サイトアフィリ記事の外注化で100人以上雇ってわかったこと

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:採用スペシャリスト(今まで500人以上一人で雇った経験あり)、ブログマーケティング、ブログ集客、記事外注化 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年で本業の収入を超えたため社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間300冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

 
 
動画でもご覧になれます↓
 

 
 
 
外注化、100人以上簡単に説明分かったこと、結構色々ありまして、
 
外注化めっちゃ簡単なんですよ。
 
どうやって雇うんかは最初調べまくりましたけど、分からんこといっぱいありました最初の頃は。
 
いざやってみて、終わった後にパッと振り返ったらめっちゃ簡単だったなと。
 
食わず嫌いみたいな感じ。
 
最初の壁超えたらめっちゃ簡単でした。
 
外注化って、今日からできますから。
 
 
 

一人雇うなら1日でできる

 
今からスタート!でクラウドソーシングに登録して、クラウドワークス、ランサーズとか。
 
 
適当な応募内容だったら誰も来ませんけど
そこしっかり書いて書き込んでバーン!と書いたら結構サクッと応募あります。
 

そこまでお金かかんないよ。

 
 
外注化ってお金かからない。
 
外注化お金かかるなー?人を雇うって高いイメージですよね。
 
 
自分の場合、一番最初に考えたのがアルバイトをしてたときのこと。
 
1ヶ月高校生ならで3~7万。
 
安くてもそれくらいかかるじゃないですか。
 
でもアルバイトって時間縛りがあって、外注さん雇う時は記事数で契約した方が確実なんですよね。
 
何記事に対していくら払う、いくら時間がかかろうが
固定できるんです。固定報酬といいます。
 
記事に対する固定報酬。
 
1時間1000円払いますとかじゃないんです、そういうやりかたもあるんですけれど。
 
最初は時間給で払わなきゃいけないと思っていました。
 
そういうのじゃないんですよね。
1記事50円でも工夫すれば雇えます。
 
調べてもらったらわかりますけど皆さん500円」~1000円でやってます安くても。
 
記事作成、外注化、で調べると、みんな500円~1000円くらい。
 
「雇ってるのも全然良い記事上がってこない、ダメだった―、自分でリライトしないといけないし、これだったらやらない方がいい。」
 
みたいな意見も多い。
 
 

みんな全然外注化極めてない

外注さんを雇う時に、もうすでに技術持っている人を雇おうとすると、相手もプライド持っていたりして、修正依頼したら喧嘩になったり。。。
 
僕もありました。
めんどくさかったなあ。
 
なんで、僕は基本初心者を雇います。
たまに玄人にも力借りたりもします。
 
 
技術の無い外注さんもたくさんいますし、
自分自身で1から初心者を教育していくんです。
 
そうしたらあんまりお金要りません。
 
ライティングってちゃんと勉強すれば誰でもプロレベルまで余裕で行ける。
 
プロでやっていける技術ってそんな難しくないんです。
 
1記事1000とか2000円とかでこれをもっと安くして200円・300円雇ってる人もいますよね。このレベルなら全然大丈夫ですよね。
 
 
僕はコンサル生にたくさん教えているんですが、大学生も外注化やってます。
外注化って誰でもできる。
 
 

外注化のいいところ コミュ力上がる。褒める練習できる

 
コミュ力が上がります。
 
褒める練習になります。
 
外注さんが記事作ってくれて
まず褒めなきゃいけないんですよね。
 
彼女さん、彼氏さん夫婦ならわかると思いますが、
作ってくれた料理に対してマズくても美味しいって言ってあげる方がいいと思うんですよ。
 
ここは賛否両論あると思いますが。
 
作ってくれた人悲しいじゃないですかまずいって言われると。
 
美味しいってまず言ってあげる、という練習です。
 
 
まず褒めてあげるというのが大事ですね。
 
その人を否定しない。
その人の記事も否定しない。
 
意味わからん文書いてくる人もいるんですよ。
最初からポエムかこれ、いう記事を挙げていくる人も。
 
でも褒めます。
 
10記事ぐらい書いたらどんどん綺麗な文章になっていくんですけれど
 
特に最初の方は微妙だなーと思っても
 
「すごい、いい記事ですね」と言う。
 
最初の記事、どんなの来てもばっちこーい!という感じで
そこから言いたいこと訂正していくんですね。
 
 
バンバン褒める。
 
嘘だろってくらい、超オーバーに。
 
 
そしたら嫌な気持ちにならないじゃないですか相手は。
 
もう嘘ついて~と思ってもやっぱり嬉しいんですよね。
 
例えでいうとおばちゃんとか、失礼ですけれど
すっごい綺麗ですね、肌綺麗ですしって
5.60代のおばちゃんに言ったらめっちゃ喜ぶと思うんですよ。
 
 
リップサービス的な部分があってもやっぱ嬉しいですよね。
 
もうやだーってって感じに。
何時だって女性は綺麗でいたいと思っていることを理解しないといけません男性は。
 
そこをちゃんと理解して言ってあげたら喜んでもらえる。
 
男性もいつまでもカッコいいと言われたい生き物です。
 
カッコいいと言われて、は?ふざけんな、この野郎!ってなるファッキンはいないですよね。
 
という感じで褒めるということをいっぱいしたら、
そしたらコミュ力上がってきます当然。
 
リアルでも人をほめる癖がついてしまうんです。
自分の嫁さんの友達が家に来たら開口一番褒めまくるんです。
 
今日髪綺麗だね、その服めっちゃ可愛いやん痩せた?
相手が嬉しいと思ったことはバンバン発信していくわけですよね。
 
その日一日みんなルンルンですよ。
 
 
人を幸せにする為に褒める練習をする。
コミュ力あがっていくんですよ自然と。
 

外注化のいいところ 経営者に不可欠な人事管理能力も上がる

 
で、次、管理能力が上がっていきます。
管理って言ったら、僕の場合、100人くらい外注さんいるんですけど、その管理能力も上がってきます。
 
 
辞めた人がいたら、辞めた人を消してとか管理していかないと駄目じゃないですか。
誰がいなくなったか分からないと困るんで。
 
そういうのが出来るようになったり
自分のやることメモしたり
目標を立てたり
全体に管理する能力が備わってきます。
 
管理というか整理整頓する能力といった方がしっくり来ますかね。
 
効率化も必須で勉強になる。
 
整理能力じゃ変な感じなので
効率化を出来るようになっていくって感じです。はい。
 
まあ、全部が全部ってわけじゃないけど、
その時に外注さんが音信不通になってもめげない心も鍛えられるわけです。
 
 
ネット上なんで顔出ないんでもういいやって高校生みたいに音信不通で辞めちゃう人が本当に多い。
 
常識としてやめるときにはこういう事情で辞めますっていうのが筋だと思うんですよ。
契約を交わしている以上。契約破棄ですからね。
 
そういうのできない人、結構いるんで。
 
2ヶ月くらい音信不通だった人いて、何で音信不通なんだろう?
無視されてるなーと思って何回かメール送ったんですよね。
 
無視されてるなと思ったんで、契約打ち切りたいと思います、ありがとうございました、って送って終わりました。
 
僕、クラウドワークスよく使ってるんですけれどクラウドワークスの中でログイン機能があって何分前にログインしたってのがわかる機能があるんですよ。
 
契約打ち切った後にログインしてるかなーって見ていたら、ログインしてたんですよね。ということは、分かってるんだ。そのうえで無視か。なんて奴だって思ったんですけれど、最後にその人がやってた実績をパッと見たんですよね。
 
何かやってるのかなー?
めっちゃアダルト系の新しい仕事して記事をつくってたんですよね、ははは…
笑いましたね。
 
アダルト系のジャンルでうん、もういいやって思いました。
アダルトに負けたってそんな感じ、そんだけです。
うん、そんな感じです。
 

外注化のいいところ サイト運営や記事作成のモチベが上がる

 
モチベが上がります。上がらざるを得ない。
 
モチベをあげざるを得ないんです。
 
外注化をしたら外注さんに聞かれるわけですよね。質問ばんばん。
 
聞かれたら自分で調べて教えてあげないといけないし、自分自身の知識も上がっていくしモチベも上がっていく。
 
こういう記事できましたー。
ありがとうございましたー。
 
そして
投稿もしないとダメじゃないですか。
 
投稿、添削も外注化していくんですけれどね。
 
最初は自分でやっていきます。
自分で雇っといてほっとけないじゃないですか。
 
ありがとうございます!と言ってチェックする。
サボれない。
 
環境が整ってく。
もうやーめた、ってのが出来なくなる。
 
それをしたら、向こうに対して迷惑ですよね。
 
仕事としてちゃんと雇っているので、そんな適当なことできないですよね。
 
 
必然的にモチベが上がっていく、よっしゃ、もうやらないとー!と。
そしたらどんどん記事が出来てきていく。
 
はい、そしたらサイトいつの間にか1000記事。
て感じです。
 
 

外注化のいいところ ライティング能力が上がる

 
ライティング能力が上がります。
添削しまくると。
 
ライティングマニュアルに沿って添削していくだけなんですけれど、
 
  • 記事のタイトルは何文字にしてください。
  • 見出しをつけてください。
  • 文字の色はこれで。
  • まとめはこういう風にしてください。
  • 箇条書きはこうです。
  • 画像はこんな感じで。
 
ある程度書き方決まってるんで
そういうことをライティングマニュアルに
自分自身で足していきます。
 
そういうことを知らない状態の時に雇ってたんで自分も勉強しながらです。
 
分かったことを教える。すぐアウトプットできるんです。
 
 
それを何回もしてました。
そしたらめっちゃライティング能力が上がりました。
 
人の視点、人の記事を添削してると人の視点が観れますよね。
 
自分自身でやっていたら視点が自分しかないから。
 
こういう風に人の視点、自分の視点、2つの視点から見れていく。
 
これがすごいメリットであると思うんですよね。
なんで添削しまくるとめっちゃ上達します。
 
僕がずっと尊敬している師匠が、
添削しまくったらめっちゃライティング能力上がるよ、と言ってたんで
そのまま言葉通りやってみました。
 
その師匠がやってたのはライティング能力を上げるには、
外注さんの記事を見て、俺だったらこうするなっていうのを考えるのが大事。
 
 
これは外出して看板や広告を見ている時もでもそういうことを意識する。
 
広告とか見ていて俺だったらこうする、こういったことを考えるようになっていく。
 
そしたらライティング能力上がっていきますよね。
 
この広告、バッと観た時に「うお!」と思ったら、なんでそう思ったんだろうと考える。
 

まとめ

 
外注化、100人以上雇ったらこういうメリットが見えてきました。
やらなきゃ損々。
 
何故なら、お金かからない。
簡単だし、コミュ力上がるし、整理能力も付く、モチベも上げざるを得ない。
 
こんなのやらなきゃ損って決まってる。
 
外注化してない人多いんですよね。
 
それを否定するわけじゃないけれど。
 
さらに自分で記事を作るのも必要なんですけれど、
それにプラスで外注化をした方が自分の記事のクオリティもあがっていく。
 
これが外注化100人以上雇って分かったこと、でした。
 
以上、ひろきんでした。ありがとうございました。
 
 

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA