが大事」だと思っていました。なので、目力をものすごく意識して相手の目をずーっと見てたんです。

ずっとぐ―――――――っと見て「俺は、本当にここに入りたいんだ!!」みたいな、心からあふれんばかりの気持ちを面接中に出していたんです。

そして、人事に言われたんです。

「君はすごく強い目を持っているね」と。

 
僕はそれを言われて「この面接受かった~!」と、思ったんですよね。「ありがとうございます!」といって、なんかもうめちゃくちゃ仕事できるやつオーラ出しまくりで。

「目で勝ってやる」みたいな気持ちでやってたんですけど。これが落ちた原因だったんですよね(笑)後々分人事の人とこんな会話をしました。

ひろきん「僕目力強くしてたら落ちちゃったんですよ」

人事の上司「そりゃ落ちるわ。アホか」

と、言われてしまいました^^;

落ちた理由は、ここなんです。

 
自己主張が強すぎる人は公務員にはいりません。
 
「自己主張が強すぎる」=「僕はこういうのをやりたい」という思いが強いということですよね。

なので、すでに決められているものとか、仕事に対して自己主張してきたらめんどくさい(というような人間だと思われがち)わけです。

  • 普通に言われたことをやってください

と、言われるのが基本的に公務員の世界なんですよね。

先ほどもちらっと言いましたが、これから新しいことをやろうという会社の社員の場合は自己主張の強いやつの方が有利だと思います。「イノベーションを起こしていく人材」みたいなものが、求められるかもしれません。

しかし、公務員の世界ではかえってその気持ちが邪魔することがあります。

 
「自己主張が強い人」というのは、御法度といってもいいほどなんです。

僕のようにずっと目線が大事だと思いすぎて、目線をそらさずにずっと面接官を圧迫するように見ちゃう人もダメ!

あとは、その逆で自信がない人。全然目も合わせないし、下ばかり向いて声も小さい。「コイツ何いうてんねん」みたいな人は受かりません。
これは、他の会社でも同じですね。

「お前ちゃんとやれよ」って言わなきゃできないような人も、必要ナシと思われます。

バランスは大事です。
 
落ちる人の特徴(公務員)
  • 自己主張が強すぎる人
  • 自信がない人
  • 自己主張がなさすぎる人

念願の公務員に受かったら、「出世したい」と思っている人はコチラ↓↓

公務員出世コースは修羅の道。自分勝手な人が最強

 

公務員の面接に受かりたいなら対策の前に謙虚な気持ちを忘れずに!

 
先ほどお話したように、落ちる方法は
  • 自信がない
  • 自己主張が強すぎる

人なので、受かるためにはその逆をやりましょう。

ちょうど良い塩梅のところに、自分の立ち位置を置けたら最高でございます。

つまり、自信はあったとしても、謙虚な姿勢を忘れないということがものすごーく大事!なわけです。
 
 
もっと詳しく、受かる方法を6つ紹介していきます。このポイントを知っておくと、かなり有利に働くと思います。
 
 

公務員の面接対策:受かるにはこれをやれ!【1/6】態度3セット

面接 態度

まず1つ目は「態度」

  1. ハキハキした声
  2. 猫背じゃない姿勢
  3. 真剣な顔
この3セットをちゃんと出来るように練習します。面接官から質問されたら、ハキハキした声で暗記したもの答える。

何を言うかは、回答が全て決まってる状態ですからね。

その状態ではきはき爽やかに臨むというのが、公務員の面接のやり方です。
 

 

公務員の面接対策:受かるにはこれをやれ!【2/6】知ったかぶりはダメ!リサーチ力は必要

公務員 面接 リサーチ

公務員の面接に限らないかもしれませんが、質問にその場で考えて答えているようだったらダメ。ちゃんと全部答えを用意しましょう。少なくともネットで出てくるような質問はくまなく準備します。

そしてポイントは、想定していた質問と全然違う質問をされて分からない場合です。

そんな時どうするか?

「すみません。わかりません」

と正直に言ったら良いんです。

その「分かりません」という素直なところが逆に認められます。ここで調子にのって、分からないのに

  • 知ったかぶり
  • 訳わからない発言

とかを言ってはダメ。

もう一度言います。分からなければ「すみません。分かりません」と言いましょう。

集団討論で発揮

しっかり調べた態度を見せると、これがまた他の受験生との集団討論でめちゃくちゃ生きてきます。

「こいつ!なんでそんなこと知ってるんだ」とか思われて、他の人は意気消沈するわけ。

チーン(-_-)となるわけです。

僕は、10人くらいの集団討論を経験しました。そのとき1番手だったんですよね。でも、めちゃくちゃ調べまくっていたんで、リサーチしたことをバンって言ったら、みんな僕の言うことを真似してました。

なので、リサーチするというのはめちゃくちゃ大事。他の人との差別化もできます。他の人もめっちゃリサーチしてきたとしても、膨大な量を調べていたらかぶらずに答えることができますから、「やっば、被っちゃったよ、どうしよぉ」みたいな態度にならなくても済みます。

  • 被ったとしてもAを言う
  • Aを言われてしまってもBを言う

みたいに、2択3択用意します。

そこまでやらないといけません。

 

公務員の面接対策:受かるにはこれをやれ!【3/6】一生続ける覚悟を見せる

公務員 一生

3つ目!これは超大事。これに関して忘れちゃいけないけど、どの問題集とかにもサラッとしか書いていません。この重要性を分かっていないんですよね。

「一生続ける覚悟」

この覚悟を回答する時に端々に「見せる必要」「伝える必要」があります。

公務員の試験官は、受からせた相手が辞めたら困る訳です。

だから、一生続けるという気持ちを必ず何かの質問されたときに言うんです。

例)

面接官「なぜこの職業を目指したのか」

ひろきん「親が公務員でその背中を見て育ちました。誇りある仕事だから自分も目指したいと思い、応募しました」

みたいな。

親も公務員なら、環境的には公務員を続けやすい人材と思ってもらえるでしょう。

こんな感じで、自分なりのエピソードをちょい足しして、続けるつもりだということをアピールしましょう。

 

公務員の面接対策:受かるにはこれをやれ!【4/6】ありがとうをきちんと伝えよう

公務員 ありがとう

「これは覚えていたら得だよ?」というくらいの小技です。

僕も使ってました。

面接中は、緊張感を持ちながら話してると思います。しかし、自分の過去の経歴などを話している時に

「スゴイね!」

みたいなことをポロっと言われたとします。その時にチャンス到来です。笑顔でハキハキと「ありがとうございます(*´▽`*)」と言いましょう。

それだけで「こいつちゃんと感謝できるな」みたいな風に思われるわけです。

相手も気持ちよくなりますし、少し余裕を見せられますね。

余裕という点では、

  • 昨日はよく眠れましたか
  • 朝ごはん何食べてきましたか

など、面接とはほとんど関係ないことを聞いてくる面接官がいます。そういう時もチャーンス。笑顔で「サンドイッチを食べてきました(*´▽`*)」と返答すれば、自然と笑えますよね。

その時、硬い顔で言ったら相手に自分の余裕を見せれないわけです。

ただただ「硬い顔(頭)だな」と、思われます。

ここで笑顔を見せれて緊張がほぐれたら「こいつイイ感じかもしれない」と、思ってもらえるわけです。

 

公務員の面接対策:受かるにはこれをやれ!【5/6】欠点は長所でカバー

欠点は誰にでもあります。それは長所でカバーしましょう。

「欠点は何ですか」と聞かれたときに使う技ですね。

例えば、自分が心配症だったとします。

それで面接の時に「あなたの欠点を教えてください」と言われたときに

「はあ、僕は心配症でして…。」と言うだけではだめです。

ではどうやって言うのか?

「心配性ですけど、その分責任感が強いので頑張っていきたいと思います」という風に言いましょう。

短所を言って、長所でカバーをする。

欠点なんて一つもありません、というのもあまりよくは無いですね。「自信家だな…」とか「自分のことあまりわかってないのかな」と思われてしまうかもしれません。

 

公務員の面接対策:受かるにはこれをやれ!【6/6】落ちる方法と受かる方法を頭に入れる!

5つ目は面接以前の問題です。「筆記の点数も重要」。

当たり前ですが、受かる際、筆記ももちろん大事ですよね。

だから、ちゃんと「高得点目指せるような勉強をしまくりましょう」ということです。筆記のやり方なんて、全部決まってますよね。

過去問をやる!以上!

ですよね。

とにかく過去問をやりまくる。これだけです。過去問と同じものばかり出てきますから。

「過去問は死ぬほどやる」というのが、筆記で誰もがやっている王道です。

ちなみに僕は半年くらい、専門学校も通ってたんです。ただ、そこでも「過去問しまくりましょう」と言われてました。もう当然ですよね。

という感じです。

また、ここまでお伝えした落ちる人、受かる人を頭にインプットしましょう。

 

 

公務員の面接対策:合格率を更に上げる方法は

公務員 面絶 本音 建前

さらに!「面接の合格率を上げる方法」をお伝えします。

これはマジで本に書いてないっすよ。なぜなら僕が人事の人に聞きまくって、自分で調査した結果なので。いろんな公務員の本を読みまくりましたが、書いてなかったですから。

ポイントは建前と本音は違うということです。

本では建前ばかり書いています。本音なんか分かんないんすよ。

では、本当に欲しい人材の建前と本音を教えちゃいます。

建前は

  • 人の役に立ち、高い志を持った人

というのが「公務員の求められる人材」です。

しかし本音は

  • 誘われた飲み会に必ず出席する
  • 上司に文句を言わない
  • 上司の仕事を増やさない

こういう人が公務員に求められます。

これも頭に入れたうえで、自分の面接時の態度をどうするか。ちょっと考えましょう。

本には本音部分は絶対書かないですよね。でも、実際はこれなんです。中に入らないと知ることが出来ない情報ですね。

「相手の立場になって、考えるというのは非常に大事なこと」というのは皆さんご存じですよね。これは、面接でも同じで、相手の立場になって考えないといけません。

  • 組織の中でうまくやっていける人
  • 言われたことを的確に出来る人

この2点がかなり大事になってきます。

  • 上司にたてつかない人
  • 断らずイエスマンな人
  • 物腰が柔らかい人

といった人が公務員は求められます。ちなみに、なぜ物腰が柔らかい人が良いのか。それは、市民対応がすごく多いので、市民から何か言われたときにキレる人ではダメなんです。

謙虚に低姿勢に対応できる人が求められます。

自己主張しすぎず、断らないイエスマンで、物腰が柔らかい人

こういう人になれば良いということです。あとは、言われたことを的確に出来る人にもならなければいけません。反抗心がある人はノーセンキューです。

「そんなやつと一緒に仕事をしたらしんどいわ~」と、思われてはいけません。

これは僕が面接官の目をずっと見続けていたら「こいつ自己主張強いな」と思われて、落とされたパターンと同じですよね…。

ある程度目線をそらしたりして、相手に対する配慮が必要になります。ずっと目線を合わされたらしんどいもんね。その辺も考える必要があります。

 

公務員の面接対策:自分が面接官なら…と想像する

公務員 面接 想像する

「自分が面接官ならどういう人を受からしたいですか」と、考えて下さい。

自分が今公務員です。人事課で、面接官になりました。面接を今からします。

まあなってないから、少し分かりにくいし、想像しにくいかもしれませんが…。

どういう人を受からしたいと思うかというと

「こいつと一緒に働いたら良い後輩になりそうだな」

という人物ではないでしょうか。

その人が入ったら、自分の直の後輩になる可能性があるわけですよ。最初は違っても異動でめぐりめぐってその後輩に出会うことは十分にあり得ます。

面接官「あっ。お前は~俺が面接担当したやつやんけ」

後輩「その時はお世話になりました」

面接官「おお~。久しぶり~!一緒に飲みに行くか♪今何やってるんだ?」

みたいなのが出来る人がいいんですよ。面接官からしたら。

ということは、自分が面接官でいたときに自分の好きな後輩がもし面接にきたら…。

受からせたくなりますよね?

つまり「自分が好きな後輩に自分がなればいい」ということです。

今から公務員の面接を受けようと思っている人たちは、これから人事の人たち(面接官)の後輩になる訳です。じゃあ、公務員の後輩というのはどんな人が好まれるのか。

ということを深掘りして考えます。

すると、どういった人が求められるのか答えが出ます。

繰り返しになりますが

求められる人材
  • 責任感がある
  • 自己主張しない
  • 社交性がある

です。具体的に

「自分はこういった仲間たちとこういったことをして、いろんな人と一緒に活動をしてきた」

「そういったことをしてきたから、組織に入っても馴染めると思います」

というようにエピソード付きで「人とうまくやれます」ということを話せたらなお良し。

面接受ける前に、公務員に自分は向いているのか気になる方は「公務員に適している人、適していない人」でチェックしてみてくださいね。

 

もし一度公務員試験に落ちてしまったとしても

 

もし公務員試験に一度落ちてしまったとしても、諦めずにトライしましょう。

一度落とされたからといって、自分は公務員に向いていないとか、全否定されてるわけでもありません。

すごく良くても、たまたま受かる枠が狭かったとか、そういう事もありますから。

僕も何度も挑んで受かりました。だからこそ、見えるものも色々あります。

 

公務員への不安要素を取り除く

公務員って安定しているの?とか、高収入は得られないんじゃない?とか、わからないと不安ですよね。

そういったわからないことをわかったうえで面接を受けるというのも、おすすめです。

公務員は幸せ?首になる前に退職した僕が真実と幸せになる方法を教えます

公務員は大変だし安定していない。そこから抜け出す方法は…

良いところばかりじゃなく、マイナス面も知って挑むのとそうじゃないのとでは、変わってきますよ。

ちなみに僕は公務員に受かりましたが、辞めました。

これは、公務員を否定しているのではありません。

一度公務員をやってみてたからこそ、自分には合わなかったということがわかったのです。

だからこれから公務員の試験を受けようとしているあなたも、一度挑戦して、もしそれでダメだったり、受かってから合わないんじゃないか、と思ってもそこから方向転換すれば良いんです。大丈夫ですよ。

ちなみに僕は公務員をやりながら別で収入を得て、それから辞めました。詳しくは「公務員のできる副業30選!!禁止でも絶対バレない方法で起業したよ」で書いています。

 

 

まとめ

事前準備はしすぎるぐらいする。

面接には本音と建前がある。

頭に入れておきましょう。

何度かこの記事を繰り返し読んだり、動画を聞き返して頂けたら、いろんな気づきや発見があると思います。ぜひ試してみてください。

そして、面接に今から向かおうとしてる人は、これから聞いて頂き対策を練ってもらえたらなと思います!

他にも公務員に関する情報や、仕事や収入アップに役立つ方法など、メールマガジンでもお伝えしています。

無料なのでぜひ登録してみてくださいね。

ということで、ひろきんでした♪

ありがとうございました。

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA