外注化マニュアル列伝4〜変な外注さんいらっしゃい一挙9人紹介〜

この記事の著者

名前:ひろきん 専門:採用スペシャリスト(今まで500人以上一人で雇った経験あり)、ブログマーケティング、ブログ集客、記事外注化 肩書き:元公務員 元プロ社畜。上司にクソいじめられていた社畜時代に「公務員は副業禁止?かかってこいや!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年で本業の収入を超えたため社畜脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている社畜に「仕事は楽しいかね?」と皮肉とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。
マンガで「月収100万までの物語」を読む。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間300冊の本の虫へのハードル下がった。無料期間あるので是非お試しを。世界変わるで。

オーディオブック配信サービス - audiobook.jp
---------------------------------------

毎度、ひろきんです。
 
今日は外注化マニュアル列伝4ということで、変な外注さんいらっしゃいということでやっていきます。
 

変な外注さん1 60代「以上」が捨てセリフのエリートおじさん

 

動画でもご覧になれます↓

 

僕は数百人ぐらい外注さんを雇ってきたんですけど、
それだけ雇うとやっぱり変な人っていうのは
絶対出て来くるんですね。
 
 
その変な人の中でめちゃくちゃ面白い人がいっぱいいたんで
今回はその辺をちょっと面白おかしく
話していけたらなぁと思いまして。
 
 
まあ、この件はエンタメ感覚で、こんな人がいるんだという感じで
聞いてもらえたら楽しいかなと思います。
 
 
まず一番最初、『60代「以上」が捨てセリフのエリートおじさん
っていう人がいたんですけど、
 
この人は60代でちょっと体が悪くて
会社をリタイアされた方だったんです。
 
 
で、自分の家ですることはないと。
 
でも人の役に立ちたいということで
何かできることはないかということで
ライティングを学んでやっていきたい
みたいな感じだったんですね。
 
 
最初応募してくださった時に
 
 
「一度マニュアルを見せてください。
 
マニュアルを見て、
どういう記事を書いていけばいいのかっていうのを
説明していただいてから記事を書くか判断したいと思います。
以上。」
 
 
という、
最後に「以上」をつけてくる人だったんです。
 
履歴というか、今までの経歴を見たらエリートの方だったんですけど、
最後の以上っていうのをつけるとこらへんが、
特にエリートなのかなとか思って。
 
まあそういう感じの人だったんですね。
 
 
で、マニュアルを渡す前に先に応募してください。
というふうに応募を促したんです。
 
僕は応募してもらうときに、
年齢・性別とか結婚されているかとかで
何か一言をくださいみたいなのを
用意してそこに書いてもらってるんです。
 
基本的な情報というのを全くわからない状態では
採用することができませんので。
 
それを僕に返信してくれたら応募したとみなして
話を進行していくという感じです。
 
なのでその簡単な情報を教えてください
っていう感じで言ったんですね。
 
 
それを60代のおじさんに言ったら、
 
「分かりました。しかしマニュアルを一度見て
どういう記事を書くかが分からないと応募するのが不安です。
一度マニュアルを見せていただけますか」
 
みたいな感じだったんです。
 
その時僕ちょっとムカつきましてですね。
 
何を言ってるんだと。
 
マニュアルを見て判断するとかアホみたいに小さなおっさんだなと。
 
小心者だなって思って。
 
ちょっと失礼ですけど、
その時とてもムカついてて、
 
ぼくみたいな30代のおっさんが60代のおっさんに
を入れるということをしたんですね。
 
こんな感じで。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
厳しい言い方をしますけれども
まず応募されてみてはどうですかと。
 
主婦・主夫の方とか
妊婦の方とかスマホしかない方とか
全くの初心者でみんな不安の中で
いきなり応募してくる方がたくさんおられます。
 
マニュアルを見させてもらってから応募するかどうか決めますみたいな
そんなちまちましているような人はいません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
と返したんです。
 
 
で、だいたいそういう人には僕はもう意を介さなくて
全く無視するっていう手段を取ってるんですけど、
 
このおじさんは毎回返信メールの最後に以上以上って書いてて、
ちょっと変わってて面白いなと思って。
 
この人に喝を入れたらどういう
反応するかというのを見てみたいなと思って
メールを送ったんですね。
 
こんなふうに。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『あなたはエリートなのにもったいないです。
そんな自信がないようなことを言うような
経歴をお持ちではないでしょう。
 
そんなに素晴らしい経歴を持ってそんな自信のないのは
もったいないです。
 
僕とお仕事されるされないは別として
もっと自信を持って他の仕事にもチャレンジしていった方が良いと思います。』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ってメールして、もう返って来ないなと思ってたら、
 
数時間後ぐらいにメールが返って来てですね。
 
「感動しました。
私に喝を入れてくれてありがとうございます。
是非応募させて頂きたいと思います。
以上
 
と書いていて、
 
まだ応募してなかったですね、はい。
 
 
応募せいよ、と思ったんですけど
 
分かりました応募してくださいって最後に言って
やっと自分の性別とか年齢とか都道府県とか
そういう簡単な情報を教えてくれたんです。
 
 
何はともあれ応募してくださったのでマニュアルお渡しして
テストライティングしてもらったら
ちょっと・・・かなり厳しいなと思ったんですけど
伸びしろあるかなぁと思って採用させてもらったんです。
 
まあ数ヶ月してからちょっと体の調子が悪くなって
リタイアされたんですけども。
 
でもそこまでの間にすごく色々な話させてもらって
すごい良い経験になったなぁと思ったんです
 
そういう『「以上」エリートおじさん』という人がいて
日常生活では絶対に出会うことがない人がたくさん来たんですよね。
 
 
そういう色んな外注さんに出会えるというのがすごい楽しいんです。
 
 
っていう感じでまあすごい印象強かったので
長く話しちゃったりましたけど
次はサラッと言っていきます。
 

変な外注さん2 1300円さよなら大学生

 
次は1300円さよなら大学生という
がんばりまーすみたいな感じでめちゃくちゃ
あのやる気溢れる大学生がいて、
 
その時立て続けに仕事があってなかなかメール返す暇がなくて
 
1日か2日ぐらい経ってから返信して
テストライティングしてもらったんです。
 
で、すぐに書いてくれたんですね。
 
 
でも僕の方がすごい時間がなくて
また2、3日くらい返信できなかったんです。
 
それで2、3日くらいしてようやく落ち着いて
確認しなきゃと思ってテスライティングを確認させてもらって
 
うん、この人いけるなと。
 
伸びしろかなりあると思って「採用させてもらいます」
 
というメール送ったら、
 
すいません、1記事1300円の仕事が決まっちゃったのでそっち行きます
 
と言ってマニュアルだけ盗まれたという。
 
結構悲しかったです。
マニュアルをすごいふんだんに取り入れて
違う記事の仕事に行かれたのかなという感じで
すごい悲しくなったんですね。
 
 
1記事1000円以上の仕事でもマニュアルをちゃんと覚えて
それぞれにあてるだけで余裕で作業できるだろうなっていうようなマニュアルを
僕は惜しみなく応募されてきた方にはお渡しするんで
 
まあその方はそれをうまいことを使ったのかな
という感じで逃げられたんです。
 
 
まあこっちは1記事50円で雇ってるんで
1記事1300円の仕事に行きたいですよね。
 
最初は技術を手に入れてというよりも
お金を手に入れたいという気持ちの方が強いと思うんで。
 
 
それをこらえて先に技術を手に入れてから
あとでお金を入れるという方が何倍も効率がいいわけですけど
最初の人はそういう感覚ないんで
1300円の仕事行くだろうなっていうのはわかります。
 
 
本当にマインド大事だなと思いましたね。
 
 
この僕の1記事50円の方でやったら、
1記事5000円とかの仕事でも余裕で出来るんですよっていうのを
お伝えしたんですけども
 
それよりももう目の前の金でしたね。
目の前のお金を先に取って行ってしまったので
本当にまあ人間だなぁと思いました。
 
うん、お金だなーっていう風に思います。
 

変な外注さん3 1流私大出身の精神病エリート

 
次ですね。
1流私大出身の精神病エリート
 
その人はなんか精神病を患っていて
家にずっとこもりきりの時に僕の仕事に出会ったんです。
 
今の会社ではやっていける気がしないので独立したいなぁと思ってて
その時にライターの仕事を頑張りたいということで
僕のお仕事に応募してきてくれたんです。
 
起業してライターとして頑張りたいですって感じだったんですね。
 
それでどんどん教えていてたら
途中で辞めたいです、もう辞めますって言ってきて
 
この仕事をずっとやってても
未来が見えてきませんみたいなこと言われて
 
 
当たり前だろうと。
 
 
そんな1か月2か月で未来が見えるかっていう話で
すぐに自分の生活が変わるわけないだろうっていう。
 
何を思ってかすぐ自分の生活は変わっていくと思ったようですね。
 
かなり残念だったんですけど
精神病とかもちょっと影響してたのかもしれないですけど
起業する勉強したいんでやめますみたいな感じだったんですよね。
 
 
まさに今起業する勉強をしてる最中じゃないですかって
 
ライティングの仕事を覚えて企業するんですよね?
そしたらここでとりあえず基本的なことが
学べるまでやるべきだと思うんですけど
どうでしょうかっていう感じで言ったら
 
 
「いやあの、起業したいんでやめますって」
 
 
もう何言ってるのかというね。
起業したいなら今勉強するべきやんって。
 
 
何言ってるかよく分かんなくて
 
目の前にお寿司屋さんがあって
お寿司食べたいと思ったのに
そのお寿司屋さんには行きませんって。
 
目の前にお寿司屋さんがあるのに
いやーちょっとこのお寿司屋さんはなんかちょっと違う感じがするんで
他のお寿司屋さんに行きます。
 
と言う・・・。
 
 
目の前のお寿司屋さんにまず行けよ
 
って。
 
 
なんつーかアレですね、魅力がなかったのかなということです。
 
それなら申し訳ありませんでした。僕に魅力がなかったためだと思います。
これから起業頑張ってくださいっていう感じでリタイアしてもらったんですね。
 
まぁそんな感じの人もいました。
 

変な外注さん4 企業に燃える若き20代男性

 
次ですね。起業に燃える若き20代男性
 
この人もすごい起業したいっていう気持ちで
ライティングを覚えたいんですって言っていて
めっちゃやる気だったんで分かりました、頑張りましょう
という感じだったんです。
 
 
それでいろいろ教えて言ったら
すみません起業したいんで辞めますって
 
 
またかよ!
 
って、
 
起業したいから今勉強するんじゃないんですかって言ったら
 
いえ、もっとすぐに起業できるような方法を探したいと思っています。
だから辞めたいと思いますと言って、
 
この人も何にも分かってないんだなと思って
本当にこう投資精神というか、マインドが全然留まってないというか。
 
 
本当に世間の事知らないんだなっていうのをすごい感じたんです。
 
その辺もちゃんと伝えたんですけどね。
ライターとして起業したいみたいなこと言ってたんで
 
起業するためにはまずライティングを学んだ方がいいと思います
ライティングを学んだらライターじゃなくても色んなことに応用できますよ
 
と。
 
 
ライティングっていうのは人を動かす技術
どうやったら人の心が動くかということを
根本的に考えていく技術でもあるので
 
 
そういうことを学べば違う起業をするってなっても
応用できると思うので
ここでまず踏ん張ってみてはどうでしょうかって言ったら、
 
もっと起業に近いことをしたいと思いますみたいなこと言われました。
 
近道を探していたのかどうかわかんないですけど
そういう感じだったですね。
 
もうこの人一生成功しないなという感じで
分かりました、頑張ってくださいって。
 
 
まあ本当にね。投資精神というか、勉強を必ずしなきゃいけないというか。
 
僕は『no pain no gain』っていう言葉すごい好きで
痛みなくして手に入れることができないっていうことをまったく知らなかったという。
 
もっと楽に起業できる方法はないかみたいなことを多分考えていたんだと思うんですね。
 
 
まあ言ってしんどいんですよね。
めんどくさいし時間もかかるし。
 
なのに僕の仕事は1記事50円しかもらえないというね。
 
その分技術を提供してるんで
技術が欲しい人はずっとやってくれてるっていう感じなんですけど。
 
この人もすぐにお金が欲しいと思ったのか
起業したいっていう気持ちが出てきてここにいたらダメだって思って、
 
僕の魅力がまたなかったんだなということで
僕もすいませんでしたっていう感じで終わったんです。
 
 
立つ鳥跡を濁さずっていう言葉のことわざがあるように
円満にお別れした方がお互い楽なんで。
 
申し訳ありませんでした。お役に立てなかったですね。
起業頑張ってくださいと見送ってあげたという感じです。
 
今頃どうなっているでしょうか。
たぶん何も変わらない生活を送っていると思います、はい。

 

変な外注さん5 50代無料のおばあさま

 
次ですね。
50代無料のおばあさまということで。
 
この人は本当に面白くて
今もいらっしゃるんですけども(記事作成時はいない)
 
深夜になるといきなり
 
「私本当にひろきんさんに出会ってよかったです。
本当にライティングがすごい大好きで
無料でもずっとさせてもらいたいと思ってるんです。
お金とかそういうのじゃなくて、本当にライティングして自分のその世界に
入っていけるというのはすごい楽しくて、すごい良い環境だなと思いました。
だからずっとずっと私を見捨てないでくださいね。おばちゃまより」
 
 
という、そういうメールが届くんですね。
もう笑ってしまうんですけど、
それも一回ならいいんですけど連チャンで届くんです。
 
 
10回~20回ぐらいババババーって届くんですよね。
 
 
メールが届く時に音をがして
それが12時ぐらいからピロンピロンピロンっていこう
数分おきぐらいに鳴るんですよ。
 
子供と一緒に寝てる時とかうるさいなーって思って
オフにするんですけど
メール見たら同じ内容が違う言い方で
今人生最高ですとかそういう感じのメールがバンバンと。
 
 
もうあまりに鬱陶しい時は
 
「今ハイになってますね。とりあえず今日は寝てください。
そして明日落ち着いた時にメールください」
 
って言って、次の朝
 
「ごめんなさいひろきんさん。昨日すごくハイになってました。
頑張ります。」
 
みたいな感じで元気モリモリでやってくれる
本当に元気のあるおばあちゃまなんです。
 
そういう方もいて
すごい嬉しいのと鬱陶しいのと半々くらいなんですけど
 
そういう面白い人がいるなあという感じで紹介させてもらいました。
 

面白い外注さん ロサンゼルスガール

 
で、次ですね。
ロサンゼルスガール
 
 
これは全然中身ない話で
ロサンゼルスから応募されてきた方がいて
 
あとアラスカからとかフィリピンからの方もいて
皆さん今も頑張ってくださってるんですけども
 
最初僕がやってるシステムに
入れませんどうしたらいいですか、みたいな事言われて
 
ええええ!?

って海外からだとロックがかかるようで

どうしようってなった時にまあなんとかを解除できて
そのシステムに入れるようになったんですね。
 
 
皆さんいろいろ頑張ってくださって
今フィリピンの方は子供さんがいてすごく面白いんです。
その子供さんの教育事情とかを聞いたりするんですね。
 
面白いのでブログにしたいなと思って
この人たちをトップにして新しいサイトを作ろうかなー
と考えたり、視野が広がっていくんです。
 
色んな視点が入れられるのが面白いですね。
 

初心者すぎる外注さん1 よろしくお願いしますオンリーの人

 
次ですね。
よろしくお願いしますオンリーの人がいてですね
 
 
募集する時には
簡単な情報や今までの経験とかがあれば
教えてくださいみたいな感じで
いつも募集するんですけど
 
 
「よろしくお願いします」
 
だけでしか返信来なくて。
 
システムがよく分かってないと思うんですね。
クラウドソーシングでよろしくお願いしますだけの人とか。
 
 
そういう人は基本的にパソコン技術も皆無でしょうし
返信しても返ってこないこととか
編集の仕方もわからないレベルなのかなという感じの人も
まあ結構きますね。
 

初心者すぎる外注さん2 ファイル添付がわからない

 
次、ファイル添付がわからない
 
もうホントそのままです。
 
「テストライティングできました。でもファイル添付どうするんですか」
 
みたいなことを言ってくるんですね。
 
僕はファイル添付のやり方も全部書いてるんですよ。
全部書いてるのに聞いてくるっていうね。
 
「全部書いてますだのでそれを見てやってください」
っていう風に言うんですけど、
 
「すいません。それでもわからないんです」
 
って。
 
それ分からないんだったらもうこれから分からないぞ。
と思うんですけど、
 
まぁそこはですね、仏のひろきんなんで
教えるんですよ。ファイル添付というのは・・・って。
 
 
そうして来たファイルが謎の形式って言う
 
 
僕はドキュメント形式でファイル添付しくださいって言ってるのに
odtとか本当に開けないファイルを添付してしてきて
 
ドキュメント形式でやってくださいって言ったら案の定
ドキュメント形式って何ですかってくるんですよ。
 
 
さすがに面倒で、もういいですということで
 
ファイル添付ができないようでは
ちょっとこれから先難しいかも知れませんって言って
辞退していただくっていう。
 
それでも懇切丁寧にファイル添付を教えて
採用させていただくこともあるんですけど
 
 
けっこう基本的なことを分からないと
これから永遠に教え続けなければならないということがあるので
基本的にファイル添付とか画像の貼り付けとか
 
そのぐらいの基本的な技術が分からない方はちょっと
お断りすることもあるかなという感じですね。
 
やる気あったらそのまま採用しますけどね。

変な外注さん6 報酬を勘違いする残念エリート

 
最後です。報酬を勘違いする残念エリート
 
僕は1記事50円っていうことを最初にお伝えしているんですけど
なぜかこの方は1記事1000円と勘違いしてて
 
でもめっちゃエリートだったんですよね
採用したら1日2日とかでもう5000字ぐらいの記事を上げてくれて
 
キーワードを渡したらこっちの方がいいんじゃないですか
みたいな意見を僕に言ってくれて
そういう考えもありですねみたいな。
 
いい感じの関係をずっと築けてきたんですけど
数記事ぐらい作ったところで、
 
「すみません、報酬なんですけど1記事1000円ですよね」
って言ってきて
 
最初の応募内容を見てください。1記事50円ですよって言ったら
そうだったんですか。じゃあ辞めますと言われて急に辞められたんですね。
 
1記事1000円だと思ってましたって。
 
 
初心者の人に1記事1000円を払うような依頼主が
どこにいるのかって僕は思ったんですけど
 
その人は1000円いただけると思ってたようで
残念だなあ、本当に自分の実力をわかってないなあと。
 
まあその5000字くらい書いていただいたんですけど
文字数だけの、まだかなり残念な記事なんですよね。
 
すごい自信があったのかは分からないんですけど
全然ライティングの基礎を知らない人が書いてるんで
まったく使えないライティングの記事だったんです。
 
 
 
僕の方では「1記事50円というのを最初にお伝えしてます。応募内容の通りです」
 
って言ったら、
「すいません勘違いしてたので辞めたいと思います」
 
って言って去っていきました。
 
 
最初にお金を手に入れようとするのは
すごい浅はかな考えだなあと思うんです。
 
最初に技術を手に入れてからお金を手に入る
というのが一番王道なルートだと僕は思います。
 
 
そういうような気持ちを持った外注さんの方が
むちゃくちゃいい記事を書いてくるので。
 
最後の方は本当に添削いらないぐらいの
すごい記事を書いてくる外注さんにみんな育っていくんですけどね。
 
 
まぁそこまで我慢できなかったというか
そういう未来を見せれなかった
僕の責任でもあるというふうに思ったんですけど。
 
マインドの不足っていうのもあったんでしょうね。
 

まとめ

 
まあそういう感じで変な外注さんがたくさん居たなぁと
これからも変な人はいっぱい出てくるんだろうなと思いました。
 
 
急に上から目線でメールしだして
1記事何円だったらやってもいいですよ
とか言ってくる人もいるんですよ。
 
もう完全無視です。
何様やねんと思って、そういうなんかすごい偉そうな人もいるんですね。
 
いろんな人がいるなあと思います。
 
 
こんな感じで変な外注さんいらっしゃいということで
これからも色んな外注さんが来られると思います。
 
まためっちゃ面白い人とかいたらご紹介していきたいなと思います。
 
ということで外注化マニュアル列伝4ということで
次は5に進みます。
 
 
 
5は外注さん最強教育システムということで
外注さんが勝手にどんどん成長していくっていうのは
どうやってるのっていう疑問にお答えします。
 
僕が作ったシステムをここでお伝えして
教えていきたいなぁと思います。
 
 
以上、外注化マニュアル列伝4でした。
 
次は5に続きます。最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
メルマガとかもやってます。
もし興味ある方、アフィリエイトも興味ある方は
かなり勉強になるかと思いますので登録お待ちしてます。
 
それでは、ひろきんでした。

—————————————————————————————————————————

まいど、ひろきんです。

で、お前誰なん?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

僕は関西生まれ関西育ちの元公務員。
不動産投資とネットビジネスで

月100万以上稼ぐことに成功して

公務員辞めました。

たいした才能も特技もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

月収100万物語を暇つぶしに読んでみる

—————————————————————————————————————————

過激なメルマガお届けしています。

過激なメルマガを鼻で笑いたい人が集まる聖地はこちら

副業禁止をくぐり抜け、公務員が稼ぐ方法を思いつき、実践した内容はこちらやで

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA